ハッピータイム(いろいろ仕上げてご満悦回)

いよいよこの日がやってまいりました。
先週今週と2週間にわたってこまごまと作りためてきたフェイクフードたち。
アクセサリーパーツや磁石を付けて、完成形まで持っていきます。
何回やってもワクワクする、心躍る作業です 

まず朝一で、パンマグネットに最後のニス塗り作業。
土台も上に乗せるパンも完成時に一度ニスを塗っているので
この作業はまあ、要らないといえばいりません。
何でやるかっていうと、
1.パンを貼りつけたときにはみ出した接着剤を目立たなくする
2.全体の質感を統一して一体感を出す
という2つの理由からです。
ニスも完全に乾くのに1日かかるので、本当ならここまで前日にやっておくべき作業です。
まあ、間に合わなかったんで仕方ないっていうか(ゴニョゴニョ・・・)

この時に塗るのは、マットタイプと言ってツヤが出ない方のニスです。
パンとパンの隙間や側面も漏らさずに、薄~く塗ります。
ニスは大体そうなんですが、薄く塗った方がきれいに仕上がります。
マットでもクリアでも一緒です。

s-追いニス1030.jpg

薄塗りなので、半日もすると少なくとも表面は完全に乾燥します。
そしたら今度はグロスタイプ(光沢タイプ)のニスを、
フルーツとかデニッシュのバター的な照りが欲しいところだけに
ちょっとだけ塗り重ねます。
マットニスってすごくて、一度グロスを塗ってテカテカしたとこでも、
上からマットを塗ると一気にテカらなくなるんですよ。
なので、目立たせたいつやっぽいところだけ、もう一度上掛け。

これでパンマグネットはあと磁石を貼るだけになりました。
幸い天気が良いので、風通しの良いところで乾かしておきます。

今回作ったマグネットで、一個だけどうしても不満が残るやつがあったんですよね。
コレです。

s-スキマ1030.jpg

赤丸で囲った隙間が、なんだかマヌケでどうしても気になる 

この部分にパーツを足すことにしました。

お芋や栗を作ったすけるくんの残りがあったんで、
改めてガラス絵の具でお芋の皮を付けます。

s-芋皮1030.jpg

ガラス絵の具が乾いたら、カットしてさつま芋の輪切りを作りました。
これを気になるスキマに貼りつけます。
ニス塗りと並行作業なので、乾燥しながらチョコチョコと進めておきます。

デニッシュが一段落ついたので、レンゲ盛りのごはんセットに
金具を付けてアクセサリにしました。
リアルサイズのレンゲなので、キーホルダー以外の用途が思いつきません。
毎度同じでちょっと不満は残りますが、今回もキーホルダーにしておきます。

パンたちのニスがほぼ乾いたので、裏面にセリアで売ってる
強力なマグネットを貼りつけておきました。
マグネットを付けると、パン同士が勝手にいちゃいちゃとくっつきたがるので、
距離を開けて金属に貼りつけた状態でさらにニスを完全乾燥させておきます。
このまま一晩乾燥させれば、明日出かける前までにはしっかり乾くはず。

さ~て。
お楽しみの写真タイムの始まり始まり~~ 

まずパンマグネット5個です。

迫力満点で結構お気に入りのでかいやつ。

s-ハードブレッド1030.jpg

同じくデカくて菓子パンがてんこ盛りの楕円型。

s-菓子パン1030.jpg

パパさんが一番気に入ったのは、女子力高そうなフルーツデニッシュだそうです。

s-デニッシュ1030.jpg

自分用に一つだけ取っておくとしたらこれにしたい、渦巻きパンのバラっぽいやつ。

s-バラ1030.jpg

最後に、付け焼刃的にお芋を乗せた秋のデニッシュセットです。

s-秋のパン1029.jpg

ふぅ。。。
やっと完成してうれしい反面、こうやって明るい光で写真を撮ってると、
早くも次はどんなのを作ろうかと考えちゃいますね。
デカいサイズも大変だったけど楽しかったなぁ。。。とか 

金具を付けたレンゲご飯2つは、ぶら下げてみるとやっぱり大迫力です。

s-レンゲ1029.jpg

ついでに作った納豆ピン。

s-納豆ピン1029.jpg

これこそ使い道ないですねぇ 

あと、アクセサリ金具箱を漁っていたら、
いつ買ったかわからないこんなパーツが出てきました。

s-ヘアピン1030.jpg

ヘアピン。
小さめのパンを付けてみました。
わたしはベリーショートなんで使えないんですけど、
女の子がいるママさんにでもプレゼントしようかな?

・・・・・ていうか、一番右!!
いくら気に入ったからってそのデザインはどうなの。
「頭に納豆ついてるよ」って言わせたいのか? 

