肉汁たっぷり系女子(粘土小籠包に肉を詰めたりetc)

最近、月曜日にお天気悪いこと多くないですか。
週末にさぼった家事を片付けようと思ってるのに
テンション下がることおびただしいです 
今日はシーツとか毛布とか、
大物のお洗濯をしようと思ったんだけどな。
仕方ないので、ストーブのそばで、
パパさんの靴を磨いたりして
なんとなくグズグズと午前中を過ごしてしまいました。

週末に着色しようと思っていた
先週のパンたちがたくさんあるんですが、
スタートで出遅れちゃったので
あまり時間が取れません。
どうしようか迷った結果、
台湾フードの詰め物系を
先にやってしまうことにしました。

IMG_20160229_175054.jpg

左がパイナップルケーキ。
ガラス絵の具(黄色・赤)+セメダインスーパーXで
ジャムを作り、シュガーパウダーと
樹脂粘土の黄色を細かく刻んだ具を混ぜて
たっぷりと詰め込みました。
皮の着色をしていないので、
バナナアイスみたいです ^^;

小籠包も具を詰め込んでみました。
こちらは小籠包からほじくりだした粘土に着色し、
木工用ボンドと練り練りしたもの。
ねんどをボンドと練り合わせると、
ほどほどにぼそぼそとしてくれるので
何かと便利です。
肉からあふれ出る汁は、
ニスにガラス絵の具の黄色をチョイ足ししたもの。
本当の小籠包は、皮がとても柔らかいので、
こんなにしっかりした形になりませんよね。。。
つぶれた形で作っておけばよかったです。

そうだ。
昨日作ったセイロ、
ちゃんとサイズが合ってたかどうか確認しなければ。

IMG_20160229_175355.jpg

うん。
オッケーですね  
あとでクッキングシートを敷いて、
照りを出したら完成です。

しかしこれ、どうしようかな。
結構大きいサイズ(直径5cm)なので、
お尻にマグネットつけちゃってももちろんいいんですが、
キーホルダーか何かにした方が
インパクトがあってよさそうな気がしてきました。
仕上げをしてからよ~く考えよっと♪


ホントに要領の悪い日ってのがあるもので、 
ここまででほぼ遊びの時間が半分です 

当初の予定通り、パンたちの着色をしたいんですが、
全部は到底無理そうなので、
作った順に古いものからいくつかだけでも
作業しようかな。

IMG_20160229_175126.jpg

レジンでオレンジを作った時に
勢いでこねたオレンジデニッシュ各種。
モデナ+ハーティソフトミックスで
派手に皮をめくってみたデニッシュやクロワッサン。
レシピサイトから成形をマネしてみた
菓子パンがいくつか。
あと、大きすぎてセットにできない
ブリオッシュ2個です。

一番気になってたのは、
やっぱり割れ目パックリ系のパンたちです。
色を付けたらどうなるかしら。。。?

IMG_20160229_175205.jpg

う~~ん。
まあ、想像通りの形にはなりましたけど、
ちょっとザックリしすぎかなぁ。
もうちょっと繊細な感じで皮の表現ができれば
かなりおいしそうに焼けるのではないかしら 

ブリオッシュですが、
卵を塗って焼き上げる系のパンなので、
もっとはっきりとテリテリさせないとですね。
まだ「焼き色の達人」だけなので、
仕上げに手を掛けないとダメっぽいです。

IMG_20160229_175258.jpg

初挑戦の形ぞろいの菓子パンたち。

IMG_20160229_175332.jpg

花型の上に生クリームが乗ってますが、
これは暫定版。
どんなトッピングにするか悩んでます。
この生クリームは、ずいぶん前に
セリアさんのホイップ粘土で作った
しぼりだし練習の時の生クリームです。
まだ取ってあったんだって、
自分でびっくりした 


ああもう。
余裕をぶっこいて遊べるのも、
あと何日かだってのに、
ここで早くも時間切れとなってしまいました 

昨日作り始めたパン籠も、まったく進んでません。
ダメだなあもぅ 

週末に妹に会う予定なので、今週は
台湾のお菓子と、一緒に渡すパンたちの仕上げを
バリバリと進めていかねばなりません。
ボケっとしてるヒマはないぞ 


そして、最近わかったんですが、
どうやらパパさんが帰りの電車でここを見て、
晩ごはんのメニューを事前に把握している模様。
なので、今日はメニューは書かないもんね 

「臭くなくて辛くなくて酸っぱくなくて苦くなくて固くなくて
パンでも芋でもおかゆでも卵でもシチューでもない美味しいもの
(出典:異世界居酒屋のぶ)」を
作って待ってるね~ 


明日はお天気みたいだから、
気分もアゲアゲで頑張りましょう 


そこが肝心(100均紙テープでセイロとパン籠)

昨日はおきて破りの週末ねんどで、
台湾のスイーツと小籠包にチャレンジしました。
本来、ねんどをこねられれば
作るものはなんでもかまわないので、
ケーキだろうがラーメンだろうがかつ丼だろうが
気の向くままに作っちゃったらいいとは思うんですが、
なんとなく、「パンを極めるまではほかの食べ物に手を出さない」
っていう謎の自分ルールがあって、
お料理系の食べ物を作るのに軽い抵抗感があったりします。

