大曇天返し(粘土デニッシュ完成とスマホ写真修行)

またまたまたしても月曜日の雨。
気温は予想していたより低くなってないみたいだけど、
空が暗くていやんなっちゃいます。

もう5月もおしまい。
あと半月もすれば梅雨ですもんね。
雨続きにも慣れておかないといけません。
なんだかんだ会社に行っていれば日中の天気は気にならないし、
どっちにしても外に出るので買い物も気にしたことはありませんでしたが、
引きこもってると雨の日は本当に買い物が憂鬱。
車の運転ができない私は、雨の中買い物に行くという選択肢自体が
想像もつきません。
長期引きこもりを想定してメニューを組み立てられるように
お料理のお勉強もしなきゃですね 

フェイクフードのお仕事の方が、一部を残して終わりました。
残った一部は材料というかパーツというかが足りないので、
パーツが手に入り次第完成して納品の運びとなります。
2週間て長いようで早いなぁ。。。
今回のテーマも勉強になったりチャレンジになったりするものがあって、
とっても楽しかったです。
って、まだ納品できてはいないんだけど 

遊びの方のデニッシュも、砂糖をかけるところまで終わりました。
あとは砂糖を付けたものに仕上げニスを塗れば完成です。
砂糖に使ってる「トッピングの達人(粉砂糖)」は大理石の粒子なので、
ニスを塗らないとポロポロと取れてしまって大変なことになるんですよ。
デニッシュの艶出しにもなるので、どっちにしても仕上げニスは必要ですけどね。

砂糖を付けてるところや、
砂糖付け終わったデニッシュの集合写真は今回パスです。
毎回毎回同じような写真ばっかりアップしてて、
自分でもこりゃ飽きるわと思ったので。
何かアクセサリにでも仕上げたら、またおめかしして写真撮ろうと思います。

そうそう。
写真といえばですよ。
先日ニュースまとめサイト見ていたら、面白い記事がありました。
インスタグラム用のお料理写真を上手に撮る方法、みたいな記事です。
わたしはインスタやってないし、見ることもないんだけど、
世のお料理自慢の主婦たちの間では流行ってるんでしょ?
美しく盛り付けたお料理って、本当に素敵ですものね。
で、そのインスタ用の写真をうまく撮るコツなんですが、
なるほど~と思うところがいくつもありました。

・強すぎる太陽光はNG。曇りか薄いカーテン越しの光がイイヨ!
・中央に料理を撮るだけじゃダメ。情景も表現しようね!
・お箸でつまむとか、動きがあればさらにおいしそうに撮れるよ!

。。。確かこんな内容だったと思います。
(て、ちゃんと覚えてないんかい~~ 

そういえばワタクシ、粘土パンの写真を撮るときは
天気のいい日の窓際が多いように思います。
できるだけ明るく撮った方がいいのかと思い込んでました。
でも光が強いと、確かに影がくっきりしすぎてしまったり、
明るいところが白飛びしてしまったりしますねぇ。
ふむふむ。

というわけで、ちょうど天気もあまりよくないし
うまい具合に仕上がったばかりのパンたちがあったので、
光を気にしながらスマホ撮影に挑んでみました。
ただ、お料理のようにいろいろな素材が盛り込まれてるわけじゃないので、
情景描写はなしで。
ひたすらどアップで、スマホでどこまで細部が取れるか
そっち方向にチャレンジです。

まずベリーの大型デニッシュから。

s-ベリー0530.jpg

もうちょっとソースのテカリがないほうがいいのかな?