夕方に全部の仕上げが終わったので、今日でこのシーズン終了です。
次に何を作ろうか、明日みんなの反応を見たりしながら悩もうと思ってます。
最初はパンだけこねてれば幸せだったんですが、
ハンドメイド専科さんのお仕事や友人のリクエストやらでいろんなフェイクフードを作るようになって、
最近は本当にいろんなものが作りたくってたまらないんですよね。
作ったことがないものにチャレンジしてみたいです 

ハンドメイド専科さんにも、着々と前回納品分が掲載されております。
今日はコロッケ回が上がってました。
あとはミカンとトマトが明日明後日あたりに掲載されるはずです。
次回の契約もいただいていて、ほぼ全部初チャレンジの物ばかり。
ウフフ~~どうやって作ろうかな~~楽しいな 

お仕事といえば、在宅ワークを仲介している会社で11月にイベントがあります。
そのイベントに作品展示のブースを出させていただくことになりました。
ハンドメイド専科さんに納品したフェイクフードを中心に、
お気に入りの物を何点か出典する予定です。
イベント自体は登録している在宅ワーカーしか入れないらしいので、
皆さまに見に来てくださいって言えないのが残念ですが、
家族でも友人でもないアカの他人様にお見せする機会ってほとんどないので、
ちょっとワクワクしております。


さて。
明日はお別れ会の前に浅草橋に回って、ちょっとパーツを買い足す予定。
パーツ専門店とかパッケージ専門店とか久しぶりなので、
とっても楽しみです 
お寝坊しないようにしないとね。

次のブログは、おそらく火曜日以降になる予定です。
月曜日は月末日なので、一日中お仕事に貼りつく可能性大です。
次は何を作りましょうね。

それでは今夜はこの辺で。
良ければまた遊びに来てくださいね 




一段落(粘土パンマグネット完成)

寒い寒い寒い~~ 

関東地方は冷たい雨が降っています。
足元から冷たさが上がってくるような夜です。
もう、本当に冬が来てしまったんですね 

今日はお買い物に出ない予定でいたんですが、
パパさんのお酒専用冷蔵庫をチェックしたら、なんと!
パパさんの晩酌用のビールのストックが切れてしまっておりました。
こりゃイカン!
どっちにしても明日の朝のパンを買ってきたい気持ちもあったので、
朝のお仕事が終わるや否や、雨が降り出す前にお買い物に出かけました。
が。
降られました 

気象庁の嘘つき~~!
雨はお昼頃からって言ったじゃ~ん!
まんまと雨の中、ブルブル震えながら帰ってきて、ソッコーお風呂沸かして入りましたとも。
風邪ひいちゃうじゃないですか、まったく 

さて、今日は金曜日。
今週最後の平日なので、このところかかりきりだった
粘土パンのマグネットの仕上げをしてしまおうと思います。
今回作ったパンたちはこんな感じ。

s-準備1029.jpg

土台が5個なので、テーマを決めていろんな形を作りましょう。
・・・って最初は思ったんですが、
なんか考えてるうちにめんどくさくなっちゃったので、
例によってノリと勢いで組み合わさるものからどんどん乗せていくことにしました。

まず考えないといけないのが、初めて作る大型の土台2個です。

s-菓子パンの悩み1029.jpg

一個は最初から地味なハードブレッドてんこ盛りで行こうと決めてました。
そんでもう一個の左側の方は、サイズが大きめに出来上がっている菓子パンを中心に
色々と組み合わせようと思ってたんですが。

サイズが合わない 

またですよ。
今回はちゃんとサイズを合わせて作ったはずなのに、
なぜか組み合わせる段階になるといろいろとおかしいことが発覚しちゃうの。
なんでだろう。
ムリヤリ大きさが同じくらいのデニッシュを乗せては見たものの、
今度はバランスがおかしくてピンと来ません。
困ったなぁ。

そんな時にどうするかっていうと、過去に作って使い道がないパンたちを
ガサゴソと漁ることになります。
タッパーオープン!

s-保管箱1029.jpg

一度大幅に断捨離したので、意外と数は多くありません。
ひっかきまわしてたらこんなのが出てきました。

s-懐かしの1029.jpg

うわわ~~懐かし~~。
このソーセージロール、いつ作ったやつだろう 
サイズがちょうどよかったので、ちゃっかり使うことにしました。

パン同士の接着は、通常だったら木工用ボンドで充分です。
ただ、マグネットやスマホケースみたいな実用品に限っては、
触る頻度が高いのでより強力な「スーパー多用途SU」のソフトタイプを使います。
ソフトタイプじゃなくてもいいかもなんですが、
硬いとぺリッと粘土の方が負けちゃいそうなので、
"遊び"がある弾力性の高いソフトタイプを選んでたりします。

ビッグサイズマグネット2個、できました 

こっちが地味パンセット。

s-渋パン1029.jpg

こっちが菓子パン盛り合わせでございます。

s-菓子パン1029.jpg

クリームパンに紙が貼ってありますが、こういうコロネありますよね?
クリームの色がちょっと黄色すぎたので、お茶目にクッキングシート貼っちゃいました。
(ごまかしは得意です。エッヘン   )