もっとも、”パンを極める”まで待ってたら、
多分一生ほかの食べ物は作るチャンスが来ないので、
リクエストで「仕方なく作るか~」っていうシチュエーションは
ありがたいのかもしれません ^^;


昨日ねんどをこねたので、
今日は手遊びはお休みにしようかと思ったんですが、
勢いで作り始めちゃった「セイロ」が
どうにも気になってしまうので、
リビングで続きを作ることにしました。
パパさんが「TOKYO JUNGLE」っていう
不思議なサバイバルゲームをやってるのを眺めながら
チクチクと作業を進めます。


昨日は、クラフトテープを井桁に組んで、
スノコになる部分を作り始めたところで
時間切れになってました。

IMG_20160227_194431.jpg

セイロのスノコも、ネットで画像を見ると、
本当にいろんなタイプがあるみたいで、
その中から一番簡単そうな形を選んでみました。
さすがに竹を削ったような形を作るには
経験値が圧倒的に足りません 

組んだ基礎に沿って、スノコに見えるように
さらにテープを追加していきます。
四角く出来上がったら、フチを切り落として
丸い形にします。

IMG_20160228_173750.jpg

几帳面な人だと、目を回して倒れそうなくらい
テキトーな円形ですが、
まあ、小籠包がこぼれなきゃいいんですよ 
しかも、印をつけたシャーペンの跡が
ガッツリ見えちゃってますが、
これはこの後の工程で、何とか隠してしまおうと思ってますから
今は気にしないでオッケーです。   タブン 

スノコのボンドを乾かしている間に、
枠を作り始めましょう。

直径4cmの円周は、何cmでしょうか?
12cmと答えた人は、ユトリ教育世代ですかね ^^;

そういう自分はどうなのよっていうと、
そもそも計算なんかせず、実際にスノコに巻いてみて、
適当な長さを切り出しましたけどね 

長さが決まったら、巻いて重なる部分を
カッターで斜めに削いで、巻きやすくしておきました。

IMG_20160228_173911.jpg

これ、やらなくてもいいかなって思ったんですけど、
ま、気休めです。

枠を丸く巻いて、木工用ボンドで止めておきます。

IMG_20160228_174020.jpg

枠が乾きました。
いよいよスノコを枠の内側にはめます。
ちょっとドキドキしましたが、
ちゃんとピッタリにはまりました。
スノコは枠にボンドで固定してしまいます。
そして、これもどうしようかと思ったんですが、
枠の内側、スノコの下にあたる部分に
内枠を張り付けて固定しました。

IMG_20160228_174134.jpg

ほらね、シャーペンの跡、見えなくなった♪
そしてなんとなく本物っぽくなってきた 

セイロは重ねて使える蒸し器なので、
重ねたときに落ちないように、外枠があります。
すでに固定した枠の外側に
もう一枚外枠を張り付けて、
やっぱりボンドで固定します。

IMG_20160228_174059.jpg

最後に、外枠の継ぎ目のところに
色を変えた小さいひもを張り付けて、
枠の止め木を作ったら、セイロの完成です。

IMG_20160228_174229.jpg

わ~い♪
何とか形になりました。
ブッツケだったけど、やってみたら意外と簡単?
ふたも作るべきかと思ったんですが、
ふたかぶせちゃったら小籠包が見えないので、省略。
いやいやいや。
面倒だからとか作るの大変そうとか
サイズ合わせるのが以下略とか
そんな理由じゃありませんから 


なんとなくセイロが思い通りにできちゃったので調子に乗って、
あまり時間でもう一個。
パン籠を作ろうかと思って作業を始めました。

そうそう。
クラフトテープを割くときなんですが、
エコクラフトのレシピサイトを見ていたら、
簡単に割ける方法が載ってました。

プリペイドカードのようなプラスチック製の薄いカードを使うんですが、
なんかあるかしら。。。
テレカ(死語)とか、イオカード(死語Ⅱ)なんて
持ってたとしてもどっかにしまい込んじゃってるよなあ。

あ、あったあった。

IMG_20160228_195930.jpg

こういうカード的な物なら何でもいいようです。
確かにカッターやハサミでやるより安全だし、
手で割くよりもサクサクときれいに割けました。
ああ。カードについては突っ込まないでください 


今までさんざ自己流で作ってきましたが、
(っていってもまだ3個だけど)
今回の籠は、エコクラフトの公式な手順に沿って
正しいやり方でやってみたいと思います。

最初に底の外枠になる部分をきっちりと
ボンドで固定するところから始めます。

IMG_20160228_200008.jpg

はい、早くも歪みました~ 

なんで2か所止めただけで、こんなにイビツになるのか。
我ながら不思議でたまりません。

枠が乾いて固まったら、
枠の内側に底になる部分の横糸を、
これもがっちりとボンド止めしてしまいます。
今日はスノコにご縁があるわねえ。
こっちは日本の古いお風呂のスノコっぽい。

