復活!(粘土アップルっぽいパイとすけないくん)

お久しぶりです 
なんとブログを開設以来、初めて1週間以上のご無沙汰をしてしまいました。
やっと一段落着いて戻ってこられてよかった~ 

先週の水曜日に粘土パンのリハビリを開始したのもつかの間、
例によって例のごとくお仕事の締め切りが押してしまい
週末までずっとお仕事しておりました。
今回は制作物は本当にカンタンな物ばかりだったので甘く見てましたが、
やっぱり最後は押せ押せになっちゃった 
納期までには終わりましたが、毎回ホントすみませんて感じです。

土曜日に納品が終わり、土日はちょうど結婚記念日だったこともあって
のんびりまったりとお休み。
月曜日から頑張ろうと思ってましたが、
パパさんのおばあちゃんが亡くなってしまうという大事件が発生。
91歳、あちこち不調はあったものの意識もシャッキリの
元気なおばあちゃんでした。
夜まで普通にしていて眠っている間に息を引き取るという、
大往生の見本のような見事なご最期で、
知らせを受けてすぐにパパさんと会いに行ったんですが、
本当に眠ってるようにしか見えない穏やかで幸せそうなお顔をしていました。
昨日家族だけでお見送りをしましたが、和やかな良いお葬式でした。

そんなこんなで怒涛の一週間が過ぎ、
やっと今日から遊ぶぞ~~と思ったら、
早くも次のお仕事のテーマが送られてくるというね。
しかも5本、全部制作物なので、今回こそは油断せずに
早め早めに作り始めようと思っております。
(前回も前々回もソレ言ってた 

久しぶりに自分のねんど遊びの時間が取れたので、
先日のリハビリの続きをやります。
今回は初めての形にトライしようと思って。

まず5ccくらいの粘土を二つに分けまして、
片方を平たくつぶしました。

そうそう、リハビリのテーマは「パンのマグネット」です。

s-パイ生地0630.jpg

つぶしたまん中にマグネットをセットしております。
裏から見えないように仕込んでしまう作戦です。

これだけだとただのお皿かピザ生地なので、
残り半分の粘土のこれまた半分を使ってフチを付けます。
ネジリ型のデニッシュ手順でやったんですが、
どうも勘が鈍っちゃってて長さ間違えました 

s-縁付けた0630.jpg

パイ生地です。
この生地の上にソースを盛ります。

ソースはモデペ(モデナペースト)を着色して使おうと思って、
カットしたフルーツを混ぜ込んだんですが。。。

s-ソース0630.jpg

モデナペーストが重すぎたようで、
フルーツジャムっぽさゼロなソースになっちゃいました。

s-タラコピザ0630.jpg

どう見てもタラコソースのピザだよね、コレ 
モデペはちょっと透明になるんで、乾けばフルーツ感出るかなぁ。。。
ちょっと、いやかなり不安。

残して置いた生地の半分の半分を薄く延ばしてカットし、
上から格子状にかぶせて成形完了。

s-パイ0630.jpg

これ、ちゃんとソースっぽくなって色も付けたら、
かなりカワイイマグネットになってくれるんじゃないかと思うんですがね。
ちゃんとソースっぽくなってくれさえすれば 

あと2個、マグネットを仕込んで手慣れた形のものを作りました。
こちらはちょっと小さめサイズの、メロンパンとデニッシュ台です。

s-マグネット0630.jpg

なんでこんなに同じ物ばっかり作ってるかというと、
マグネットを埋め込むときの底の厚みを確認したいからです。
薄すぎるとマグネットだけ鉄に引っ張られて剥がれてしまいそうだし、
厚すぎるとひっつく力が極端に弱くなるし。
なので、適正な厚みをチェックするのが目的なんです。
先日作ったモデペ挟み込みタイプのデニッシュも合わせて、
これで5個試作品完成。

今日はさすがにたまってた仕事なんかもあって時間が短かったので、
この続きはまた明日ですね。
お仕事のフェイクフードと並行にはなりますが、
今度は切れ目なく遊びたいと思っております。