上にデニッシュが一個乗ってますが、こういう風に土台に直接ついてないパンは
ピンポイントでほかのパンが支えあってるわけです。
できるだけ接着点を増やすように配置はするんですが、
ヘタすると2~3カ所だけで留まってるものとかあったりします。
乾いてから安定性を見るために引っ張ってみるんですが、
今のところ外れたやつはありません。
スーパー多用途君、まじ有能 

大型の2個が終わったので、あとはいつものサイズ3個です。
残ったパンは超大型のデニッシュ2個と細かいのがたくさん。
さて、どうしようかな。

まず最初に、今回の一番のお気に入り、
テキトーに伸ばしてテキトーに重ねてテキトーにひねったうずまき君。
これを余ってたフランスパンのフルート(フィセル)と組み合わせて
シンプルな花のように組み合わせてみました。

s-バラパン1029.jpg

自分的には好きなんですけどね。こういうシンプルな形。
ちょっと色味が地味だったので、パーツ箱ひっくり返して

野イチゴ(多分)とブラックベリーをトッピングしてみました。

s-ベリー乗せ1029.jpg

悪くない 

残り2個・・・・。
段々めんどくさくなってきちゃったので、
とにかく賑々しくカラフルなデニッシュを盛り上げてみることに。

s-デニッシュ盛り1029.jpg

さっきの菓子パンよりさらに、てっぺんのデニッシュが宙に浮いてます。
土台のパンも全部デニッシュだから、接点が本当に少ないです。
持ちこたえてくれ・・・スーパー多用途君 

もう本当に、残ってるパンをどう組み合わせても
テーマっていうかまとまりが見いだせなくなってきました。
そうだ。
形に統一性がないなら、ムリヤリテーマを決めたらいいんじゃない 

s-秋の味覚1029.jpg

お芋と栗の秋の味覚セット。
なまじ土台が四角くて波型なので、変な隙間がいっぱいできちゃったけど気にしない 

とにも角にも、これで全部の土台にパンが乗っかりました。
粘土パンマグネット完成です 

ふぅ。間に合った。
接着剤の乾燥を一晩待って、明日強度のテストに合格したら、
最後の仕上げのニスを塗ってマグネットを付けて完全形です。

あと、昨日までチクチクと渋皮を付けてたミカンなんですが、
こちらもアクセサリに加工しちゃいました。
1個だけだと寂しいので、何とか2個組み合わせようと試みたんですが、
ただつなげただけだとなんか平凡でツマリません。

またまたパーツ箱をひっかきまわして、アクリルの花型ビーズを出してきました。
ビーズに針金を通し、その針金で2個のミカンを接着。
ビーズもミカンも向きがずれないように、すべてガッチリくっつけちゃいました。

s-連結1029.jpg

接着剤が乾いたので、金具を付けてとりあえずイヤホンジャックに付けてみます。

s-ミカンジャック1029.jpg

これはこれで面白い形になりました。
ミカン同志はくっついてるので、プラプラすることもありません。

イクラ丼と納豆ご飯、納豆安全ピン、パンマグネ5個とミカンのイヤホンジャック。
夏の内にリクエストで作っておいた銀杏のストラップ。
これくらいかな?
意外と数が揃いませんでしたが、飲みの席で話のタネにするには充分でしょう 

そうだ。
今回ショッキングなことがあったんですよ。
わたし以前から、フェイクフードの透明なソースを作るのに
接着剤を良く使ってました。
フェイクフード作りを始めた当初、いろいろなネット情報をかき集めて
その方法を使っている作家さんがとてもたくさんいらしたからです。
その後自分で試してみたところ、透明接着剤で人気がある「セメダインスーパーX」が、
時間とともにどんどん黄色く変色してしまうことを知りました。
何とか黄変しない接着剤を探しまくって、たどり着いたのが
「コニシスーパー多用途SU」と、「パーフェクトデコ」という接着剤。
スーパー多用途君は乾燥速度が異常に早くてソースには使いにくかったので、
パーフェクトデコの方を愛用していました。

ところが今回のパンにソースを掛けようとパーフェクトデコを取り出してみたところ・・・。

s-黄色い1029.jpg

黄変してた 

接着剤の黄変をチェックするときに、このフタの縁のところは結構正直です。
スーパーXもこんな感じになってます。
パーフェクトデコは、元々スマホケースなんかをスワロでデコるときに使う接着剤。
透明で小さなパーツなので、はみ出しや透けで見えてしまう可能性が高く、
そのために変色しにくく作ってあるもんだと信じ込んでたフシがあります。
・・・あ~~・・・高かったのに・・・
普通の接着剤と比べると、サイズの割に結構割高な接着剤なのに 

もちろん接着力や、出したときのクリスタル感は抜群です。
長期の使用は考慮していないだけなんだと思います。
勝手に思い込んで勝手に信じて勝手に落ち込んだわたしの負け。
てか、独り相撲で自爆負け 

ジェルメディウム買っておいて、本当に良かったです。
メディウムは絵画や彫刻の表面仕上げ剤なので、さすがに黄変はしないはず。
これからは、透明ソースはジェルメディウム一本でやることに決めました。