IMG_20160228_200125.jpg

そして、横糸の間の隙間を埋めるように、
長い紐をボンドで張り付けて、
そのひもの間を縫うように、縦糸になる紐を
編みこんでいきます。

IMG_20160228_200030.jpg

ひい~~
固い~~ 

すごく簡単そうに見えますが、
クラフトテープって意外と厚みと固さがあるので、
この作業にすごく手こずりました。

ホントは底の枠を作るところまでは進めたかったんですが、
縦糸を通すだけで疲労困憊してしまい、
今日の作業はここまでです。
ムリヤリひもを通したので、
底がちゃんと四角くなくて、
ちょっと歪んだ感じになっちゃいました。
次の作業は、このゆがみをギュムギュムと
押しつぶしたり引っ張ったりして
形を慣らすところから始めないとですね。



楽しかった週末も、もうおしまい。
なんでお休みの日ってこんなに早く終わっちゃうんだろう 

そして、2月もあと1日で終わり。
3月になったら、わたしもまじめに
アルバイト探さないとなぁ。
フルタイムのお仕事をするのはちょっと無理なので、
いいお仕事が見つかるといいんですが。

新生活が落ち着くまでは、ねんど遊びも
ボチボチになるかもしれません。
でも、精神安定剤代わりにはもってこいなので、
これからも暇を見つけてはパンを捏ねたいと思います。

2月最後の月曜日、
明日も家事と粘土と、もりもり頑張りますぞ~ 






くらげ海を越える?(粘土で台湾グルメもどき)

土曜日で~す 
パパさんがお休みでおうちにいるので、
のっけからハイテンションでお送りしております。

朝ごはんのあと、パパさんがお台所で
何か作ってると思ったら、沖縄のお菓子
「サータアンダギー」を揚げてくれました。
揚げたてサクサクホクホクでとってもおいしかったんですが、
なぜ突然にサータアンダギー??
ちなみに夫婦ともに沖縄とは全く縁がありません。
パパさんのお菓子作りのスイッチがどこら辺にあるのか、
いまだに謎です 
冷めてもおいしいので、明日のおやつも確保です♪


このブログを始めて、約3か月たつんですが、
リアルの知り合いでここを見てくれているのは
実はパパさんと妹だけです。
友人・知人関係には教えていないんですよね。
特に理由はないんですが、ねんど遊びのブログに
興味がありそうな知人が思い当たらないからかな。
で、数少ないっていうより唯2の家族読者である妹から
唐突にリクエストがきました。

「台湾のお友達に上げたいので、なんか作って♪」

3月上旬に台湾に行くので、その時に会う女の子に
粘土パンを上げたいのだそうです。
いつもとってもお世話になっていて、
いろんなプレゼントをくれたりする子なので、
わたしからも喜んでくれるなら是非もらってほしいと
思ってはいるんですが。。。。。

基本的に土日は粘土パンはお休みなんですが、
そんな事情なので、パパさんにお許しをもらって、
リビングでねんどをこねることにしました。
リビングのテーブルでパンを作るのは
初めての試みです。
あらかじめ使う粘土はお部屋でミックスして、
着色までしたものをラップに包んで持ち込みました。
パンの形を作るだけなら、そんなに散らからないし
道具も決まったものしか使わないので大丈夫
。。。なはずです。
さ。
なんのパンをこねようかな 

はて。そういえば、
そもそも台湾の女子って、パンとか好きなのかしら。
 
台湾は行ったことがないので、
イマイチ現地の事情がよくわかりません。
早速ネットでリサーチしてみます。

ふむふむ。。。
「台湾 パン」とか「台湾 パン 人気」とかで
画像検索をしてみたところ、
基本的には日本のパン屋さんより地味系のパンが多いように見えます。
中身の具が大事っぽくて、
見た目はシンプルなコッペパン系とか
揚げパン系とかなんでしょうかね?
具が写真だけだとなんだかよくわかりません。
フランスパンや菓子パンも、豊富にあるみたい。
菓子パンで検索すると、日本のパン屋さんを
ちょいとシンプルにしたような感じの画像がたくさん出てきます。
フルーツやジャム、シュガーたっぷりなパンは
あまり見つかりませんでした。

その代わり菓子パンでいっぱい出てきたのは、
かの有名な、「エッグタルト」の画像です。
甘くておいしいエッグタルト。。。ジュル。。。 

とりあえず、なんとなく味の想像が付くものとか
食べたことがあるものから作ってみましょうか。

まずエッグタルト。
いろんな形があって、フチが花びらみたいになってるものとか
シンプルにツルンとしたもの、
タルト生地の高さも、平たいお皿状から
バケツみたいな深さのあるものまでさまざま。
手元にチョコ用のちっさなタルト型があるので、
せっかくなのでこれを使って生地を作ります。

IMG_20160227_200934.jpg

モールドオイル(型からはがす用の剥離剤)を塗って
詰め込んだねんどを指でギューギュー押し付けます。
ふちの高さが均一になるように頑張ってみました。
柔らかいうちに無理に取り出そうとすると歪むので、
ある程度乾燥して形が崩れなくなるまで
型のまま乾燥させます。

