にっく肉にしてやんよ(石粉肉続きと粘土パン着色)

7月最後の平日の夜が静かに更けてまいりました。
本当にあっという間ですねぇ。
今月もバタバタと忙しく終わってしまいました。

本当なら午後一杯使って今月の粘土納めをする予定だったんですが、
思ったよりも時間が短くなってしまいました。
とりあえず机の上を占領しているものを片付けてしまいましょう。

昨日質感まで追加した石粉粘土の串焼き肉でございます。
本日はいよいよ勝敗を決める、肉汁の1回目に取り掛かります。

まずつくねから。
犬のにしか見えない粘土の塊に
ガラス絵の具で油っぽいタレを絡めていきます。

s-肉汁0729.jpg

使っているのは焦げ茶色のガラス絵の具。
くぼんだ所=絵の具がついていない白いところを狙って、
集中的にガラス絵の具で埋めていきます。
雑そうに見えて実は細かいという、
なんというか報われない作業でございます。

とりあえず1周完了。

s-つくね0729.jpg

ちょっと肉っぽくなってきた?
まだ全体的に石粉っぽい表面なんですが、
この調子で少しづつ色を変えながら全体にタレを絡めます。
う~~~んと、あと2回くらいかな。

続いて串焼き肉の方も同じように隙間に絵の具を詰めました。

s-肉0729.jpg

肉っぽくなったっていうより、
濡れおかきっぽくなった 
まあいっか。
これもつくねと同じようにニスを塗り重ねて、
何とかせんべいから肉に進化させるように頑張ります。

あとは、棚で忘れ去られてた
マグネット入りパンの着色とトッピングをしちゃいました。

s-パイパイ0729.jpg

s-グズべり0729.jpg

s-パイ0729.jpg

この辺の作業は、もう何度も手順を上げてるので割愛。
先々週に着色してトッピングをしたパンたちと一緒に、
砂糖を掛けたりグラサージュしたりして仕上げる予定です。
上手くいけば来週の月曜日にでもやってしまいたいと思います。

ということで、今週のねんど遊びはおしまい。
明日、明後日はお仕事も粘土もお休みしてまったりします。
明日は都心までお友達とランチしに行くので、
人の集まるスポットがあったらちょっとポケモン集めてくる!

この先しばらくムシムシと暑い日が続きそうですね 
夏バテしないように気を付けましょうね 


飽きの味覚?(すけるくん銀杏と石粉肉続き)

いや~~
昨日はねんど遊びできませんでした。
てっきり納品完了と思っていたお仕事ですが、
改めて本数を確認してみたら一本足りないことが発覚 
7月中に10件の記事アップの契約だったんですが、
おとといまでに10件終わったと思って安心していて、
昨日の朝完了メールを送ろうと改めて数えたら一本足りな~い 
どうやら6月末に納品したものを更新して、
その日付が7月になっていたのを見誤ったみたいでした。
ありゃりゃ。。。

仕方ないので昨日は通常業務に加えて記事一本分作成。
記事って、あらかじめテーマとかデータとか考えて集めて作るので、
急いで書こうと思うと時間がかかってしょうがありません。
自業自得なんでしょうがないんですけど 