外は冷たい雨ですが、我が家はストーブを焚いてあったかです。
明日はのんびりとパンのニス掛けでもして、ねんど遊びはやらない予定。
明後日は亡くなった知人を偲ぶという名目で昼から宴会です。
にぎやかなのが好きな人だったので、きっとみんながワイワイ飲んでるのを
空の上からニコニコと見ていてくださるでしょう。

そして今月も、お仕事ができるのはあと1日となりました。
頑張れアタシ 


そういえば、今月の頭に納品した「ハンドメイド専科」さんの
フェイクフード記事が早くも掲載され始めました。
今回はスマホケースのデコのヒントみたいな感じのテキストが掲載されてます。
大したことは書いていませんが、興味がある方はぜひのぞいてみてください 

それでは皆様、10月の最後の週末、楽しくお過ごしくださいね 

準備完了!(粘土パンに砂糖掛け)

暖かかったので窓を少し開けて粘土を捏ねていたら、
外から明るい歌声が。
灯油の巡回販売の車でした。
うわ~もうそんな時期なのか~ 

今日は午前中から美容院に行き、髪をまた短~くカットしてもらいました。
これで山姥卒業!
見事モンチッチに進化しましたよ 
妖怪⇒サル⇒はやく人間になりた~い 

さて、土曜日の完成を目指して作業中のパンたちの続きをやります。
今日は砂糖の衣をつけるところからスタートです。
まず今日作業するパンたちをグループ分け。

s-組わけ1028.jpg

うわぁ。。。シュガーグレイズを掛けるパンがみんなちっちゃい 

相変わらずシュガーグレイズを掛けるのが苦手でございます。
どうやったらきれいにススーっとやれるのかしら。
いつもは接着剤にアクリル絵の具の白をほんのちょっと混ぜたものを使い、
爪楊枝ですくってパンの上に糸を引くように掛けています。
なんですが、今回はグレイズの素材を変えることにしたんです。
そう。
新兵器のジェルメディウムを使ってみたくって♪

というわけで、ジェルメディウムのシュガーグレイズ作りに取り掛かります。
まずはアクリル絵の具とメディウムを混ぜる。

s-メディウム1028.jpg

ジェルメディウムはテストしてみたところ結構透明度が高かったので、
加える絵の具はほんのチョビッとです。
と、ここで早速問題発生。

接着剤は粘り気があります。
ニスやガラス絵の具もそれなりにとろみがあり、
爪楊枝ですくうととろりと垂れるような感じになります。
このトロリを利用して、あたかも糸を引くようにグレイズを掛けるわけです。
ところがメディウムさん、まったくトロミがないんですよね。

えーと、例えるとハンドクリームみたいな感じ。
もっと言っちゃうと、お化粧を落とすコールドクリームにそっくり。
糸を引くどころか、爪楊枝ですくうことすらままならないくらい
サラッとしています。

仕方ない。

s-絞り袋1028.jpg

絞り袋を用意しました。
早速メディウムを詰めます。

s-詰める1028.jpg

これなら糸のように細く線が引けるはず。

s-絞る1028.jpg

むぅぅ。。。思ったほど細くありませんでした 

しかしまあ、シュガーグレイズなのでこんなものっちゃこんなもの。
ほかのパンたちにもどんどん絞っちゃいましょう。

s-グレイズ1028.jpg

6個完了。
なんだか真っ白ですね。
メディウム自体、乾くまではハンドクリーム色なので、これはまあ、想定内。
問題は乾燥してメディウム分が透明になった時に、どれくらい透けてくれるかです。
とりあえず乾燥棚へ移動。

続きまして粉砂糖組ですね。
こちらはずいぶん前に固定化した手順なので、手慣れたものです。
まずアクリル絵の具と筆を用意。

s-絵の具1028.jpg

筆はジェルネイル用の平筆で、毛の部分は太目硬めのアクリル繊維です。
筆先に絵の具をチョンとつけて、紙の上で何度かなじませてから。

s-バシバシ1028.jpg

毛先を垂直にパンにポンポン当てるようにして、
少しづつ白い点々を付けていきます。
この作業なんですが、最初の内はとても楽。
少し経つと筆の絵の具が固まりだして、どんどん団子になってきてしまいます。
全く水を付けていないので、筆っていうよりもスポンジみたいな状態になっちゃうんですね。
そうなると細かい点が打ちにくくなって白くべたっと絵の具がついちゃうので、
絵の具の先を紙にこすりつけて、つぶすようにしながらの作業です。

シュガーパウダーの絵の具パート完了しました。

s-粉砂糖1028.jpg

そしてこちらが、絵の具と筆の格闘の跡でございます。

s-事後1028.jpg

筆をこすりつけまくりーの、先をボソボソさせまくりーのがよくわかりますね 

これだけでも粉砂糖としては別に良いんですが、
ちょっと平面的に見えてしまうので、さらに「トッピングの達人」で
追い粉砂糖をやっておきます。

s-達人1028.jpg

ほら~。
達人たら、すっかり水気が抜けちゃって、ただの大理石の粉末に戻っちゃってるよ 
でも大丈夫。
前回のテストで、この状態の達人に水を足せば、元のトロトロに戻るってわかってるから♪