さて。
かれこれ1か月前に作った「すけるくん」の海老。
透明になったらボタンエビにする予定で、じっくり乾燥させておりました。
ネットの情報によると、厚みがあったり丸かったりするものは
乾燥にかな~り時間がかかるとあったので、
少しづつ透明度が増してくることを期待してたんですが。。。。

s-透けないくん0630.jpg

全然透けませんでした 

なんで?どうして?
ちゃんとよ~く捏ねて、すけるくんコート液も塗っておいたのに 
ものの見事にまったくもって「すけなかったくん」でした。
これはショックすぎ。

これ以上乾燥させても透明になるとは到底思えないので、
この海老と、同時に作った鯛の切り身は近々着色しちゃいます。
すけるくんもリベンジしないと気がすまなくなってきた。
次こそは透けさせて見せる 

あと一つ。
リハビリで作ったベーコンエピ。
形のせいでぽきっと折れやすく、何度も失敗してきましたが、
今回作ったもの、かなり頑丈にできました。

s-頑丈エピ0630.jpg

指でググイっと力を入れても折れません。
素敵♪
しかし今回に限り丈夫にできた理由がイマイチわからないので、
これまた次回ブラッシュアップの必要がありそうです。
道はまだまだ細く長く続く。


ぱぱさん、忌引きで3日ぶりの出社なので、
今日はちょっと遅くなるかもしれません 
元気出してもらいたいので、チキンライスを炊いてます。
温野菜もおしんこもちゃんと作るよ 
そして明日は早くも金曜日。
ホントに時間たつの早すぎますね~~
完全復活したから、わたしも頑張りま~す 


リハビリ開始(久々の粘土パンと冗談ナポリタン)

毎日毎日じめじめして嫌ですね。
今日も今日とて降るのか降らないのかモヤモヤしているうちに
お買い物に行きそびれてしまいました。
そしてまた異様に蒸し暑い
うっかり順番間違えて、シャワーを浴びてから掃除機とか床磨きしたら
汗ダクダクになっちゃいました  

ついにというか、やっとというか。
粘土パンを再開できるようになりました。
明日こそ明日こそと掛け声ばかりで早3週間余り。
まったく新しいパンを捏ねることなく過ごしてしまいました。
お仕事のフェイクフードだったり、シラスや小籠包だったり
なんだかんだで粘土に触らない日はほとんどなかったんですが、
それでもパンを捏ねるのはまた格別です。

で、前回確かやりたいことがあったはずなんですが、
それが何だったかトンと思い出せません 
確か新しいパンの作り方を考えてたはずだったんだけどな。
あと、作ったことないパンを作ろうとか思ってたような気もするけど。
まぁいいや。
どっちにしても久しぶりなので、最初はリハビリもかねて
作りなれた形の物からやってみることにしました。
使う粘土はこちらもお久しぶりのグレイス×コスモスミックスです。

デニッシュ作ります 
最初は生地を薄く延ばすところから。
色々と試してきて、薄い生地と厚い生地を交互に重ねる作り方で落ち着いてたんですが、
最近初めて行ったパン屋さんで見たデニッシュが、
とにかく薄い層が重なったそれは美しいものだったので、
それを再現してみたくなりました。
なので、今回はとにかく薄い層をたくさん重ねることを目指します。

出でよ乾きまペン!

s-かわきま0622.jpg

万能麺棒乾きまペンを使って、とにかく薄く延ばします。
今までは作るサイズに合わせて伸ばしてましたが、
今回は最初からとにかく広く薄く延ばせるだけ延ばしてみました。
薄くした生地を、定規を使って正確にカットします。

s-カットした0622.jpg

後はこれを重ねて成形するんですが、
以前一度だけ試したモデナペーストを挟み込む方法を
もう一度試してみたくなったので、

s-糊付け0622.jpg

間にモデペ塗ってみました。
全部で9枚重ねるとこんな感じになります。

s-側面0622.jpg

厚みもそこそこ出て、中々いいカンジじゃないでしょうか 
全部重ね終わったので切り込みを入れます。

s-おなじみ0622.jpg

この形はおなじみの風車型。
リハビリなのと、モデペを挟んでるのと、層の間に磁石を忍ばせたのとで
無理のない形を選んでみました。
後は切り込み沿って生地を織り込むだけ。。。。。

ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁ 

s-底もげた0622.jpg

底が。。。底がもげた 

これは想定外。
薄くしたので表面はかなりしっかり乾燥してたので、
強度充分と判断してグッと折り曲げたらこのザマです。
おそらく挟んだモデペの水分で、粘土自体が柔らかくなっていたのでは。
あと、風車型は織り込んでからかなり全体を内側に曲げるので、
薄く柔らかい底の一点に力が集中してしまったんじゃないかな。
。。。なんて後から分析してもアフターフェスティバル(後の祭り 