ひし形デニッシュは縦長構図にトライ。

s-バナナ0530.jpg

ありゃりゃ。砂糖の雑さが目立つ結果に 

透明なグズベリーが乗っかったデニッシュ。

s-オレンジ0530.jpg

こんなにズームにしても、ベリーに照準を合わせると
手前のパンの縁部分がフォーカスかかるんですね。
よく見たことなかったけど、これはアラを隠すのに使えるかな 

赤いスグリの乗ったやつ。

s-スグリ0530.jpg

赤いものを撮るのは意外と難しいんです。
イチゴのデニッシュをきれいに撮りたくていつもチャレンジするんですが、
どうも赤はカメラが苦手な色っぽい。
拡散してしまってシャープな印象にならないんですよね。
ツルンとしてしまうというか。
これは今後の課題じゃないかと思っております。

で、あーでもないこーでもないと向きを変えたり角度を変えたり
どんどんのめり込んで写真を撮ってたら、
。。。。切れました。

時間が、じゃなくてスマホのバッテリーが 

そんなにずっとやってたわけじゃないんですけどね。
まあ、このスマホもかれこれ1年半たつので、
そろそろバッテリーもヘタレてくる頃ですよね。
しかもお仕事用の写真をバシバシ撮りまくってたしな。

今日は日も落ちてしまったので、これで終わり。
砂糖をかけるところから2時間ほど遊びました。
このところずっと粘土をこね続けてるわけですが、
やっぱりお仕事と遊びでは時間のたつ速さが違いますね 


さて。
今夜は先週漬け込んでおいた塩豚さんの塩抜きをしたので、
ガッツリゆで豚を作ります。
肉メインなのでソースはいろいろ取り揃えようかと。
ネギ油、ゆず胡椒、わさび醤油にホットチリソースにオーロラソース。
温野菜もいっぱい茹でておいて、固形物ゴロゴロな晩ごはんです。

豚を茹でたスープですが、今夜は使いません。
洗った牛乳パックに入れて、立てて冷凍しておこうと思います。
この牛乳パックを使って肉のゆで汁を冷凍する方法、
実は鳥皮から鶏油を採るときに良く使うんですが、
脂がきれいに分離してくれるので意外とお便利おヘルシーです。
凍ったスープから油だけ切り取ってしまえば、
あとは透き通ったスープだけが取り出せるというわけ。
このスープは近々別のお料理に使いましょう。
いい出汁出てるで~~ 

明日はお仕事の文書起こしが最終局面なので、
ほぼ一日中パソコンの前に張りつき状態になる予定。
肩こりそうだけど、あとひと踏ん張りだからガンバル!
お仕事終わったらまたパンをこねるぞ~~ 




ケアレスニス(粘土ニスのソースについて驚愕の事実)

毎日暑いですね。
夜になると急に涼しかったりするので、
お出かけで着るものを選ぶのに悩みます。
うっかりTシャツで出かけてみたらまわりみんなカーディガン羽織ってたり、
パーカー着ていったら猛暑でまわりみんな半袖だったり 

昨日は父が参加しているボタニカルアートのサークルで展覧会があり、
お花の絵を見に行ってきました。
みなさん結構年配の方が多いんですが、
ものすごく細かい絵を描かれていてびっくりです。
ボタニカルアートは植物画の一種ですが、
精密さや写実性が重視される絵画です。
根っこや葉脈や実の断面までものすごく忠実に細かく写生するんですね。
なのに描く人によってやっぱり個性があって、
同じ花を忠実に写生した絵なのにまったくの別物です。
見ごたえありました。

そのあとは友人と合流して映画。
例によって昼間からガンガン飲んじゃったりして遊び倒してきました。
夕方おうちに帰ってきてさすがにバタンキュー 

今日は引き続きお仕事用のフェイクフードの仕上げをちょっとだけしたんですが、
その中で今まで気づかなかった衝撃的な事実が発覚したので
それだけメモに残しておこうと思います。

わたしはパンの上に掛けるソースを作るときに、
質感によって主に3つの素材を使っています。
一つは透明の接着剤で、今使っているのは「パーフェクトデコ」という製品。
これはジャムや透明でとろみが強いソース、
シュガーグレイズなんかを作るのに使います。

もう一つは木工用ボンド。
チョコやカスタードクリーム、ケチャップのような
ぼってりと厚みのある半透明または不透明のソースやあんこ。

で、一番サラサラとしたソースを作るのは、ニスを使います。
バターとかメープルシロップやさらっとしたフルーツソースなんかですね。
パンの仕上げに使うニスはもっぱらマット調という
光沢のないつや消しタイプのものですが、
ソースやバターに使うのは光沢のあるクリアタイプのものです。