水で溶いた達人を、今度はつまようじを使ってパンに点々とつけていきます。
ここで筆を使わないのは、せっかくの割れ目の奥に砂糖を付けてしまわないため。
あくまでも立体感を出すためなので、特に出っ張ったところだけ
ごく少しづつ砂糖を足しておきます。

s-達人作業1028.jpg

全部に砂糖を足し終わったので、これで本当にパンの仕上げは終わりました。
あとは明日ニスを塗って、マグネットの土台にセットするだけです。
さぁて。どんなデザインにしようかな~~ 

パンの作業が終わったので、もうひとつ仕上げたいものに取り掛かります。
それはこちらのミカン。

s-ミカン準備1028.jpg

すけるくんで作り、かれこれ10日間乾燥させておいたものです。
もっと透明になるんじゃないかと期待してたんですが、
思ったほど透けてくれませんでした。
もしかしたらまだ乾燥できてないの?
うーーーん。。。でも前に作った海老の例もあるからなぁ。
あれも半透明まで行ったものの、結局透けずに終わっちゃったし。

まあ、これ以上は乾燥させておく時間もないので、
乾いたことにして作業しちゃいましょう 

このすけるくんミカン、3個作りました。
今日はそのうちの1個にだけ、渋皮を付けようと思います。
前回はニスとか木工用ボンドを使って渋を表現しようとしてみたんですが、
今回はさっきシュガーグレイズに使ったメディウムが大量に余っているので、
ジェルメディウムを使って渋ができないかのチャレンジです。

s-渋塗り1028.jpg

シュガーグレイズに使った物をそのまま全体に筆で塗ります。
あとはこれを何度か繰り返すだ・・・・・あ 

そうだ。
渋の白い線をがんばってみようと思ってたんだ。忘れてたけど 

まだ全然間に合う(はず)ので、渋を書き足すことにしました。
100均で買ったネイル用の極細筆を使い、アクリル絵の具でちびちびと書き入れます。

s-筋付け1028.jpg

アクリル絵の具は白のままだと不自然なので、
てきとーに黄色とか黄土色とかを薄く混ぜて使ってます。

こんなもんかな??

s-渋終わり1028.jpg

この上からさらにどんどんメディウムを塗り重ねて、
一応の完成を見たのが左下のミカンです。

s-ミカン1028.jpg

イメージはあってる。
やり方は間違ってなかったと思います。
でもなんかこう、イマイチパンチに欠ける気がする。。。 

もうちょっと渋に立体感を持たせられないか考えて、
キッチンから焼き豚用のタコ糸を少しだけ拝借してきました。

s-タコ糸1028.jpg

この太いタコ糸の撚りをほぐして、3本の糸に分けます。
その細い糸をさらにほぐして、極細の木綿糸(かなりボソボソ)を取り出しました。

s-ほぐす1028.jpg

これをミカンの背中の渋に沿って、ニスで貼りつけていきます。
まあバカっぽいといえばかなり馬鹿っぽい作業なんですが、
この際そんなことは考えないことにします。

背ワタを貼り終わったところで思いついて、
極細糸をカッターの先でほぐして繊維を出しました。

s-糸くず1028.jpg

ミカンの薄い方、まん中のあたりのちょっと綿があるところに、
やっぱりニスを使って貼りつけておきます。

さあどうだ!?

s-完成ミカン1028.jpg

うん、さっきよりちょっとリアル感増したかも 

欲を言えばもう一声渋皮が厚い方が良いですが、
ちょうど今食べてるミカンがこれくらいの薄い渋なんですよね。
まだ時期が早いから。
渋が薄い時期の方が、瑞々しくておいしいもんね。

これでミカンの渋皮作りも終了。

今日の粘土の時間はこれでおしまいです。
今作っているパーツはすべて作業系が終わったので、
明日はゆっくりニスでも塗って、乾いたものから組み上げていきましょう。

そうだ。
ジェルメディウムで作ったシュガーグレイズなんですが、
ちゃんと透けたでしょうか。

s-グレイズ組1028.jpg

う~~ん。。。やっぱりちょっと絵の具が多かったかな。
もう一声透明な方が好みだったなぁ 
もしかしたらメディウムの中の方がまだ乾燥しきってないのかもしれないので、
明日の朝もう一度チェックしてみようと思います。


昨日の晩ごはんが牛タンカレーだったので、
今夜は必然的にカレーうどんです♪
このカレー⇒カレーうどんの流れが好きなんですよねぇ 
温泉卵も用意して、あとはパパさんの帰りを待つだけです。

明日は金曜日、そして10月も残すところ3日となりました。
最後まで気を抜かずに頑張りますわよ!
それではまた~~ 


匍匐前進(粘土パンじりじり仕上げ中と角砂糖)

日中の最高気温25℃とか、お天道様はふざけていらっしゃるのでしょうか。
昨日あれほど寒い寒い言ってたのに、
今日は日中暑くて窓全開にしてました 
お天気が良いのはありがたいことなので文句はないんですけど、
気温差が大きすぎるのはちょっと困りものです。
お布団どうしたら良いか、毎晩悩んじゃいますよね 