そんなことがあったので、1日ぶりのねんど遊びです。
今週も残りわずかなので、やりかけの作業をまとめて片付けてしまいます。

まず肉。
おととい下地の肉色を塗った石粉粘土の塊に、
肉っぽい質感とか追加の着色とかをしていきます。

その前に、金串を刺してみようとしたんですが、
・・・・グググ・・・刺さらぬ 

元々竹串で成形してしまったので、
平たく太い金串がすんなり刺さるはずもなかったんですが、
所詮粘土VS金属なので、何とかなるんじゃないかとタカをくくってました。

仕方ないので最初に穴を広げます。

s-丸ヤスリ0728.jpg

まず丸い金ヤスリを使って穴を横に広げます。
ゴシゴシゴシゴシ・・・・

次に平たい金ヤスリでさらに穴を大きくします。
ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ・・・・

s-平ヤスリ0728.jpg

うっかりすると薄いところからぽきっと割れてしまうので、
力を入れないように少しづつ穴を広げました。
全部のパーツにこれをやって、やっと金串に刺さる状態。
ギャオ~~~飽きた~~~ 
しかも粘土の粉が散って、机も作業用スカートも床も真っ白 
これが石粉粘土の一番いやなところであります。
校庭にラインを引く石灰みたいな細かい粉なので、
パッパと払ったくらいじゃ落ちないんですよぅ 

汚れちゃったものは仕方がないので気を取り直し、
改めて肉の質感を追加します。
椎茸の時は傘の内側の線を付けたら
一気に椎茸っぽくなってびっくりしましたが、
肉の場合は繊維に沿って線をゴリゴリと掘るところから。

s-筋0728.jpg

平ヤスリの角を使って、粘土の横方向に細かい筋を付けていきます。
よく考えたら、この作業は色を付ける前にやるべきだったんだよね 

大体こんなもん。
肉の繊維っぽい筋を刻み終わりました。

s-肉っぽい0728.jpg

ちょっと見た目が肉っぽくなったはいいけど、
今度はせっかく塗った色が剥げた部分がたくさん。
まあどっちにしても追加で色を付ける予定だったので、
茶色の油絵具を使って色を追加します。

s-茶色0728.jpg

完全に茶色くせず、あちこちにムラができた状態でストップです。
この絵の具が乾いたら、最後にニスを使って肉汁をまとわせる予定。

そう。
元々この石粉粘土細工は、蚊取り線香器の飾りのために作ってます。
蚊取り線香は火を使う器具なので、
燃えにくい石粉粘土をあえて選んでます。
ところが、実際に椎茸を乗せていろいろ試したところ、
飾りが乗るあたりまではまったく熱が上がってこないことが判明しました。
手を当てても暖かさすら感じないくらい、
火からは遠いんですよね。

だったら樹脂粘土か紙粘土で良かったんじゃね?
って気もしますが、それはそれ。
石粉粘土でフェイクフードを作るチャレンジなので、
そこはまあ、気にしないことにしました。
ただ、火気や熱気がまったく関わらないとわかれば、
仕上げの選択肢はグッと広がります。
すなわち、アクリルニスやガラス絵の具が使えるってことです。
これは福音ですわ~~ 
椎茸はまだしも、肉の塊は脂のテラっとした感じを
どうやって出したもんか悩んでたんですよね。

油絵具を重ねたので、またしばらく乾燥させておきます。

s-串焼き0728.jpg

余った絵の具で、つくね串の方も色を足しておきました。

s-つくね0728.jpg

まだちょっと犬の●●●感がぬぐえませんが、
こちらもタレをまとわせればちょっと変わってくるはず。
・・・だと思います・・・・ 

石粉粘土が終わったので、次、ギンナン仕上げます。

銀杏はあとから作った殻がむけかけたやつの仕上げからです。
すけるくんの銀杏の実のまわりに、皮を模して薄くモデナで覆った部分。
カッターや先細のハサミを使って、殻っぽい固い感じにカットしてみました。

s-割れギンナン8.jpg

こんなもんかな?
左のやつが、思ったより皮が厚くなっちゃってまして
このままだとちょっと不格好ですね。
もう少しカットするかなぁ・・・うーん・・・悩む。

おとといモデペで薄皮(しぶ)を作った
渋皮付きのギンナン。
こちらはかなり良い感じにできていました。

s-しぶ付き0728.jpg

自分で言うのもナンですが、中々リアルにできたと思います。
うかつにクッキングシートとか使わなくてよかったかも 

途中の処理が必要なものはすべて終わりました。
あとはすけるくんがもう少し完全に乾くまで、
乾燥棚で放置してみます。
来週いっぱい乾燥させる?
そこまで置かなくても大丈夫なのかな 
ホント、すけるくんは謎すぎて、
何が正解なのか全くわからんちんでございます。