どうやってリカバリするかと考えたんですが、
目の前にモデペがあるので、とりあえず応急処置的に塗ってみました。

s-底補強0622.jpg

同じ樹脂粘土なので、乾燥したら一体化して硬くなるはず(多分)
一番いやなのは、完成して冷蔵庫に貼りつけたときに
マグネットだけもげて冷蔵庫に残ってしまうパターンなんですよね。
そうならないといいけど。。。クワバラクワバラ。。。

風車の失敗に懲りたので、
次は同じ方法で底にストレスがかからないフラワーを試すことにしました。

s-フラワーの素0622.jpg

こちらはさして問題なく完成。
。。。なんですけど、形が変です。

s-フラワー0622.jpg

立派なラフレシアが出来上がってしまいました 
間に挟んだモデペの水分がワルサして、層のハガレを悪くしてるみたいです。
このやり方はダメかなぁ。
もうちょっと考えて、次回は上手に使えるようにしたいところ。
着色してみないと成形の良し悪しはわからないので、
これはこれでいったん乾燥させておきます。

あと1個。
これもモデペを出したらやってみようと思ってた形です。

s-エピの素0622.jpg

生地のまん中に肉々しい物体。
ベーコンエピの準備です。
この状態から折りたたんでフランスパン型に成形して、
ハサミでチョンチョンと切り込みを入れます。

s-エピちょきちょき0622.jpg

後は左右に振り分けるようにググイとまげて完成。

s-エピ0622.jpg

樹脂粘土が捏ねたてだったため、ベーコンがパンの生地と一体化してしまいました。
ベーコンとパンの間をつまようじでつついて、
不自然でない程度にベーコンを分離しておきます。

で、モデペの出番なんですが。
ベーコンエピは過去何個も作っては捨ててきたいわくつきの形。
曲げたところからぽっきりと折れやすく、
頑丈な樹脂粘土で作っても、アクセサリにするほどの強度が出にくいんです。
なので、裏側にモデペを盛り足して、強度を増しておこうと考えました。

s-裏0622.jpg

あ。。。あれ?
なんでか今回に限って、かなり頑丈にできちゃいました 
乾燥前にこれだけガッシリしてれば、補強なしでも行けるのでは?

モデペを盛ると、どうしても裏側は汚くなります。
なので、今回は補強なしでこのまま乾かしてみることに。
モデペの出番ナッシング 

ここまででパン作り終了となりました。
何度も何度も作ってきた形ばかりなのに、
要領悪いっていうか手順がなってないっていうか、
いつもの倍くらいの時間がかかってしまいました。
やっぱ、継続は力なりですね。
続けることに意義があるってこと、肝に銘じましたよ。
たった3週間のブランクでこれじゃ、先が思いやられますぜ 

余った時間で、週末に作った冗談みたいなフェイクフードを仕上げます。
100均で買ってきたクッキー押し出し型で作ったパスタ。
ナポリタン目指してソースを絡めました。

s-ソース付け0622.jpg

ソースは時間も押していたので、ガラス絵の具+木工用ボンド。
樹脂粘土をすりおろして作った粉チーズをかけます。

s-粉チーズ0622.jpg

木工用用ボンドが乾いて、白っぽい部分がなくなったら完成です。

s-ナポリタン0622.jpg

実をいうと、このパスタを作るのに一番時間がかかった部分は
本体のパスタでもソースでもないんです。
刺さってるフォーク、元はプラスチックの透明のやつなんですが、
何を思ったかやすりでガリガリと傷をつけたうえに
グレーのマニュキュア使って色塗ってるんですよね。
別に透明のままでもよかったじゃん、て後から思うわけですが。
その時は、フォークは銀色じゃなきゃダメなんじゃ~~
とか、思ってたんでしょうね 
結局グレーだし。銀色じゃないし 

久しぶりにパンを作って、思う存分樹脂粘土捏ねて、
なんだかとっても癒されました 

実はフェイクフードのお仕事の締め切りが目前に来ておりまして、
またしても明日あさってはテキスト起こしでPCに貼りつかねばならぬ予定です。
毎度毎度納期ギリギリになるの判ってても懲りてないので、
完全無欠の自業自得です 
人様に迷惑をおかけしないように、とりあえず納品までは頑張ります。