で、今日いつもの調子でソースを作ろうと思ってですね。
いつもはセリアさんの水性ニスを使うんですが、
たまたま机に出ていた「デビカ筆つきねんどニス」ってのを使ったんですよ。
同じ水性の粘土用ニスで、用途もほぼ同じなので構わなかろうと思って。
着色に使ったのはガラス絵の具です。
これも透明のソースを作るときにはよく使います。
透明度が高いのと、少し粘度があってとろみがつきやすいので
重宝しております。

こちらが今回使ったデビカさんのニス。

s-デビカ姿0529.jpg

これをいつものようにガラス絵の具と混ぜたところ、
驚きの反応が 

s-デビカ0529.jpg

わかりますかね。
ガラス絵の具とニスを混ぜた瞬間に、
ニスがビニール化(?)しました 

本当に混ぜた直後にこの状態です。
別に固まり始めた(そもそもニスはそんなにすぐに固まらないけど)わけじゃないです。
まさに化学反応って感じの変化でした。
こんなことになったのは初めてでドびっくり 

まさかと思ったので、同じようにガラス絵の具と
セリアの水性ニスも混ぜてみました。

こちらがセリアさんで売ってる水性ニス。

s-セリア20529.jpg

つまようじでガラス絵の具と混ぜてみたらこんな感じ。

s-セリア0529.jpg

ちょっと見えにくいですが、つまようじの先にニスをすくってみてます。
こちらはほとんどまとまらないくらいの粘度で、
ガラス絵の具の粘度そのままな感じのサラサラ加減でした。
こっちがいつも使ってるソースの感じなので、
やっぱりニスの違いが原因だろうと思います。

当然なんか原料の成分が違うんじゃないかと思ったんですが。。。

セリアさんの成分。

s-セリア成分0529.jpg

デビカさんの成分。

s-デビカ成分0529.jpg

両方アクリル樹脂と有機溶剤なんですよね 

あえて言うとセリアさんの方に「水」と書いてあります。
確かにデビカさんのニスの方がモッテリとしていて
とろみが強い感じはあります。
てか、セリアさんのニスは本当にサラッサラなんですけどね。
うーん。。。これはどう理解したらよいものやら 

まあ、わたし的にはソースに使うのはセリアのニスって
決め打ちしてしまえば構わないんで良いんですが、
フェイクフードの作り方記事にソースの作り方を乗せるときに
気を付けなきゃいけないことがわかってしまいました。
銘柄まで指定しないといけないのは、何気に面倒です。
近所にセリアがない人には不親切この上ないし。
こまったなあ。
サラサラソースの材料は、別のものを考えないといけないんですかね。
む~~。。。これは困った。。。 

ということで、今日のネタはそれだけでした。
明日、明後日でお仕事の納品を終わらせる予定なので、
自分のねんど遊びに戻れるのは早くても週の半ばくらいの予定。
それまではまたブログが空いちゃうかもしれません 

とりあえず明日は雨予報が出てたので、
今日パパさんとお昼に行ったときにお買い物はまとめて済ませてきました。
明日は家事とお仕事をバリバリとがんばる所存です。
月曜日から雨予報だとホントにブルーですが、
ちょっと涼しくなるようなのでそれだけが救いですね。
今日より10度くらい下がるようなので、風邪ひかないように気を付けましょう 

亀の歩み(粘土パンにソースかけるだけ)

雨です 
けっこう降ってます。

何がいやだって、歯医者さんの日に雨って本当に嫌です。
それでなくてもバックレたくて仕方ないのに 
雨の日は駅前の歯医者さんに行くのもバスに乗らないといけません。
家を選ぶときにわざわざ駅前を避けたのは自分らなんですが、
こういう時はちょっとだけ後悔しますね。
仕方ないのでシブシブとバスに乗ってお出かけです。

わたしが通っている歯医者さんはとても小さい医院で、
院長先生がほとんど一人で治療をしているようなところです。
でも評判が良くて、予約は2週間後しか取れないので、
一度逃すと間が空いてしまいます。
今日は時間がかかる治療の患者さんが入っていたようで、
席に通されてからもチョコチョコと待たされました。
歯医者さんの椅子で待ってる間って、どうしたらいいかわかりませんよね 
仕方ないんで、こっそりとドローインダイエットしてました 