銀杏の集合写真(笑)


s-勢ぞろい0728.jpg

これで手元で作業待ちの物はなくな    ・・・
あ・・・
リハビリパンのいくつかが未着色じゃった~~ 

明日は乾燥棚を整理しつつ、
未着色のものがあればまとめて片付けてしまいます。
来週からはお仕事フードも作らねばならぬので、
7月のやり残しがないようにしておかないとね。


明日は金曜日!
そして7月ももうおしまい!!
家事も仕事も遊びも、見落としがないようにちゃんと締まりますように 

そして関東は梅雨が明けた・・・・・・ 

おしりペンペン(すけるくん銀杏の続き)

朝部屋へ行ったら、机の上に昨日色を塗った石粉粘土の肉がドンと置いてあり、
見たとたんにブルーになってしまったくらげです。
あーもー。
昨日のアタシめ!これをどうしろと言うのか 

誰もいない家の中で一人ボケツッコミしてても痛いだけなので、
とりあえず肉は見なかったことにすることにしました。
どうせまだ油絵具乾いていないので、
続きはまた明日のアタシがんばれってことで 

毎日ポケモン話で恐縮ですが、
どうやらうちの近所にヘビーなポケモンユーザーがいるらしいことが判明。
家の中からタッチできる位置にポケストップという
アイテムもらえるポイントがあるんですが、
そのポイントで特殊なアイテムを使うと、
一定時間ポケモンが湧きやすくなるようなんです。
誰かがアイテムを使うとポケストップがキラキラするので、
一目でわかるようになってます。
で、夕べ何気なくポケモンを起動したら、
そのポイントがキラキラ光ってました。
どうやら同じポイントにいる人は恩恵にあずかれるらしく、
キラキラしてる間はポケモンが湧きまくりでした♪
少なくとも2回は連続でアイテムを使ってたっぽいので、
1時間余りで結構な数のポケモンがゲットできてラッキー 
今夜も来てくれないかなと思ったら、
雨なのね。。。 ザンネン 
誰かは知らないけどまた来てね~~
待ってるわ~~ 

さて、10日ほど前にすけるくんで作り始めた銀杏ですが。

s-銀杏0726.jpg

なんか少し透けてきたっぽい?
すけるくんに期待する透明度にはまだほど遠いですが、
作った当初に比べるとちょっと銀杏ぽい色になってきたような気がします。
サイズも一回り縮んで、ちょうど銀杏のサイズに近い感じになりました。
このまま食べられそう。。。じゅる 

もう1週間ほど乾燥させる予定ではあるんですが、
ちょっと一つやりたいことがあるので針金から外してしまいました。

あれ?
なんか内側が茶色くなっちゃってる??
なんだろう、これ。

s-カビ0726.jpg

針金が錆びちゃったのかと思ったんですが、
ステンレス針金なのでそんなに錆びないんですよね。
針金側には異常はありませんでしたし。
よく見るとほかにもいくつか同じように内側が汚れたのが見つかりました。
針金にこびりついてた前のパンの汚れが入り込んじゃったのかな 
同じ針金を拭きもせずに使いまわしてるからこうなるんですよね。
自業自得。
やっぱり道具は毎回きれいにしなきゃだめよね。
って、今さらかよ 

この銀杏、完全に乾燥したら加工をして
ちょっとしたアクセサリにしようと思ってます。
でもこのままだと全部同じような感じで面白みがないので、
さらにリアルな銀杏を目指して、渋皮を付けてみようと思いまして。