月末近いので、今月中に仕上げないといけないお仕事をモリモリ頑張っております。
ていうか、がんばらないと間に合いません。
てか、がんばっても間に合うかどうかわか    ・・・・・ 

お友達にフェイクフード見せたいからなんて、のんきに遊んでる場合じゃないんですけど、
それはそれ。これはこれ。(何が言いたいんだかわかりませんが言い訳中)

昨日パンのクリーム詰めとフルーツトッピングをあらかた仕上げてしまったので、
幸い今日はどうしてもやらなきゃいけないことはほとんどありません。
でも粘土に触らないと体調が悪くなるので、
ちょっとだけ時間を作ってねんど遊びをさせていただきました。

やっぱり完成目前まで進んでるものは気になっちゃうんですよね。
ほら、ご飯とかも1口だけ残ってるとおなか一杯でも食べないとって
気持ちになっちゃうじゃないですか。
アレですよあれ (違う

まず、ずっと机の横で乾燥中だったジャマ臭いあいつを完成させちゃいます。
あいつというのはこいつです。

s-角砂糖1017.jpg

これはかれこれ10日ほども前に樹脂粘土で作った立方体。
針金に刺して乾燥させ、おとといメロンパンの着色と仕上げをやった時に、
シュガーパウダーを出したついでにちょっと処理を進めて置いたものです。
おとといやった処理というのが。

s-ドボン1026.jpg

シュガーパウダーの入れ物に頭からドボ~ン!
木工用ボンドを塗ったくってあるので、みるみる全身シュガーまみれ。

ボンドが乾いてからニスを塗り、そのまま串刺しで乾かして、
本日晴れて最後の仕上げを施したものがこちらです。

s-角砂糖1026.jpg

角砂糖のイヤホンジャック。
これはコーヒー豆のスマホケースとオソロイで使う予定の物。
今回角砂糖を作ってみて分かったんですが、
けっこうコレ、難しいですね。
まず完全に立方体を作る方法が難しい。
今回手びねりでやりましたが、やっぱり形がゆるいっていうか、
今一つシャキッとした立方体になりませんでした。
シュガーをまぶすのも、厚みがデコボコしてイマイチです。
もうちょっとスプーン印的にきれいな角砂糖が作ってみたいもんです。
今後の課題ですね。

アクセサリーが一つ仕上がったのでご機嫌。
パンの方は、昨日乗せたクリームがだいぶ乾いてきておりまして、
表面はもう、触ってもへこまないくらいに固くなってました。
明日はシュガーグレイズなんかを掛ける予定なんですが、
その前にフルーツソースをかけてしまおうと思い立ちました。

イチゴジャム。

s-ジャム1026.jpg

その他のフルーツソース。

s-ソース1026.jpg

素材は主にガラス絵の具。
あとはニスとか、接着剤とか。

このソースは乾燥が早いので、明日のシュガーまでには乾いてるでしょう。

そしてもうひとつ、完成させたものが例のイクラ丼と納豆ご飯です。
最後のニスを掛けるときに、予定していた通りねぎとか海苔とか乗せてみました。

ねぎ付き納豆。

s-ねぎ1026.jpg

海苔付きイクラ丼。

s-ノリ1026.jpg

納豆のネギは、ずっと前にハンドメイド専科さんで
ラーメンを作った時のあまりです。
よく取ってあったよな、自分。
イクラ丼のノリは、前にご紹介したクッキングシートをマジックで塗って
細くハサミでカットしたやつです。
クッキングシート海苔は、細ければ細いほどリアルになるという
なんとも不思議な性格を持っております。
近くで見ても、まったくもって海苔です。

これらの作業全部で1時間ちょっとってとこでしょうか。
今日は本当にあんまり進められませんでしたね。

ああ、そういえば。
昨日アクリル絵の具をスプレーボトルで吹き付けた麺なんですけどね。
えーと、コレですコレ。

s-スプレー1025.jpg

この麺、結局捨てました 

理由は二つあって、
1.紙粘土だからかもだけど、乾燥したら予想より細くなってしまった
2.やっぱ色が気に入らなかった

素材についてですが、絞った時にはちょうど良い太さだったものが、
着色でさらに水をぶっかけたからなのか、ものすごくしなびた感じで
細くなってしまっていました 
水を使った着色をするなら、水に強い樹脂粘土を使わないとダメってことですね。
学びました。

またしばらくしたらチャレンジしようと思うので、
その時は樹脂粘土を使ってもっときちんと着色も考えます。
この麺が何になる予定だったのかは、その時までお預けですね。
残念 

さて、このブログをアップしたら、もう一仕事頑張ります。
明日は午前中に美容院に行く予定なので、その分早めに進めておかないと。

明日はいよいよパンが完成できるかな?
上手くいくことを祈っててくださいね 
それでは今夜はこの辺で。
また明日~~ 

クリーム詰め放題(粘土パンのトッピングと納豆とイクラ)