もうひとつ、エッグタルトの形ですが、
いつも作るデニッシュと同じ形のものがあったので
作ってしまいました。

Sサイズの粘土玉を2個に分けます。

IMG_20160227_194406.jpg

片方を丸くつぶして土台にし、
もう一方を細く延ばしてねじります。
土台に木工用ボンドでくっつけて完成。

IMG_20160227_200856.jpg

デニッシュではないので、刻み目はつけませんでした。
ふちが思ったより厚くなったので、
エッグタルトじゃなくて、フルーツ詰めでもいいかなぁ。
乾いてから考えましょう。

あと、台湾といえば外せないお菓子。

IMG_20160227_201036.jpg

いや、一口ういろうじゃないです。
パイナップルケーキの元。
半乾燥状態になったらカットして、
パイナップルジャム(?)を詰め込みます。

台湾のお土産っていうと、まずこれが来ますよね。
すごく甘くて、パイナップル独特の
ねっとりとした風味バリバリなので
日本人にはちょっとクドく感じちゃうかもです。
わたしも沢山は食べたいと思わないんですが、
たまに食べるととっても美味しく感じる
不思議なお菓子です。

あとは。。。。うーん。。。

台湾の女子はメロンパン食べるのかしら。
妹のリクエストが「マグネットがいい」ってことだったので、
モデナミックスで作れて失敗がない
メロンパンを加えておこうと思います。

IMG_20160227_194649.jpg

ただし、今回はちょっと作り方にひねりを加えて、
パンの中にマグネットを仕込んでしまいます。
外からはマグネットだってわからないという。。
受けるかなぁ。。。うふふ 

ちなみに、丸めた粘土の玉にマグネットを埋め込んだ場合、
丸めているうちにマグネットの位置がわからなくなることがあります。
そんな時はこうして、、、

IMG_20160227_194815.jpg

鉄でできたものに近づけてみればOK。
ピッタリ張り付いた方向が下です。
あ、当たり前でしたか。
なんかすっごい大発見した気になってました 

台湾フード。。。
あとはどうしようかなあ。

実は妹に「何を作ろうか」って聞いてみたんですよ。
そしたら、「小籠包」って。
妹よ、それはパンではありませんてば 

以前パパさんにも「餃子」をリクエストされたことがありますが、
なぜみんな、そうやっていらんヒネリを加えようとするのか。

しかし、画像をいろいろ検索しまくっても、
味が想像できないパンは、
どうやってもこねる気持ちが湧いてきません。

え~~い、この際だ。
やってみようじゃないですか。

丸い球を作って、まん中に爪楊枝をブッスリさしました。
爪楊枝を中心に、粘土ベラで何本か深く筋を入れておきます。

IMG_20160227_201304.jpg

そしたらそのまま、一方方向に
ぐいぃぃぃ。。。っとねじります。
モデナ×ハーティソフトミックスの特徴で、
せっかく入れた筋がほぼ取れてしまいますが、
とりあえず気にせず、とにかくねじねじ。

IMG_20160227_201107.jpg

深々と筋を入れておいたので、
うっすらと線が残ってました。
その線に沿って、改めて粘土ベラや竹串を駆使して
筋を入れなおします。
ペッチャリとつぶれて張り付いた底の部分に
竹串で平たくつぶれた感じも付けちゃいましょう。

IMG_20160227_201407.jpg

あとは爪楊枝を抜いて、楊枝の穴に向かって
まわりから筋を寄せて閉じていきます。
これでどうかな?
小籠包に見えるでしょうか?

IMG_20160227_201512.jpg

あとから焼き色を付けないものなので、
これがほぼ完成形になります。
焼き色でごまかすことができないって、
結構厳しいですね。
乾燥したら、蒸されて濡れた皮をどうやって表現するか、
もしくはちょっと破って中身をのぞかせようか。


小籠包の画像を検索しながらいろいろいじくってたら、
なんかこう、モヤモヤっとやってみたいことが。。。

粘土玉を取り出して、さっきより小さいサイズで、
2cmくらいのミニ小籠包を3個作りました。

IMG_20160227_194511.jpg

そして、
クラフトテープを。。。。。 

IMG_20160227_194431.jpg

まさかのセイロを作り始めちゃいましたよ 
さすがにこれは、
我ながらチャレンジャーすぎだろうって突っ込みたいです。

そして、土台の竹を組んだところで
晩ごはんの時間になっちゃいました。
今日は外食に出かけるので、
ねんど遊びはここまででオシマイ。
この土台がちゃんとセイロに化けるのかは、
明日のお楽しみです。

しかし、家族はともかくとして
作ったものを人さまに貰ってもらったことがほとんどないのに
いきなり海外のお友達とは。。。ハードル上がりすぎ 
果たして喜んでもらえるのかしら。
不安は尽きませんが、
粘土がたくさんこねられてうれしいので
深く考えるのやめとこ~~っと 