連休明けに納品した「ハンドメイド専科」さんの記事が出そろいました。
リンゴ、キャベツの2つのレシピが掲載されましたので、
興味がある方は見てやってください 

あ。。。。ただですね。。。。
リンゴの作り方の一番最後の写真はですね。。。。
それだけはできれば見ないで置いていただきたい 
ブキッチョ丸出しで、いまさらながら穴を掘って掘って掘りぬいて隠れたいくらい、
恥ずかしいです。
なんで提出しちゃったんだろ、アタシ 

ちょっとリンゴの皮むき、練習してきま~す 

週末は100均で(新しいオモチャと石粉粘土新チャレンジ)

梅雨の晴れ間がちょうど週末にかかってくれて、
関東地方はお出かけ日和な土日でした。
せっかくパパさんがお休みなのに雨だとつまらないですからね。

昨日今日と100均ショップをハシゴして、
色んなショップを覗いてきました。
これはフェイクフードのライティングのお仕事がらみなんですが、
個人的にも100均ショップはワクワクして楽しいので大好き 
世の中にはいろんな楽しいものを作る人がいるもんですねぇ。

昨日行ったのは、隣町のキャンドゥさん。
ずっと昔に、実家の近くにある100均はキャンドゥだけだったので、
私にはなじみが深いショップだったんですが、
超久しぶりに言ってみたら新鮮で面白かったです。

今日はお昼がてら近所のマイナーな100均に行ってみました。
いや、マイナーじゃないのかな。
ez(イーズと読むらしいです)というお店なんですが、
埼玉以外であまり見たことがありません。
品ぞろえはいろいろな100均から良いとこどりな感じなんですが、
手芸系に力が入っているのでわたし的には楽しいお店です。
100均なのにポイントカードあるんですよ、ここ。

ezでパパさんが見つけてくれた新アイテムがあるんですが、
それがこちらです。

s-押し出し機0619.jpg

どうやらクッキー生地を成形するための器具なんですが、
型抜きじゃなくて押し出すところが新しいです 
押し出し口がハート形になってて、ハートのアイスボックスクッキーが
簡単にできるというのがウリなようです。
アタッチメントが3種類あって、星形とか波形とか、
何に使うかわからないパスタ型とかついてるんですよ。
何が問題かって、クッキー用なのに一番幅がある部分でも
3cmに満たない小ささってことです。
これでクッキー焼いたら相当小さいやつしかできないんですが 

パパ的にこれを私に勧めてくれたのは理由がありましてですね。
この週末リビング粘土でこんなもの作ってたんですよ。

s-うどん0619.jpg

うどん 

このところいろいろ試してる、例の注射器型のお米ちねり器。
あれで長く押し出したらパスタになるんじゃないかと思って、
試してみたものがこれです。
本当はおそうめん作りたかったんですがねぇ。
口が細すぎると押し出す力がハンパなくて、
そうめんの長さに押し出すのは体力的に無理だったんです。
で、太い口から押し出して作ったらおうどんになっちゃった 
しかもお箸が下手な人がうどん食べてるところを
忠実に再現的な感じ? 

これを見ていたパパさんが、製菓用品売り場で見つけて
このクッキー成型器をオススメしてくれたってわけです。

早速粘土を詰め込んで、押し出してみました。

s-出た0619.jpg

うっひゃ~~!これ楽しい 

使った粘土はモデナです。
100均の樹脂粘土で試そうと思ったんですが、
ダイソー樹脂粘土はちょっと硬すぎて無理っぽく思えたので、
水を足して柔らかくなるモデナを選びました。
かなり水を足して、耳たぶよりかなり柔らかいくらいにしてます。

色がオレンジ色なわけはですね。

s-ナポリタン0619.jpg

ナポリタンにしようと思って 

まぁ、ホントのナポリタンは麺に色ついてませんけど。
後からソースを絡めたときにどっちがリアルに見えるか考えて、
最初から麺に色付けときました。
上手くできるかな?