今年一番の寒波が襲ってまいりました。
皆様いかがお過ごしですか。
わたしはすっかり固まっちゃって身動き取れません。
寒いのキライ 

本日はねんど遊びが猛烈に増量なので、時節のご挨拶はこれくらいにして
サクサクっと巻きでお送りしようと思います。
写真も結構な枚数ありますので、最後までごゆっくりどうぞ 

お昼スタートで真っ先に手を付けたのが、
昨日シリマーを破壊しつつ作った乾麺の着色作業です。
紙粘土な上に細いパーツなので、1日で完全に乾燥しております。

こんな面倒な形、どうやって色を付けるかっていうとですね。
この方法しか思いつきませんでした。

s-スプレー1025.jpg

アクリル絵の具を濃い目に溶いて、スプレーボトルに入れてあります。
このボトルは確か100均で買ってきて、なんかヘアオイルを入れてたやつ。

段ボールで飛散防止のガードを作り、
金網の上にキッチンペーパーを広げた上に麺をできるだけバラバラに置きまして、
一気にプシューーー!

s-スプレー失敗中1025.jpg

うわうわうわ 

スプレーボトルが安物のせいか、目詰まりしてメッチャでっかいしぶきが
バシュバシュと飛び散ります。
一気に汚くなったーーー 

ひと吹きしたらキッチンペーパーを新しいものに交換してしばらく乾かし、
2度3度とスプレーを繰り返し。
キッチンペーパーはもちろんすぐに湿っちゃうんですが、
モノが紙粘土なのでそのまま置いておくと麺まで溶けてしまいます。
ものすごく忙しくて、写真どころじゃございませんでした。

とりあえずひっくり返しながらまんべんなくスプレーして、
段々飽きてきたのでそのまま乾燥させておきます。
完全に乾燥したら次の段階へ進む所存。

麺の処理が終わったので、いよいよ本日のメインイベント、
パンのクリーム詰めとトッピングに取り掛かりましょう。

本日処理をするのはこのパンたち。

s-トッピング準備1025.jpg

あら、意外と少ない。
クリームを使うトッピングはまん中が空いているデニッシュだけなので、
並べてみたら大した数ありませんでしたね。
さて、これをどんなフルーツで飾ろうかしら。

s-組わけ1025.jpg

クリームが同じもので、2つに分けてみたところです。
生クリームが6個、カスタードが4個ですね。
ま、そんな物でしょう。

まず生クリームから作ります。
使うのは毎度おなじみモデナペーストとアクリル絵の具の白。
色が一緒で混ざり具合がよくわからないので、ムラにならないようによーく混ぜておきます。

s-生くり1025.jpg

スイーツデコをやっている方とかなら、ここで絞り袋登場なんでしょうね。
わたしはめんどくさいのでつまようじですが 

s-詰める1025.jpg

それでも一応周りにつかないように、気を付けて詰めております。

s-乗せる1025.jpg

クリームが詰まったら、間髪入れずにフルーツパーツをトッピングしちゃいます。
モデナペーストは糊としても使える粘土なので、そのままガッチリ乗せてしまいます。

一気に作業して、生クリーム組完了しました。

s-生くり組1025.jpg

続いてカスタード。

s-カスくり1025.jpg

こちらもやることは一緒です。
ジャンジャン詰めてジャンジャン乗せて終了。

s-カスくり組1025.jpg

デザインから約1時間で、トッピング作業が終わりました。
この子たちはクリームが乾くのを待って、砂糖を掛けたりソースを塗ったりして完成です。
多分木曜日が作業日になるでしょう。

クリームを作ったので、ついでにこっちも詰めてしまいました。

s-コロネちゅう1025.jpg

コロネーずです。
カスタードとチョコを1個づつ。
さすがにこの形、爪楊枝ではまわりを汚さずに詰められる気がしないので、
ビニールの廃材を使って絞り袋作りました。
口金は付けてませんが。

コロネ完成。

s-コロネ1025.jpg

パーツ箱を出してきたついでに、シナモンロールにレーズン貼っちゃいましょう。

s-レーズン1025.jpg

うわ。レーズンでか 

これでもなるたけ小さいやつばっかり拾い出してきたんですがねぇ。
これ以上小さいレーズンなんて、やだなぁ。。。作りたくないなぁ。。。 

あっという間にパンのトッピングまでは完了。
クリームが乾くのに意外と時間がかかり、このサイズでも2日は見ておかないとダメ。
なので、この作業は今日がタイムリミットだったんですよね。
終わってよかった~ 

そしてもう一つの本日のハイライトでございます。
そうそう。
イクラ丼と納豆ご飯の仕上げをやってしまうのでございます。

二つとも初めてトライするメニューで、
どうやって作ろうかいろいろと考えました。
どうやってもできそうな気もするし、どうやっても失敗しそうな気もするし 
最終的には例によってノリと勢いでガンガン行ってみようと思います。