知ってます?ドローインダイエット。
わたしはライティングのお仕事で健康関係の記事を書くようになって
初めて知りました。
要するにおなかをググっとへっこませたままで息をするだけなんですが、
これが結構難しいんです。
お腹をへこませたまま、胸で息をいっぱいに吸い込みます。
そのまま長~く息を吐いていくんですが、
その間おなかは極限まで引っ込ませておかないといけません。
下っ腹に力を入れると胃のあたりがおルスになるし、
胃の下をひっこめると下っ腹が緩むし。
3秒で吸って15秒以上かけて吐くんですが、
多分傍から見たら息が止まってるように見えると思います。

で、ちょうどあおむけで暇だったんで、
ずっとこれをやってました。
不気味ですよね~~
歯医者の椅子に寝てひそかに深呼吸してる患者って 
おかげで治療が終わって立ち上がった時には、
じっとりと汗ばむくらいいい運動になりました 

歯医者さんを出てお買い物をして帰ってきたら1時。
軽く夕べの残りのテールスープをいただいてからお仕事のフード作り。
今日も夕方までみっちりとお仕事をこなして、
ほんのちょっとだけ自分のパンの続きをやっておきました。

前回はモデペでクリームを塗ってフルーツを乗せたところまで。
今日はモデペが乾燥したっぽいので、フルーツにソースをかけます。

まずガラス絵の具とセメダインで作ったオレンジソース。

s-オレンジ0527.jpg

ちょっと色が濃すぎたので、上から薄く黄色い追いソースしておきました。

続いて砂を混ぜて赤いガラス絵の具と同じくセメダインのイチゴジャム。

s-赤0527.jpg

最後に黄色のガラス絵の具とニスで薄めのソース。

s-黄色0527.jpg

このソースが乾いたら、次は砂糖衣を掛ける番ですね。
しかしこのところ、わたしのパンたちの写真代わり映えしなさすぎ。
そろそろ新しい形にもチャレンジしたいなあ 

作業はこれしかできませんでしたが、
接着しておいたアイテムが乾いて完成しました。

s-ボタン0527.jpg

フランスパンのボタンです。
作ってみたかんだも~~ん 

え?何に使うかですか?
そんなもん決まってるじゃないですか。
まったく考えてませんよ 
作ってみたかっただけです。きっぱり。
まあそのうちフタ付きの手提げにでもくっつけてみようかなと思っております。
さすがにコートのボタンをこれに付け替える勇気はないわ 

今週は本当にたっぷり粘土をこねました。
ブログに書けないのが残念なほど、
アンナことやコンナことが続出してエキサイティングな一週間でした。
あとは頑張ってわかりやすい記事を書かなければ。
掲載されたらぜひまた見てやっていただければうれしゅうございます 


今夜は久々の餃子祭り。
大判20枚入りの皮を全部使って、沢山焼いてガッツリ食べます♪
明日は朝からお出かけで、たぶん粘土の時間は取れない予想。
お天気も回復しそうなので、楽しみです。

良い週末になりますように 


例のアレ、仕上がりました☆

s-採ろ0527.jpg


オンとオフのはざま(粘土パンブローチのレイアウトとか)

昨日まであまりにも暑かったので、
25度もあるというのに涼しく感じる今日このごろ。
いかがお過ごしでしょうか。
昨日はブログを書きそびれました。
書こうと思ってたんですが、時間が遅くなっちゃったので断念。
粘土もそれほど進んでいないので、ネタがなかったという説もありますが。

フェイクフードのお仕事の方が佳境に入ってきまして、
粘土タイムのほとんどを占める状態になっております。
今週中に制作を終わらせて、週明けにはテキスト起こしに入らねばなりません。
なので、今日から金曜日は遊びの方の粘土はほとんどオアズケになります。
わたし的には粘土に触ってられればなんでもかまわないので、
それほどイライラはしておりません。
というより、初めて作るパーツが多すぎて、
イライラしている暇なんてどこにもありません。
パーツの作り方考えるだけで脳フル回転。
楽しくて楽しくて仕方がないと言ったところです 