そういえば、悩んだ末に結局買わなかったんですが、
キャンドゥさんに面白いものが売ってたんですよね。
簡単組み立てのドールハウス(?)キットです。

ジオラマ.jpg

柵とかベンチとか、室内用だとタンスや椅子とかまで、
バルサ材の木で作られた一枚のシートになってて、
切り込み沿って切り離して組み立てる式の物です。
始めて見たんですが、加工次第では簡単にドールハウスが作れて、
これは面白いかもですね。
買ってこなくてちょっと後悔したので、
次見かけたら買ってみようかと思います。

あとこの土日にやったことといえば、
先週ポメを完成させた石粉粘土の「プルミエ」を使って、
新しく何か作ろうと思いまして。

s-骨0618.jpg

針金人間。
。。。じゃなくて、人間型の粘土人形をやってみたいんですよ。
いきなり2個目で人形はちょっとチャレンジャーかとも思いましたが、
このプルミエを使い切ったら、もう買ってくる予定もないし。
せっかくだからやりたいように遊んでみます。

針金人間は粘土が貼りつかないので、
両面テープを使って紙テープを巻き付けまして。。。

s-胴体0618.jpg

そこに粘土を盛り盛りしていきます。

s-前0618.jpg

うーん。。。。
やっぱり難しいですね。
粘土の扱いは本当に楽で楽しいんですが、
3Dの造形って、小学校の工作の頃から苦手だったんですよね。
思い出すの遅すぎました 

なんか見たことあるなぁ。。。と思ったら、
この人に似てることが判明。

s-埴輪さん.jpg

あ~。。。。。 

このハニワさんがこれからどうなるのか、
また何か月か単位で進めていこうと思っちょります。

なんだかんだで充実した週末リビング粘土でした。
明日からはお仕事のフェイクフードと並行で、
パン作りを復活したいと思ってます。
なんだかんだ言っても、やっぱりパン作りが一番楽しいので 

お仕事で思い出しました。
5月の連休明けに納品した「ハンドメイド専科」さんのお仕事、
やっと順番が巡ってきたようで掲載が始まりました。

自分のブログなので正直にぶっちゃけてしまいますが、
今回掲載されている2本、「フェイクフード材料」と
「フェイクフードBOOK」については、あまり自信がありません 

ブログを見てくださってる方はご存知の通り、
わたしは教室も書籍もまったく無縁に好き勝手にフェイクフード作ってます。
材料も道具もも無収入主婦のラインを超えないように、
手が届く範囲のものしか買わないようにしてるんですよね。
この記事を書いていた時点では「すけるくん」も
持ってませんでしたし、使う道具も全部100均だしね。
なので、あまり参考にはならないかもです。

あ、本については、書店をハシゴして実物を見て選んだので、
間違ったことは書いてませんよ。
全部オススメです 
私もフェイクフードの本は欲しいと思うこともあるんですが、
置く場所もないし、人様の作り方をマネするのもつまらないので、
今のところは自分で買う予定はありません。

2本掲載されたので、この後続いて作り方記事が2本
掲載されるんじゃないかな?
最近の手芸の主流はどうやら布物のようなので、
優先順位的にどうなのかわかりませんが ^^;


楽しい日曜日も終わってしまいました。
明日はまた雨予報なのね。。。 
明日は歯医者さんなのに~ 

そして6月も早後半に突入してしまいましたね。
残り10日でやることが山盛り。
夏をお迎えするにあたり準備もたんまりですが、
どんよりを吹き飛ばして頑張りましょ~~ 



ダン・シャーリー(捏ねません。ただの日記注意です)

あっつぅ~~~ 

なにこれなにこれ。夏なの?熱夏なの?
家の中でじっとしてても汗がダラダラ出るくらい暑いですね。
外仕事の皆さま、ご苦労様です 

昨日までで長年(?)の懸案だった石粉粘土細工が一段落したので、
今日は午後から部屋の片づけをしておりました。
石粉粘土はものすっごく汚れるんです。
机のまわりや床が真っ白くなるくらいに汚れます。
ハンディクリーナーとかウェットティッシュとか駆使して、
机周りをきれいにしました。

さて。
改めてパンを作るために、今まで作ったパンを捨てることにしました。
100均で売っている一番大きいサイズのタッパーに
ふたが閉まらないくらいぎっしりと溜まっていたものを分類して、
目標は8割捨てる!でございます。
約半年の記録なので、できればひとつ残らず取っておきたいところではあります。
でも、さすがに最初の頃に作った100均紙粘土のものは、
取っておいたところで何かに使えるわけでもありません。
これが子供の物だったりすれば、後々懐かしく眺めたりするんでしょうけど、
あいにく懐かしむような美しいオモイデというよりは、
むしろ黒歴史的な?