昭和なパン再び(粘土菓子パン作りとニス塗り)

金・曜・日 

今週もやってまいりました、
すてきな金曜日。
お仕事をされている方はもちろんでしょうが、
主婦にとっても楽しみな週末がやってまいります。
明日はおうちの中にヒトリボッチじゃな~い 
今週の家事の残りをせっせと片付けて、
週末用のお買い物もたくさん買い込んで、
準備万端でお迎えしたいものでございます。

今日はパパさんの革靴磨きデーだったので、
朝からせっせと靴磨き。
黒2足を磨き上げて、お台所をちょこちょこ片付けたら、
もう11時を回ってました。
あわわ。。。時間たつの早い 

例によって土日は粘土パンの制作はお休みなので、
今日中に今週分の作業は終わらせてしまいたいんですが。
お昼前に、ニス掛けだけでも終わらせてしまおうと思います。

と、その前に、シュガーパウダーの仕上げを
すっかり忘れてました。
数は少ないので、ちゃっちゃとやっちゃいます。

この前まで、粉砂糖は本物の粉を使ってました。
J&Jのベビーパウダーなんですが、
ニスを掛けると、ちょっと沈んでしまうというか、
粉っぽいぱさぱさした感じがなくなっちゃうような
気がしてしまっていて。
なので、今回からはやり方をガラッと変えます。

IMG_20160226_182424.jpg

アクリル絵の具の白を、乾いた筆の先につけて
何もない紙の上で何度かぼそぼそと筆先をつぶします。
筆に残った絵の具を、パンにポンポンとつけていきます。
これは、イラストで雪を表現したり、
短い草や細かい葉っぱや桜の花なんかのような
点々の集まりを書くときに使う手法。
アクリル絵の具は乾燥すると水に溶けないので、
ニスを塗ってもクリアな白の点々が
くっきりと浮かび上がるようになります。

使っているのは、ジェルネイル用の平筆。
筆の毛先が短くて、毛自体も細くて硬いので、
根元に不要な絵の具が付かなくて使いやすいです。

これで本当にやり残した作業はないよね?

では改めまして、ニス塗りまーす。

IMG_20160226_183715.jpg

今回、表面につやを出したくないものは少なかったので、
「パジコシーラー(つや消し)」を使って
とにかく片っ端からニスを掛けました。
乾燥用の発泡スチロール台がいっぱいです。

パジコさんのシーラーは、においがまったくないので、
お部屋で普通に作業をしていても
全然気になりません。
これはこのまま動かさずに、お昼過ぎまで放置しておきます。

お昼を食べたらお買い物♪
週末のお買い物といえば、なにはなくても
お気に入りのパン屋さんです♪
土日の朝に食べるパンを買いにチャリを走らせます。

ところが!
なんで今日に限って、パン屋さん大行列 

なんかポイント還元セールをやってたみたいです。
わたし、ポイントカードとか集めない人なので
全然気づいてませんでした。
そして、さらにガッカリなことに、
お目当ての「パン・ド・ロデヴ」がありませんでした。
もう、もう、明日の朝はロデヴって決めてたのに~~ 

仕方ないので、カイザーゼンメルとベーコンエピ、
あと普通のフランスパンが全滅だったので、
ガーリックフランスを購入。
このお店、もしかしたら職人さんが代わったのかな。
以前は普通の形のバケットやバタールがあったんですが、
最近はフランスパンほぼ全部、ロデヴ生地のものになってます。
水分90%の柔らかい生地で作るので成形ができず、
平べったい不規則な形になっているので、
見ただけでわかってしまいます。
ロデヴ生地のガーリックフランスって初めて見ました ^^;
もっとも、わたしはむしろロデヴ大歓迎派なので
それならそれでうれしいですが。
ハードなミッチリ生地のフランスパンファンには
ちょっと寂しいかもしれませんね。

ほかにもいろいろと買い込んで、
おうちに戻ったのが思ったより遅くなってしまいました。
金曜日の午後って、なんだかとても気があせります。
なんか、なんか作らなきゃ!

今週のパン作りは迷走続きでした。
ブリオッシュや新型の菓子パン、
モデナミックスを生かした生地の作り方とか、
いろいろと手を広げたはいいんですが、
満足のいくちゃんとした形のものがあまりできていません。
そんな一週間の締めくくり、何を作ろうかな。

今使っている樹脂粘土は、「モデナ」「ハーティソフト」の
1:1ミックスです。
どちらかがなくなるまでは、浮気せずに
このミックスを使い切ろうと思っています。
で、モデナミックスは細かい造形や
パサついた質感のパンには向かないとわかっているので、
あまり複雑でなくて作ったことのないものをやりたい。

菓子パンつながりでいろいろ検索してみました。

前回、第一パンとヤマザキの菓子パンを作ってますが、
そういえばパスコは?
パスコもスーパーなんかでよく見かけるけど。
よっしゃ。パスコの菓子パンでなんか作りましょう。