フェイクフードのWEBライティングのお仕事に運よくありついてから、
すでに13個のフェイクフードの作り方を納品しました。
今やってるのも含めると18個ですよ。
ちょっとびっくりしてます。

去年の11月末にパンを作りたくて初めての粘土を買ってきてから約半年。
その間自分の趣味で作ってきたのは、ほぼパンだけです。
あとはパンに乗せるフルーツとか葉っぱとかくらい。
お仕事でクライアントさんから指定がなければ、
タコ焼きとかハンバーガーとか作ることなんて一生なかったかも。
でも、先方からテーマを指定されることで
思いがけずいろんなチャレンジが出来て、とっても楽しいです。
もっといろいろなフェイクフードも手を出してみようかなという気が
うっすらとし始めちゃいました。
まぁまだうっすらとですけれども。
ていうか、その前にパンをちゃんと作れるようになれって話ですよね。
まったくもっておっしゃる通り 

昨日は粘土に触りまくったんですが、
さて、何を作ってたでしょうか 

正解はこちら。

s-こめ0524.jpg

ひたすらお米ちねってました~ 

これはお仕事用の作業。
今回のテーマに和食が入ってるんです。
で、実際使うかどうかはさておいてお米ちねっておこうと思いまして。
どうしてもお米というか銀シャリの表現が必要なフードなんですよね。
昨日はこの作業に2時間かかりました。
大変そうに見えますが、粘土が好きな人間には特に苦じゃありません。
youtubeで動画見ながら指だけ動かしてればいつの間にか終わります。
問題はですね。

このお米、結局仕事に使うのやめました~ 

だってですよ。
これからフェイクフードに興味を持ってちょっと作ってみようかなって人にですよ。
「粘土でお米を2時間分ちねってください」なんて
言えるわけないじゃないですか。
普通のお嬢さんだったらその段階で「フェイクフードや~めた」
ってなっちゃいますよね 
こんなことイソイソとやるのは、
よっぽどの粘土好きさんか「よゐこ」の有野さんくらいのもんです。

最終的に、初心者さん向けの手順はこんなことになりました 

s-すし飯0525.jpg

そ。お寿司です。握りずしです。
納品前のお仕事のネタを書くのは珍しいですが、(だって受領されなかったらかなり恥ずかしいし)
これに関しては上に載る具がわからなければただのシャリなので、
事前に書いちゃっても問題ないでしょうと判断。
これに乗せる寿司ネタは何にしようかな~~。
一般的に寿司って言ったら何が思い浮かぶんでしょう。
やっぱマグロ? 
マグロって言っても大トロと赤身じゃ全然色も形も違いますしね。
作りやすいのはどれだろう。エビとかハードル上げすぎかなぁ。
つーか、この時点でまだネタ決めてないんか~い 


まあそんなわけで、昨日はお米ちねって終わり。
今日もほかのフェイクフードをモリモリ作ってたらほとんど時間切れ。
自分のパンの制作はほんのちょこっとしか進みませんでした。

今日やった作業。

s-フォカッチャ接着0525.jpg

フォカッチャ貼りつけてま~す。

s-グリッシーニは輪ゴム0525.jpg

グリッシーニ束ねてま~す。

ホントにこれだけ。
これってねんど遊びって言えるのか?ってレベルですね。
どちらもブローチに乗せるイタリア組の仕上げ作業です。

意外なことに、ブローチ製作で一番先頭切って手を付けていたフランス組が、
現在トッピングに悩んで停滞中。
でもって、今日グリッシーニまで終わったことで、
イタリア組のパーツがほぼ揃ってしまいました。
あとは本当に貼りつけるだけの状態になっております。
さて、どんなデザインで仕上げようかな。

イタリア案その1。

s-イタリア案1.jpg

その2。

s-イタリア案2.jpg

どの組み合わせもそうですが、パンだけだともう全部黄土色になっちゃって、
ぱっと見地味でカナイません。
なので何かほかのカラフルなパーツを組み合わせたいんですが、
そこで邪魔するのが自分のセンスに自信がないってことですね。
地味でも渋くてもいいから、シンプルにパンとオリーブだけでまとめようかな。
あ、オリーブは絶対外しませんよ。大好きだもん 