まずイクラなんですが、単純にご飯に貼りつけるだけでもまあ、
良いっちゃいいような気もするんですよね。
でもそれだとわたしがつまらないので、やっぱりイクラのタレを作ることにしました。
使うのはセリアの水性ニスです。

まずアクリル絵の具の茶色をごく少量、ニスに溶かします。

s-むらさき1025.jpg

なんか色がちょっと気に入らなかったので、紫色をほんのチビッと追加。
ついでに濃すぎたので、ニスを大量に投入。

s-ニス準備1025.jpg

さて、いくらを貼ってからこれを掛けるか、
イクラにこれを絡めて貼りつけるか、それが問題だ。

えい!

s-ドボン1025.jpg

めんどくさかったので、イクラをニスの中にブッこんじゃった 
ダイジョーブ、ダイジョーブ。
細かいことキニシナーイ 

ニスまみれになったイクラを、ご飯の上に貼りつけていきます。
汚れても良いピンセットを使って、ベッタベタになりながらの作業です。

s-乗せのせ1025.jpg

バランスを見ながら全部貼り終わったら、余ったニスをイクラの上に
ペチペチと追加しておきます。
剥がれ落ち防止と艶出しのため。

s-たれをかける1025.jpg

ニスが乾くまで、そーーっと棚の上に避難。

さあ!
これこそ何をどうやったらよいかわかんないフードの帝王、
納豆ご飯の時間がやってまいりました 
わーいわーい♪何をどうしようかしら~~♪

まず納豆のタレですが、イクラのタレよりも透明度は低く、
粘り気はかなりマシマシな感じを出していきたいところです。
ここで満を持して、昨日デビューしたばかりの「ジェルメディウム」を取り出しました。
透明で厚みが出て、しかも乾くのに時間がかかるので
余裕をもって作業できるという万能選手(だといいな)。

アクリル絵の具の黄土色と混ぜてみます。

s-メディウム1025.jpg

うーん。。。粘り気が足りない?
じゃ、ニスも入れてみる?

s-納豆のタレ1025.jpg

うわぁ。。。メッチャ納豆のタレっぽくなった。
しかし、メディウムと水性ニスを混ぜるとどうなるのか、
もちろんそんなことわたしは知りません。
てか多分ネットで探してもわからないんじゃないかな。
だって普通はやらないもんねぇ 

固まらないかもしれないので、納豆は全部使わずに半分程度にしておきます。
このメディウムと豆を絡めて、ご飯に乗せてみました。

s-乗せ終わった1025.jpg

うわぁ 

何か想像以上に納豆です。
ここまで本物っぽくなってくれるとは思ってなかったので驚いた。
結果オーライ 
問題はちゃんと乾くか、乾いたときにも納豆っぽく見えるかってことですが、
どうやらその心配はなかった模様です。
晩ごはんの下ごしらえをして戻ってきたら、
ほぼ表面が乾いて固定された状態になっていました。

それならば、続きもやっちゃいましょう!
納豆の続きといえば、そう。もちろん糸引きです。

納豆のタレはまったく考え付かなかったんですが、
この糸を引くところは実は腹案がありました。
糸を引くと言ったらアレでしょ?
毎回毎回ソースを作るのに糸引きまくって四苦八苦した、
ボンドスーパー多用途SU君の出番でしょ!

スーパー多用途君は、ものすごく硬化が早い接着剤なので、
写真を撮ってる暇なんてまったくございませんでした。
まあ、アクリル絵の具の黄土色と混ぜて納豆の上に塗り付けただけです。

できました。イクラ丼と納豆ご飯の完成!

まずはニスが乾いたイクラ丼。

s-イクラ丼1025.jpg

わたしの作るイクラって、どうも色が濃すぎますよね。
もう少しオレンジっぽい明るい色の方が、見栄えが良いと思うの。
毎回そう思ってはいるんですが、なぜか真っ赤になってしまうんですよね。

そして、立派に糸を引いた納豆ご飯がこちら。

s-糸を引いた1025.jpg

ぴゃ~~~。。。
自分で言っちゃうけど、結構おいしそう 

イクラ丼も納豆ご飯も、ボンド類が完全に乾いたら最後にニスを塗ります。
その時に刻み海苔だったりねぎだったり、覚えてたら追加してあげましょうね。

納豆がハンパに余ったので、こんなものも作っちゃいました。

s-ヤなブローチ1025.jpg

誰が使うんじゃ~~~~い 

オチもついたところで、今日はここまで。

夕方の内に皮を剥いてあく抜きしておいたズイキがそろそろ良さそうなので、
これからおかずを作ります。
今日は煮物と焼き魚、あととろろでもちょっと擦ろうかな。

寒い中帰ってくるパパさんに温かいものを食べてもらえるように
頑張りますね~~ 

明日は乾燥待ちの物が多いので、作業はさほどない予定です。
気が付いたものがあれば、チョコチョコと進めようと思ってます。
月末に向けてお仕事も整理しないとなので、今日ほどは時間とれないかもですね。

外は雨が降ってきた様子。
まだ寒くなるのかなぁ。。。
みなさまも風邪などひかないようにお気をつけて~~