渋皮の付け方ですが、最初はクッキングシートを貼ろうかと思ってたんですね。
シワッシワにして、黄土色で色を塗ったらそれっぽくなるかなって。
でもそうすると、継ぎ目とかカーブに沿ったとこのシワの処理とか、
クリアしなきゃいけない問題があまりにもたくさんあるんですよね。
なので、もっと短絡的に、直接渋皮を作ってみることにしました。
使うのは、毎度おなじみモデペ(モデナペースト)様です。

水で緩めてアクリル絵の具で着色した
ベッチャベチャのモデペを用意しました。
それを先が硬めの筆に付けて、銀杏のお尻にペンペンとつけていきます。

s-しぶ0726.jpg

ありゃ、ちょっと水が多すぎてモデペがユルい 

ま、しかし粘土なんで、根気よく何度も重ねていけば
多分きっと何とかなるはず。

s-さらにしぶ0726.jpg

モデペ、乾くと本当に色が濃くなるんですよね。
もっと薄めの黄土色にするつもりが、
ガッツリ茶色っぽい渋皮になってきちゃいました。
作ったモデペが切れたところでいったん終了です。

s-しぶ付き0726.jpg

どうよ。
ちょっと渋皮っぽくなってきた?
なんで絵の具で直接色を付けなかったかというと、
この少しシワシワした感じを出したかったからです。
思いのほか良い質感になってくれてシメシメ 

1日乾かして、色味を見て、
もし厚みが足りないようなら明日もう一度追いペンペンしておこうかな。
本当は少しペリっとはがれた感じも出したいんだけど、
たとえ作ることができたとしてアクセにしたら剥がれちゃうし、
そこまではあきらめることにしました。

これをやってる間にもうひとつ思いついたことがあるので、
こちらはペーストじゃないモデナを取り出してちょっとこねます。

s-殻付き0726.jpg

殻付きギンナンにしようかと思って。

銀杏は、まあ言ってしまえば単純な楕円形。
本物っぽくするために、先っちょをつまんでとがらせて、
脇に細く縁っぽい筋を付けます。
指先でチマチマとつまんでみました。

s-tumami0726.jpg

2個作ったら粘土がほんのチビットだけ余っちゃったんで、
少し縮みすぎちゃった銀杏の実に着せてみました。
カラ剥けかけぎんなん 

s-殻付き20726.jpg

この剥けかけ君は、殻のモデナが乾いたら
カッターでもっと鋭角に割れた形にカットするつもりです。
上手くできるかな?
モデナは元々乾燥してもカッターで切れるのがウリなので、
何とかなるんじゃないかと踏んでおります。

銀杏、なかなか楽しいです。
つーてもあんまり使い道が多い食材じゃないので、
たくさん作っても仕方ないんですけどね。
今回作ってるのが上手く完成したら、
また何か加工する目的を考えてリトライしたいな。
それくらい作ってて楽しかったんですよね 

今日は銀杏で時間切れ。
久しぶりにモデペも触ったし、
銀杏は思った通りに完成に近づいてるしでご機嫌です 
そして明日こそは、ほっぽり投げちゃった肉をどうにかしないとな。
寝てる間に小人さんが仕上げてくれたりはしないかしら 
ポケモンさんでもいいんだけどな。。。

そういえば、ハンドメイド専科さんから次回のテーマが送られてきました。
また5本、作り方の依頼です。
今回から、納期を1ヶ月に伸ばしてもらうことにしました。
なので、1ヶ月に5本だけ納品すれば良いことに。
2週間だと5作品作るだけでいっぱいいっぱいになっちゃうし、
すでに2回分納品済みの物も8月中にアップされるかどうかという
スケジュール感だし。
余裕があるならそれに越したことはないですからね。
のんびりじっくり作っていこうと思います。


さーて。
今夜はパパさんリクエストでカレーライスです 
手間はかからないけど、玉ねぎをじっくり炒めたいので
早めに取り掛かりましょ。
鰹節の使いどころがないんだけど、まあ一日くらいは勘弁したるわ 