悩みついでにパンだけは揃ってるフランス組も。

フランス案その1。

s-フランス案1.jpg

フランス組は、あきらめてデニッシュ乗せちゃおうかと思案中です。
あ、フランスではデニッシュって言いませんね。
「ヴィエノワズリー」というのがいわゆるデニッシュのことだそうです。
ただ、日本のデニッシュのように生のフルーツが乗ってるものが
どれくらい一般的なのかがわかりません。
農業大国フランスですが、パンに関してはほとんど地味なイメージ。
フルーツが乗っているものでも、コンフィチュールになってる気がする。
う~~~む。。。。。

フランス案その2。

s-フランス案2.jpg

デニッシュ外して、生の果物をそのままゴロゴロ乗せてやろうかしら。
これならマルシェっぽくて許される気がするなぁ。
あ、それならアスパラとかアーティチョークとかもあった方がいいのかな。
。。。。ドツボにハマり始めたので、フランス組は後回し 

で、一番出遅れてるのがドイツ組。

s-ドイツ案.jpg

もう、何が何だかって感じです。
ドイツ組に関しては、パン自体をかなり作り直さないとダメっぽい。
ブローチピンの時もそうだったんですが、
パン自体のバリエーションはドイツが優秀なんですけどね。

さて、だらだらと長くなってしまいましたが、今日はここまで。
予告通りなら、明日あさってはお仕事にかかりきりになる予定なので、
ブログで書けることがあるかどうか、まだわからない状態です。
デニッシュのモデペが乾いたら、ソースくらいはトッピングしたいと思ってますが。


気付いたらもうこんな時間。(まもなく20時デス)
いくらなんでもそろそろパパさんも会社を出るころでしょう。
晩ごはんの仕上げにかからねば。

今夜は焼き魚をメインにしたいので、
煮物は軽目に肉じゃがです。
あとは浅漬けとかお浸しとかいつもの副菜をちょこっと。
明日は雨予報なので、買い物は出ない予定でおります。
時間があるので、牛テールのスープにしようかと考え中。
おととい仕込んだ塩豚もそろそろ食べごろになってるはず。

お、ちょうどパパさんからメール来た 
それでは今宵はこれまで。
また明日~~ 

赤・青・黄色(粘土デニッシュにフルーツ乗せる回)

あっつぅ~~ 

夏ですよ、夏。
午前中のお仕事と家事を終わらせてお昼に買い物に出ようと思ったら、
あまりのサンサンっぷりに玄関から引き返してしまったくらげです。
溶けるから。
ていうか焦げるから。

今からこんなこと言ってて真夏になったらどうしたらいいんでしょう。
去年までは会社勤めしてたので、真夏の一番アツイ時間帯は
涼しいオフィスから一歩も出ない生活でした。
考えてみると社会人になってから初めての、
フルおうちdeサマーなんですよね。
うわ~~。。。無理かも。。。死ぬかも。。。。。 
結局夕方になってからお買い物に行ってきましたが、
それでも充分暑かったです。

さてさて、先週先々週とほとんど何も進展しなかったねんど遊び。
今週からはライティングのお仕事のフェイクフード作りもあるので、
粘土に触る時間が増えそうな気配です。
しかし前々から憂慮している通り、捏ねたパンの置き場所がいっぱいになっており、
新しくパンを作ることにためらいがあったりします。
特に机の上に作業途中のアイテムがてんこ盛りになってしまっていて、
ちっとも片付く気配がありません。
せめて途中のパンたちを完成させて何とかしまえる状態に
しなければならんということです。

というわけで、着色・下地ニス済みでトッピング待ちのデニッシュたちを
まとめて作業することにしました。

デニッシュのトッピングでまず準備するのが、
フルーツを乗せるための土台作り、すなわちクリーム塗りです。
今回も生クリームとカスタードクリームの両方を使おうと思うので、
モデナペーストでクリームを作ります。

s-モデペ0523.jpg

といってもアクリル絵の具と混ぜるだけですが 

モデナペースト(以下モデペ)でのクリーム作りも何度目かになりました。
初めてやった時は、モデペが乾燥後に思いっきり半透明になってしまいましたが、
失敗は成功のお母ちゃんであります。
ちゃんと絵の具を混ぜることを覚えましたでございます。

