さらっとおさらい回(粘土パンの色づけ)

待ちに待った土曜日です♪
のんびりお寝坊をして、パパさんの作った朝ごはん食べて、
ストーブのあるリビングでまったりしております。
パパさんは時々気が向くとお菓子を作ってくれるんですが、
今日起きたらプリンが出来ていて、カラメルのいい匂い♪
幸せ~~ 

リビング粘土日和なので、部屋から道具を持ってきて
今週こねたパンたちの着色をします。

今週はけっこういっぱいこねた。
木曜日に作ったパンはまだ乾燥が不十分だと思うので、
それ以外のものをやってしまいましょう。

DSC_1185.JPG

デニッシュ祭りですね。
デニッシュは細かい割れ目があって
焼き色がはっきりと出やすいので楽しいんですよ。
使うのはいつもの「タミヤ 焼き色の達人」です。

最初に、一番薄い黄土色から。

DSC_1186.JPG

一番薄い色は、とにかく全体にごしごしとなすりつけています。
このあと段階的に色をつけていくんですが、
黄土色に関しては、まず全体が着色されていることが
大前提になります。(あくまでもわたしの場合です)
色が着いていない=生地の色=生焼け、な感じがして
なんか嫌なので、細かい隙間も付属のブラシを使って
とにかく地色をつけてしまいます。
全体が一律黄土色になったら、
同じ黄土色で今度は出っ張ったところや角など
特に火が当たると思う場所に重ね塗りをします。
直接火が当たらない裏側は、
この時点で完成形まで終わらせてしまいます。

ある程度黄土色で陰影が付いたら、
「達人」の真ん中の茶色で本格的に焼き色をつけます。

わたしの場合、1個づつ仕上げないで
全部のパンを横並びでどんどん色付けしています。

出っ張ったところから茶色で焼き色をつける
⇒全部のパンに同じ作業をする
⇒もう一度最初のパンに戻って、さらに足りないと思うところに
色を着ける⇒全部のパンに作業⇒以下繰り返し。
3周くらいこの作業を繰り返して、全部並べてみて
色が薄いと思うものや、元々のパンの色が濃いものを
追加で作業。

こうしないで一個づつ完成させていくと、
全部終わった後で、最初のころに作業したものが
色が薄いことに気づいてまた最初から。。。
ってことになりやすいんです。
そうなると、どこまでも気に入らない子が出来ちゃって
やってもやってもキリがないってことに。。。

そして、ある程度コレでいい!って決めたら、
そこで終わります。
眺めてるとどんどん色が足りない気がしてきて
これまたキリがないんです。

DSC_1188.JPG

ここまでで作業開始から1時間半くらいは経ってます。
粘土パン作りで一番時間がかかるのは、
なんていっても色を着けるところじゃないかな。
焼き色は終わったけど、パンによっては
このあとさらに濃い焼き色や焦げ目をつけるので、
完成まではまだまだ工程が残ってます。

今回色を着けたパンは、3種類の材料を使っています。
「セリア かる~い紙粘土」と
「パジコ ハーティソフト」×「パジコ モデナ」のミックス、
「マーメイドパフィー」。
片や紙粘土、片や樹脂粘土なので、
表面の質感とか強度とかがかなり違います。
樹脂粘土のほうは、表面がツルツルしていて
とても頑丈なので、
ちょっとやそっと力を入れたくらいでは
細かい部分も欠けたりはしません。
でも、紙粘土は素材が荒くてもろいので、
スポンジで力を入れてこすると
簡単にボロっと折れてしまいます。
手がかかるのは圧倒的にお安い紙粘土、
ってところがなんか釈然としないですが ^^;

でもね。
色をつけて並べてみると、質感の違いって
とっても大きいんですよね。

DSC_1189.JPG

左側の2個は「かる~いかみねんど」。
右側は上が耐水性樹脂粘土「マーメイドパフィー」、
下が「ハーティ×モデナ」の樹脂粘土ミックス。

こねるときにつけた、細い筋やボソボソの感じとか
折れ曲がったときに自然に出来るしわや影とか、
樹脂粘土だとツルンときれいになりすぎてしまって
やっぱり”作り物感”が強い気がします。
わたし的には、手で触ったそのままの形が生々しく残る
紙粘土のほうが、実は好きだったりします。

でも紙粘土は、強度が圧倒的に足りないので、
金具をつけてキーホルダーなんかにすると
すぐに取れてなくなってしまうんですよね。。。
かれこれいくつなくしたことか 
ニスでは充分な補強にならないことも実証済み。
何とか、紙粘土の質感を保ちつつ
充分な強度がある粘土ってないものか。。。
あんまりいろんなお高い粘土に手を出すのはためらわれるし
悩ましいところです 


さて。
今日は午後から天気が崩れて雪が降るかもとか?
早いうちにお昼食べに出かけよう。
午後から篭城できるように、晩御飯と明日のお買い物も
済ませてしまわないと。

明日お天気が悪くて家から出ないようなら、
残りのパンたちの色づけもしてしまおうかな。
このパン達が完成したら、いよいよアクセパーツを取り付けて
チャームを作ってみようと思います 
どんなデザインにしようかな~♪
センスないなりに楽しみ