明日は雨はやむのかな?
7月も末、もうすぐ梅雨明けしそうな気配ムンムンですよね。
暑くなったらどうしようかな。
夏が来るのがコワイよぅ 

じりじり前進、時々後退(石粉粘土焼き肉と100均箱デコパージュ)

夏休み最初の月曜日、いかがお過ごしでしょうか。
わたしは家から出ずにポケモンをゲットしつつ
地道に内職をこなしております。
電源つなぎっぱ、ポケモン起動しっぱで、
スマホがバイブしたら慌ててポケモンを捕まえてます。
落ち着かないことおびただしい。
もちろんレアなポケモンなんてうちに遊びに来てはくれないので、
地道にコイキングとかコラッタとかを延々集めております 

で、ポケモンで気がまぎれるのが良いのか、
午前中で月間予定件数の納品をほぼ完了。
あと2、3本仕上げれば余裕でクリアってとこまでこぎつけました。
は~~良かった。何とかなった 

先週末までバタバタと雑な手遊びをやり散らかしてしまったので、
週明けからはそれらの終息に向けて少しづつ片づけを始めました。

まず、フェイクフードでデコろうと買ってきた100均箱。
その周りのデコパージュ液の重ね塗りから。

と思ったら、なんか箱のふたがきちんと締まらなくなっちゃいました。

s-締まらん0725.jpg

アクリル絵の具とデコパージュバーニッシュを塗るために、
少しふたが浮くように中にものを入れて作業してたんですが、
どうやら蝶番のあたりに絵の具がこびりついちゃって
締まりを悪くしている模様です。

s-白いやつ0725.jpg

うわ、きったない 

元々作業に丁寧さを欠く性格な上、
どうせ100均箱だっつー侮りが雑さに輪をかけてしまった様子。
このままだとせっかく仕上がっても
ふたが閉じないダメ箱が出来上がってしまいますのぅ 

ま、デコパージュまで終わったら、不要な金具部分の絵の具は
まとめて落とすことにしましょう。
どうせニスで汚れちゃうんだし 

そんなこんなで箱を眺めていたら、
なんとなくムラムラきてしまったので、
当初の予定を変更して箱自体を少しだけデコることにしました。
側面にレトロアメリカンなシールを貼ってみます。

s-シール0725.jpg

これ、フレークシールと呼ばれる手芸用シールです。
レジンの封入なんかに使うらしく、セリアのレジンコーナーに
色んな種類が売ってたんですよね。
レジンをやってた頃に後先考えずに買い込んで、
そのまま放置されておりました。

シールを貼ってしまったからは、
デコパージュも少し本式にやらねばなりません。
すなわちシールが完全に覆われるくらいまでバーニッシュを塗り重ね、
そのあと紙やすりで表面をツルツルに磨き上げるところまで、
って意味です。
ふえぇぇ。。。考えるだけで気の遠くなるような道のり 
デコパージュもそれはそれでなかなか楽しいんですが、
余りにも久しぶりなので、やり方忘れちゃってます。
まあ、いいか。
夏休みが終わるくらいまでに仕上げるつもりでゆっくりやりますわ。


そして、石粉粘土の串ざし肉。
どう見ても肉に見えないこのシロモノを、
色だけで何とかねじ伏せようっていう無謀な力技に挑戦。

まずつくね串。

s-つくね0725.jpg

写真右の方に、完全にボロボロになったスポンジが写ってます。
石粉粘土は表面が荒いので、
すぐにスポンジがダメになっちゃうんですよね 
しかも案の定、隙間の白いところに色がついてくれないという。

仕方ないんで、いいかげん使い古した筆を
一本犠牲にすることにしました。
さすがにこの細かい隙間は筆でないと無理っぽい。

何とか全体に地色の薄茶色が付きました。

s-つくねなのか0725.jpg

なんか、犬の×××みたい。。。。 
どっからどう見てもつくねには見えません。
さすがにノリと勢いだけでフェイクフードを作るわたしでも、
これが肉になるようにはどうしても思えません 
う~~~~ん。。。どうしよう。。。。