できればロングセラーのもので、
見たらだれでもわかるようなもの。

う~~~ん。。。。
よくわかんない。
なんせ自分であまり買わないから、
何が人気でメジャーなのかサッパリ 

「ロングセラー」と「人気」のキーワードで検索したら、
「うずまきデニッシュ」っていうのが出てきました。
あ。これは知ってるかも。
しかも、超良く見る形だわ ^^;。。わたしの机の上で。

IMG_20160226_183620.jpg

うずまきデニッシュは巻きが多めのパンのようなので、
いつもより長めの13cmの棒を作りました。
作り方は毎回やってるデニッシュづくりのまんまです。
やや平たくつぶし、カッターで細い刻み目を入れ、
ひねったものをクルクル巻くだけ。

IMG_20160226_183554.jpg

モデナミックスさんなので、ねじり目の筋は
あまり目立たなくなりました。
でも、この製品はもともとあまり凹凸が少ないというか、
割と平坦な形をしているっぽいので、これでいいかな。
欲を言えば、もうちょっと細く長く延ばして
もう一巻きしたかったってところでしょうか。

さらにパスコさんのロングセラーで調べていたら、
すごいインパクトのあるパンが出てきました。

IMG_20160226_183052.jpg

棒。
いや、これはですね。
「銀チョコロール」というチョコパンになる予定です。
かなり長めのコッペパンにチョコとクリームを挟み、
上からダバーーーーっと豪快にチョコがかかっているという。
画像で見ると、「うわぁ、真っ黒」って感じのパンです。
ソース系と詰め物系が一気にできるなんて
お得な感じがするじゃないですか♪
乾燥してからが本番なので、
この棒はこのまま乾燥棚へ直行です。

パスコさんだけ勢いで2種類行っちゃいました。
あと2個作れる分の粘土を出しているので、
ここは公平に(?)前回作ったヤマザキ・第一パンからも
もう1種類づつ作り足したしておきましょうか。

あらら。
ヤマザキさんにも、さっき作ったうずまきデニッシュがあるのね。
「ミニスナックゴールド」という名前らしいです。
袋から出したら、たぶん見分けがつかないくらい
よく似た形のデニッシュです。

ヤマザキさん、さすがにセルフコンビニを展開しているだけあって
菓子パンの種類はものすごくたくさんあるんですが、
シンプルな形のものが多いですね。
コッペパン系、スティック系、アンパン、カステラ。
うーん。。。なんかイマイチ、創作意欲が刺激されない。。。

かなりページを下がっていったところで、
めっちゃ懐かしいものを見つけてしまいました。

IMG_20160226_183021.jpg

アーモンドカステラ!懐かしい!
これって、まだ売ってるんでしょうか。
今、すごく食べたい気分 
子供のころ、大好きだった気がします。
そんなにいつも食べてたわけじゃないと思うんだけど。
柔らかくてしっとりした感じだったと記憶してますが。

最後の1個。
第一パンさんのロングセラーを探ります。
こちらは、今週作った「アップルリング」の画像が
圧倒的に多いですね。
あと、他社と全然違う形のものってなにかな。。。

おおお。
これはほかのパン会社では見かけなかったかも。
1袋に小さい一口パンが7個も詰まってる、
その名も「ひとくちつつみ」。
小さくてかわいいので、これ行ってみましょう♪

最初に1個分の生地を分割します。
ここで何を勘違いしたか、
7分割しなきゃいけないところ、6分割にしちゃいました 
ま、まあいいや。
一個食べちゃったってことで 

具が何種類かあるみたいですが、
ちょうど手元にずいぶん前に作ったベーコンがあったので、
この「ベーコンマヨ」っていうのにしましょうね。

IMG_20160226_183319.jpg

ベーコンのもとは小さく刻んでおきます。
1/6にした生地は、小さな長方形につぶして、
二つ折りにしやすいようにまん中をやや
くぼませておきました。

IMG_20160226_183240.jpg

アクリル絵の具の白・クリームイエロー・レモンイエローで
マヨネーズを作り、木工用ボンドと混ぜます。
くぼませたまん中にマヨネーズをのせ、
ベーコンをたっぷり。

IMG_20160226_183206.jpg

ペッタン。
二つ折りにして、コロコロ転がしたら完成。
なんかせっかく入れたベーコンがほとんど見えないので、
外からグイグイとベーコンのかけらを差し込んでおきました。

IMG_20160226_183132.jpg


これで菓子パン4個おしまい。
前半、ほとんど成形らしいものがなかったので、
なんだかちょっと消化不良ですが、
乾燥棚もいっぱいになっちゃったので、
今週はここまでにしておきましょう。

最後に、ニスを掛けたパンたちが乾いたので
恒例の記念撮影会♪

ヤマザキさんの「チーズクリームペストリー」と
第一パンさんの「アップルリング」。
IMG_20160226_182747.jpg

おなじみのアンパン兄弟と、マヨコーンパン、クルミパン。

IMG_20160226_182834.jpg

ジャムパンのジャムの色がとてもきれいにできて満足♪

シナモンロール3姉妹。

IMG_20160226_182651.jpg

全部シュガーグレイズの濃さが違うんです。
言われなきゃわからないくらいのどうでもいいコダワリ ^^;