分類した結果、捨てる物たちがこちら。

s-捨てる0617.jpg

ね?
結構あるでしょ。
中には取っておこうかと悩む物もあったんですが、
迷ったら捨てるって決めてたんでガッツリといっちゃいます。

ちなみに、紙粘土のものはほぼすべてデリート対象です。
一番最初に捏ねた造形粘土のパンだけは、黒歴史の表紙を飾る一片なので
取っておくことにしました。
フルーツやシュガーでトッピングをしたものも、
今見ると使えないようなものは捨てです。

このパンたちを捨てるにあたって、
燃えるゴミに出すべく、金具を全部外したんですね。
そしたら、紙粘土で作ったものは一目でわかるんです。

s-ヒートン0617.jpg

ヒートンのねじにものすごくゴミが貼りついてるのは、
漏れなく紙粘土で作ったパンについていたものです。
紙粘土は組成が荒いので、柔らかくボソッと抜けてしまうのが良くわかります。
比較的きれいな金具は、樹脂粘土についていたもの。
こちらは抜くのにペンチを使うくらい、ガッツリと食いついていました。
やっぱりアクセサリにするには、樹脂粘土じゃないと無理ってことですね。
一部軽量樹脂粘土(ハーティソフト)の物も、
金具に粘土が貼りついて取れてきてました。
予想はしてましたけど、想像以上に汚くてガッカリ。

これらの金具、再利用したいと思ってたんですがね。。。
一個づつ洗って使うのは、かえって無駄な労力な気がしてきました 

結果的に、現時点で残すことに決めたのはこれだけでした。

s-残留組0617.jpg

最近の2か月くらいで作ったものばかりです。
デニッシュは段階的に作り方が変わってきているので、
どうしても初期のものは作りが荒く見えてしまって、
使う気持ちになれませんでした。
成長したのか、単に無駄に無駄を重ねてるだけなのか 

これでまた3か月くらいは、何も考えずにパンを捏ねてもオッケ 
次にタッパーがいっぱいになるくらいまでには、
何とか使える物ばかりになってくれるといいなと思います。

金曜日なので、ねんど遊びの時間は取れないまま終了。
そして来週は、お仕事のフェイクフード作りに取り掛かります。
今回は割と楽なテーマばかりなので、いつもほど追い込まれずに済みそう。
(。。。な気がします 

週末は、久しぶりにリビング粘土をやりたいと思ってます。
リビングはクーラー入れてて涼しいんですもの。
自室は蒸し風呂なので、夏の間どうやって粘土をやろうか悩ましいです。
クーラー付ければいいんですが、なんか一人でクーラー使うのって
罪悪感があるんですよねぇ 
昭和のオンナだから 

というわけで、単なる日記でした。
粘土を期待してくださった方がいたら、申し訳ありません 
来週から、いや、来週お仕事終わったら本気出す!

それでは良い週末をお過ごしください 

シッポよさらば(粘土ポメ最終回)

梅雨らしい毎日が続いております。
もっとも家から出ない引きこもりにとってはあまり関係ありません。
2日ばっかりお買い物に行けないなぁ、困ったなぁ。
その程度。
通勤用に買った雨靴があまり使われることもなくホコリをかぶっております。

昨日今日と粘土ポメラニアンの仕上げにかかり切っておりまして、
お仕事と家事の合間合間にワンコのお世話であります。
昨日ね、ついにワンコに目を入れたんですよ。

s-目入れ0616.jpg

目は、いつものアレで作りました。
あれですよアレ。ガラス絵の具です。
なんか透明で丸くて急いで使いたいものを作るのに
ガラス絵の具が欠かせない身体になってしまいました。
だって便利なんだもの 

こういう生き物のカタチした物って、
不思議なことに目が入ると突然存在感出ますよね。
昨日までは確かにただの粘度の塊だったのに、
目を入れた瞬間から、なんかこっちを見てるんですよ。
ジーーっと 
なので、とにかくせかされてるような気がして落ち着かないので、
急きょ予定を繰り上げてワンコの仕上げをしてしまうことにしました。