とりあえず下地の色が乾いてから改めて考えよう。
明日のアタシ、ごめんね 

どうせ明日のアタシに怒られるならってことで、
牛串の方も同じ色で地色付けちゃいました。

s-肉nanoka0725.jpg

アハハハハハハハ。。。。
ニクジャナイ、ニクジャナイヨー 

明日机の上のこいつらを見て、
わたしは何を思うんでしょうね。
ま、いっか。
がんばれ、明日のアタシ 


そうそう。
ずいぶん前から欲しかったかつ箱(鰹節削り器)を
パパさんに買ってもらったんです 
あのカンナみたいな刃で固い鰹節をシュッシュッて削るやつです。
欲しい欲しいと思いつつも置く場所もないし、あきらめてたんですが、
突然AMAZONさんが持ってきてくれてテンション上がりまくりです。
毎晩せっせとカツブシをかいております。
(主にパパさんが)
夕べはかきたてのカツブシでおだしを取った(パパさんが作ってくれた)おでんでした。

今夜はその残りにさらに具をつぎ足して、
二日目のおでん食べます 
お浸しにもかきたてのカツブシ。
(パパさんがけずっ。。。以下略)
あぁ、幸せ 

そんなわけなんで、この先しばらくは鰹節メインのメニューになりそうです。
って、鰹節メニューって何があるんだろう 

練ってちぎってBBQ(トマトの仕上げと石粉粘土肉と箱)

おとといの日記を日曜日の夜も寝る直前になって書いているという。
自分でも何やってるんだろうと思います。ホント。

この週末にかけては、たまりまくったお仕事を片付けたり
昨日の土曜日はお友達と会って昼から飲んだくれたり(またか!)、
ついでにポケモンGOを始めてみたり、いろいろやってました。
ポケモンGO、まだよくわかってないんですが、
家からまったく動かない主婦でも楽しめるもんなんですかね?
幸い家の中からアイテムがもらえる「ポケストップ」という
ランドマーク的なポイントにアクセスができるので、
モンスターボールとか回復薬とかには不自由しなさそうですけど 

さて、週末にやった手遊びをまとめて書いておこうと思います。
まずは、ステンシルに失敗して真っ白く塗ったくっちゃった
100均のアクセサリボックス。
そのままでは表面がざらざらしてきれいじゃないので、
デコパージュの応用で表面処理をしてしまおうと思います。

使うのは「デコパージュバーニッシュ」という、
まあニスですね。
一般的にはデコパージュ液という名前で売られてます。
これは10年くらい前に買ったものですが、
最近では100均で少量パックも売ってたりしてびっくりです。

s-バーニッシュ0724.jpg

デコパージュの場合、プリントペーパーや写真を貼りつけて、
このニスを厚塗りして封じ込めていきます。
物にもよりますが、大体20回~40回くらい塗り重ねてから
水を付けてやすりでこすって表面をツルツルにします。
それくらい塗り重ねないと、貼りつけた紙なんかの段差が埋まらないからなんですが、
だからデコパージュの完成品は、まるで絵がガラスの中に閉じ込められたような
すごくきれいな仕上がりになります。

今回は箱の表面を平らに均せばいいだけなんで、
そこまでネチネチと塗り重ねるつもりはありません。
まあ、せいぜい10回くらいですかね。

s-ニス0724.jpg

とりあえず塗っては乾かしを繰り返して、
5回くらいまで塗り重ねてみました。
まだボコボコしてるので、完全に乾いたらさらに塗り重ねる予定です。
最後のヤスリ掛けは多分やらないかな?