同じくシナモンロールの北欧組。
IMG_20160226_182513.jpg

地味なので、籠に入れてみました。

フルーツデニッシュ3種類。

IMG_20160226_182934.jpg

渦巻き型のもの、トッピングに迷った挙句
カットフルーツをドカ盛りしたら
わけわからないことになっちゃいました 
オレンジのマーマレードも、ちょっと赤すぎましたね。
まあ、派手でいいですけれども。

地味デニッシュ組。

IMG_20160226_182602.jpg

なぜかシレッとメロンパンが混ざってました ^^;
この形はもう何度もやっているので、説明もパス。

以上、今週のパンたちでした~ 

今日はいくつかは金具を付けて
アクセサリにしてみようかと思ってたんですが
残念ながら時間切れです。
今作っているパンたちも来週には完成するので、
のんびりと仕上げていきましょう。


今日はね。
珍しくパパさんから晩ごはんリクエストが入ったんですよ♪
シンガポールチキンライス。
鶏肉はお買い物から帰ってきてすぐに
塩をモミ込んでゆでで、味をしみ込ませるために冷まし中。
チキンライスを炊飯器に仕込んだら、
タレ用のネギ油作って、
お野菜たっぷり中華スープとか新玉ねぎのサラダとか。
今日ももりもりお野菜を食べてもらいまっせ 

たっぷり食べてゆっくり寝て、
良い週末を迎えましょう 

過ぎたるはおよばザル(粘土でフランスパンとクラフト籠と)

久しぶりにいい天気になりました。
朝のニュースで、都内でも雪が積もりました、
なんて言ってて驚いたんですが、
パパさんのお見送りで外へ出てみたら、
うちのまわりもうっすらと雪化粧しておりました。
うひゃ~寒いわけだわ 

お洗濯をして、お風呂に入って、
こまごました家事を片付けたら、
早速ねんど遊び開始です。
昨日はまったく粘土に触らなかったので、
今日はいろいろとやりたいこと満載です。

最初に粘土の乾燥棚をチェック。
生乾きだったセメダインのソースも
ほぼ問題なく乾いたようです。
ほかにも作ったパンたちの乾燥具合を見て、、、

あれ。
ふと気づいてしまいました。

セリアさんで買ってきた、カーテンタッセルで型を取った
ブリオッシュ。
その時は、「わーい♪できたできた~~♪」って
はしゃいでいたんですが、
改めてしげしげと眺めてみると、
。。。。。。大きい。。。。?

ブリオッシュは小さなテーブルパンですので、
今まで作ったほかのパンたちの中でも
小さい部類。
慌ててほかのパンたちと並べてみました。

IMG_20160225_175859.jpg

あぎゃ~~~
でかすぎるかも~~ 
型にこだわるあまりサイズを忘れるという大失態 

単体で使うなら問題なさそうですが、
フランス組と一緒にアクセサリにするには
バランスが悪すぎ。
ブールとほぼ同じサイズのブリオッシュって 

なんかドーンと落ち込みました。
あんなに喜んでた分だけなおさらです。

なんかブリオッシュが頭から離れなくなっちゃったので、
急きょ、今日の一個目はブリオッシュを
小さく作り直すことにしました。

ギザギザのある下半身の形をどうしよう。
そもそもそこがネックで手が出なかったパンなので、
一から作り直すとなると方法が浮かびません。
とりあえず、サイズを合わせるための
下半身の型を作ってみることにしました。
ギザギザ付きの型はムリなので、
プラスチックを細く巻いて、カットしたものです。

IMG_20160225_175821.jpg

ほかのパンと合わせるとこれくらいかな。
生地を先細の形にして型に押し込みます。
かっちりとした三角の部分と、
頭のポヨヨンとした部分の大体の形を
これで決めてしまおうという作戦。

足のギザギザですが、このサイズだと
逆にそんなに目立たなくなるので、
竹串で筋を付けて終わりにすることにしました。

むぅ。。。
モデナミックスさん、イジワルしないで
ちゃんと形になってください 
再々で恐縮ですが、
モデナとハーティソフトのミックス粘土は、
質感が付きにくい&ついた質感が消えやすいという
いやがらせコンボを繰り出してくるんです。
手作業系のパンを作ろうと思うと、
本当に毎回苦労させられちゃいます。

1個作ったところで挫折。
なまじ小さいので、いじくりまわしているうちに
表面が乾燥してきてしまって
どうしてもシャープな線が表現できませんでした。
これがあるから、ブリオッシュは型にこだわるんですよね。

結局ブリオッシュは1個だけ。
極小サイズに取り分けてしまった粘土玉があるので、
こちらはシャンピニオンの小さいサイズにしました。
そして残りのねんどは、やはり小さいサイズの
「クーペ」という食卓パンと、
前回より一回り大きめのブール、
テーブル用の小さいブールを作りました。