最後の仕上げは着色です。
石粉粘土はねんど遊びの一番最初に触った粘土で、
その時はセリアの「造形粘土」ってやつでした。
パンを作ろうとして失敗し、その後も何度も挑戦しては玉砕するという
あまり良い思い出のない粘土です。
で、造形粘土でパンを作った時に、一度は着色まで行ったんですよね。確か。
どうやって着色したかをすっかり忘れちゃってるので、
ネットでいろいろと調べてみました。

アクリル絵の具派と油絵具派がいる模様。
扱いは柔らかくて乾きにくく、混色がなめらかな油絵具の方がよさそう。
でも手元にないし、このためだけに買ってくるのも面倒なので、
いつものアクリル絵の具を使うことにしました。
今回ワタクシ本気です。
どれくらい本気かというと。。。

s-パレット出した0616.jpg

なんとパレットを出してきてしまいました 

普段は捨てるビニール袋の切れ端とかに絵の具を出してるんですが。
今回は水の量とか絵の具の量とかまったく読めないので、
念のために準備だけは整えてからのスタートです。

ネット検索の結果、粘土の人形などの着色は
最初に色の濃いところを塗ってしまうらしいことがわかりました。

s-着色中.jpg

赤で囲ってるあたりです。
すでに上から色を重ねちゃってるのでわかりにくいんですが、
茶色の絵の具で背中と顔のまん中、前足だけ濃く色を付けました。
その上からイエローオーカーとかクリームイエローとかを重ね塗り。

予想通りというか、予想外というか。
形を作るときに毛の筋をゴリゴリと掘ったのが災いして、
絵の具が毛の間に入ってくれないという大ピンチがあったりしました。
どうもほかの作家さん、動物作るのにあまり細かく毛を彫り込まないなと
思ってはいたんですよね。
そういうことなんだね。
石粉粘土は粒子が荒いというか、水分を吸ってしまうので、
デコボコが多すぎる形だと着色が超メンドーです。
しかもあとからどんどん粘土を盛り足したりしたので、
体中デコボコの塊で本当に難儀しました 
もし次に動物作ることがあったら、毛は最小限しか掘らない。
絵の具で毛足を書いた方がはるかに楽だと思います。

実はこの着色の時に、何枚か作業写真を撮ったはずだったんですけどね。
どうやら失敗してた模様で、お見せすることができず申し訳ない 

とはいえ小さいものなので、1時間ほど頑張ったら終わりました。

s-ポメ完成0616.jpg

口は難しかったですよ~ 
真っ黒は失敗したときにかなりイタイので、
プルプルしながらちょっとづつ塗りました。
思ったよりはブサイクちゃんじゃなかったようで一安心です 

これにて構想半日、製作期間約4ヶ月(うち3か月半は放置期間)、
総製作費ほぼ0円の長い戦いが終わりました。
ホント、妹からプルミエを貰わなければ一生やらない挑戦でしたね。
実をいうと、かなり楽しかったです。
また作るかどうかはわかりませんが、
プルミエがまだ3/4ほど残っちゃってるので、
なんかの形では使おうと思っております 

ポメ、本当におつかれさまでした。
時間かかっちゃってゴメンね 

s-後ろ姿0616.jpg

そして昨日、ワンコの目をちねって乾かす隙間に、
こちらも完成させました。

s-イタリアパンブローチ0616.jpg

大型ブローチ台のパン盛り合わせ、イタリア組です。

レジンで土台を作った上に、セメダインスーパーXを使って
パーツを張り付けてあります。
ただ、レジンと粘土って意外と貼りつきにくくて、
セメダインを固定するために指で押さえておかないとなりませんでした。
ツルツルなので、滑ってずれてっちゃうんですよ。
これは想定外でちょっとびっくり。
乾くまで安定しなくて大変だったので、
最終的にパン同士を組体操みたいにがっちりスクラム組ませて、
パン同士の接着力で形を作った感じです。
完全に乾燥したら、思ったよりもしっかり貼りついてくれて一安心。
この調子で次はフランス組も組み上げちゃおうと思います。


昨日モツカレーを煮たので、今夜は恒例のカレーうどん。
ご飯炊かなくてよいので余裕があります。
いんげん茹でたり浅漬け作ったら、チョチョイとお仕事をしようかな。
最近ナニゲに仕事にも燃えてるんですよね 
アタシとしたことが。
ああ。だから雨が降るのか 

明日は楽しみな金曜日。
雨も朝には上がりそうなので、頑張って家事をしますよ!
早く来い来い金曜日~~