そして、ちょっと前に作っておいたこのパーツの仕上げ。

s-両面テープ0724.jpg

カットトマトです。
仕上げは定規に弱粘性の両面テープで固定して、
レジンで種のまわりのプニプニを作ります。
その時に一緒に種の粒々を付けるんですが、
今回使ったのがこちら。

s-砂0724.jpg

砂です。
熱帯魚の水槽の底に敷く砂。
フェイクフードを始めたばかりの頃、ケシの実を探してて
ホームセンターで安かったので購入しました。
これが結構お役立ちで、ケシの実にはちょっと向かないんですが、
スパイスミックス風な仕上げをするときなんかに便利に使っております。
なんたって1kgも入ってるので、多分一生かかっても
使い切れない模様です。
このさい熱帯魚でも飼っちゃう?
って勢いでまったく減りません 

レジンを用意します。
最初にトマトを作った時は、種のまわりのプニプニを
オレンジ色で作りました。
その後よく考えたら、トマトの種のまわりってなんか黄緑色ですよね 
なので今回はちょっと緑がかった黄色のレジンを作りました。

s-トマト0724.jpg

つまようじを使って、レジン液を種の穴に詰めていきます。
小さいので指先がプルプルする~ 

s-種0724.jpg

レジンを入れたら、種代わりの砂を詰めてからUVランプで硬化。
硬化したものがこちらです。

s-トマト完成0724.jpg

でもって、これも前回はやらなかったんですが、
種の穴を成形したときにちょっと丸くなってしまった
皮の部分を平らにするためにやすりをかけます。

s-ヤスリ0724.jpg

使ってるのはネイル用のヤスリ。
この爪ヤスリ、目の粗さといい持ちやすさといい丈夫さといい、
粘土の作業にとても使いやすくてお気に入り。
気が向くとついでに爪先も整えてみたり 

トマトはこれで完成。
あとはいつになるかわからない使われる日を
パーツ箱の中で待ち続けることになるのでございます。
あな不憫。。。 

もうひとつ、今度は石粉粘土の「造形粘土」を取り出しました。
蚊取り線香器の上に乗せた椎茸を作った残りです。

パパさんが蚊取り椎茸をいたくお気に入りで、
他にもいろいろと乗せたい風情を醸し出しているので、
追加のアイテムを作ろうと思いまして。
で、前回野菜だったので次は肉だろってことになりました。

s-肉0724.jpg

肉。
の串焼き。
最初はバラ肉にしようと思ってたんですが、
造形粘土で透明感のある脂身を作れる気がしないので
赤身の牛串にすることにしました。
ホントにねんどを捏ねてからテキトーにちぎってブッ刺しただけです 
なんてぞんざいな(それを自分で言うか 

もうひとつ、今度は捏ねて丸めて串にさすだけという
さらに手抜きな一品を追加。

s-つくね0724.jpg

アルミホイルでボコボコさせて、
こちらはつくね串になる予定でございます。
完全に乾いたら油絵具で着色しますが、
果たしてこんなものが本当に肉になるのか
自分でもよくわかりません 
どちらもとりあえず手持ちの竹串で形作りましたが、
最終的には100均で金串を買ってきてそちらに指す予定です。
いくら直接火に触れないとはいえ、竹串はちょっと不安があるしね。


というわけで、駆け足で週末の作業を書き留めてみましたが、
取り留めないことおびただしいですね 

気付いたらもう月末まで1週間を切っちゃってまして、
内職のWEBライティングの納品予定数を仕上げるには
かなりキツキツな感じのスケジュールになってました。
フェイクフードのお仕事程は時間がかからないとはいえ、
やっぱりお約束はお約束なので、しっかりやらんといけませんね。
明日から頑張ります。

またしてもパンをこねる方がなかなか思うように進みませんが、
とにかく作りたいパンを一生懸命探しているところです。
なんかおいしそうで美しいパン、ないかなぁ 

もうすぐ梅雨も開けそうだし、
夏に向かってちょっとやる気出します 
ポケモン育てるために、少し外にも出ないとね~