IMG_20160225_175707.jpg

クーペ(またはクープ)は、その名のとおり
1本の大きなクープ(切れ込み)が入った
フランスパン生地で作る食卓パンです。
生地自体はバケットやバタールと変わらないので
焼き色や質感はほかのフランスパンとまったく一緒ですが、
サイズが小さいのが最大の特徴かな。
日本独特の「コッペパン」の名前は、
このクーペが訛ったものだそうです。
形しか似てませんけどね ^^;

丸い小さいブール。
大きいのと小さいのが同じ名前なんで
ややこしいですが、意味が「ボール」なんで
仕方ないです ^^;
単純な1本クープにしてしまいましたが、
後から考えると、十字にきれこみをいれて、
まん中にツンツンとがらせる形にすればよかった。
せっかく2個作ったのに、同じ形にしちゃってもったいない。
次回作るときには、違うクープの入れ方にしてみよう。

なんかなぁ。
今日はもっと別のパンをこねるつもりだったんですが。
ブリオッシュ小さいの作らなきゃってとこから
どんどんフランスパン方面に意識が行っちゃいましたね。
どのパンも好きなので、ダメじゃないですけども。

お昼を過ぎてパンをこねてしまいました。
急いでお昼ご飯を食べてお買い物に行かなきゃです。
せっかく日中おうちにいるのに、
夕方寒くなってからお買い物に行くなんて
ばかばかしいですからね。


で、午後は何をしようかなと思ったんですけども。

昨日初めて手にした、クラフトテープ。
上手くは作れなかったけど、
いろいろと想像をかき立ててくれるアイテムでした。
実はあの後、籐籠の編み方のサイトなんかを巡回して
やってみたいことがたくさんできちゃってます。

鉄は熱いうちに打て。
やらなきゃいけないことはギリギリでいいけど
やりたいことはすぐにやろう!

IMG_20160225_175443.jpg

ミニチュア籠の作り方サイトに載っていた方法で
割と簡単にできそうなものがあったので試してみます。
最初の底作りは、縦糸を放射状に固めてしまうところから。
木工用ボンドを使って、がっちりと固めております。

IMG_20160225_175921.jpg

横糸を縦糸の間に通していきます。
最初から2本の横糸をずらして縦糸に張り付けておいて、
底から2本交互に編みこんでいきます。
追いかけ編、っていうんだそうです。
昨日試したやり方に比べるとすごく簡単。
作業がサクサク進みます。

底を丸く編み終わったら、
昨日と同じように縦糸をグググっと起立させて
さらに横糸を編み編み。
編み方は変わりません。
底の延長を、立てた状態で繰り返すだけ。

そしてここらへんでいつもの悪い癖が出ました。
ずっと最後まで同じじゃつまんないじゃない?

IMG_20160225_175640.jpg

ちょうど横糸の長さが足りなくなったところで、
無用な隙間を開けてみる作戦。
もともと3本がくっついていた縦糸を
1本づつに割いてバラして、左右の2本を
斜めに交差させてみました。
交差したあたりから、また横糸をかけて
今度は昨日試した、ひねりを加える編み方で編んでいきます。

途中の画像とってる余裕がありませんでした ^^;

IMG_20160225_175610.jpg

もっと縦長にする予定でしたが、
縦糸の長さが足りなくて断念。
その代わり、一部をカットして、
半分だけ長い状態にしました。
ボンドと雑な切り口がバリバリ見えてますが
気にしたら負け 

なんで突然縦長の籠を作ろうと思ったかっていうと、
フランスパンを縦に入れたかったからです。

IMG_20160225_175538.jpg

やっぱりちょっとサイズが小さかったか。。。
そして、複雑な形になるほど、
歪みは大きくなるという、当たり前のことに
終わった後で気づくという間抜けっぷりです。てへ。

しかしカゴ編み、楽しいですわ。
慣れてないせいもあってやたら時間を食っちゃいますが、
もっとちゃんと作り方を調べたら、
いろんな形ができそうな気がします。
材料も、クラフトテープじゃなくて
ワイヤーを使ったりしたらいいんじゃないかしら。

粘度パンだけでも一日かかる趣味だってのに
これ以上やりたいこと増えちゃったら
いったいどうなっちゃうんでしょうか。
まだパン修行も道なかばだというのに 

今日のねんど遊びはこの辺で。
明日は金曜日の家事デーなので、
家事をたっぷりやってから、粘土と遊ぶ予定です。
明日こそ、菓子パンたちにニス掛けを完成させちゃいましょうね。


そして晩ごはんは、野菜消費祭りです。
サトイモ、ゴボウ、大根、ニンジン、椎茸、
長ネギ、キクイモ、ほうれん草。
そろそろ食べちゃわないといけないので、
今夜一気にトン汁にぶち込んじゃいます。
トン汁最強。なんでも入れられちゃうしおいしいし。
パパさんは火曜日の社食もトン汁だったらしいので
申し訳ない気もしますが、
栃尾の油揚げとハシリのホタルイカも付けるから
勘弁してね 
富山湾のホタルイカの旬にはちょっと早いですが、
関西からのホタルイカがスーパーに並び始めると
いよいよ春待ったなし!って気持ちになりますね。

春よ来~い♪
でも花粉は来るな~