フルーツの土台だけなので絞り袋は作らず、
つまようじを使ってデニッシュに詰め詰めするだけ。

s-生クリーム0523.jpg

そういえば前回妹とお茶したときに、
デニッシュでもいいから大振りのマグネットが欲しいようなこと言ってました。
マグネットはもちろんあとから底に接着するだけでもいいんですが、
せっかくなので外から見えないようにパンの中に仕込んでしまいましょう。
貼りつき力は少々落ちますが、どっちみち実用品というよりは飾りなんで、
そこそこ貼りつけば良いことにします 

s-マグネット産め23.jpg

この後クリームの底に沈めて見えなくしておきました。

ここに乗せるフルーツをパーツケースから選ぶんですが、
見ての通りデニッシュのサイズもバラバラなら、
作り置きのパーツもサイズバラバラ。
何もかもバラバラすぎていっそ清々しいくらいのカオス状態なので、
乗せられるフルーツは大体限られております。
使えそうなものをケースから出して並べ、フィットするものから乗せていきます。

あちゃ 

s-大惨事0523.jpg

そういえばピンセットは金属じゃった!
さっき底に埋めたマグネットがひっついて取れちゃいました 
クリームごとぼっこりとはがれる大惨事です。

そこでこのペースト状粘土モデペのとっても良い点なんですが、
この子、がっちり固まる前ならこするときれいに落ちるんですよね。
焦った~~。。。
パーツもパンも何とか無事に復旧しました。
あとは指を使ってトッピングです ^^;

s-ナマ組トッピング済0523.jpg

一番左のバナナとキウイのひし形のやつが、クリームが爆発したやつです。
何事もなかったかのようにきれいに仕上がってくれて一安心。

同じようにカスタードクリームも作業をしました。

s-カスタード0523.jpg

先週すけるくんで作ったグズベリーやスグリも乾燥していたので使ってます。
なんだかんだ言っても、やっぱり最近作ったものを使いたいんですよね。
すけるくんオレンジとかスグリとか、その前のキウイ・バナナとか。

終わったと思ってたら、まだありました。

s-あまり組0523.jpg

これで本当に全部かな?
とりあえずは何も手を付けていないパンはなくなったんじゃないかしら。
今日トッピングしたパンたちのモデペが乾いたら、
セメダインやガラス絵の具を使ってソースをかけたり、
粉砂糖やシュガーグレイズを掛けて完成の運びとなります。
最後のニスが終わるまで、まだまだ気は抜けません。

乾燥棚に戻そうと思ってトレイに並べてみたら。。。

s-ショウケース0523.jpg

なんとなくショーケースに並んでるみたいで可愛いです 
ちょっとテンション上がりました♪

今週はお仕事のフェイクフードと二本立てなので、
明日も引き続き仕掛中のパンたちの仕上げと片付けをする予定です。
次に新しいのがこねられるのは、下手すると来週になっちゃうかも 
無計画に捏ねまくってきたツケが回ってきちゃいましたね。
これ以上暑くなる前に、部屋の断捨離も決行しないとイカンですし、
ぼんやり過ごしたこの2週間がもったいなかったなぁ。
ま、過去は取り戻せないので前向きに行きましょう 


パパさんの会社の社食、今週は鶏肉祭りのようで、
今日も明日も明後日も鶏料理が続きます。
昨日肉の卸売りスーパーに行ってきたので牛肉や豚肉は潤沢なんですが、
昼夜肉攻撃もあんまりなので、今夜はマーボ豆腐にしようかな。
例によって10種(くらい)の野菜の中華スープ付きです♪
大好きな栃尾の油揚げも買ってきたのでさっとあぶって、
大豆と野菜におぼれようと思います。

予報を見る限り明日も明後日も関東地方は暑そうですね。
特に外のお仕事の方は大変だろうなと思います。
体調崩さないように頑張りましょう