ちょびちょびデニッシュ(デニッシュづくり亀進行)

昨日よりはちょっと体調戻りました 
加えて、月末までの納品ノルマ@内職も何とか間に合い、
ホッと一息ついております。
普段の内職は期限がほとんどないようなもの、というよりも
かなり長めに設定されていて余裕があるんですが、
"月に何本"という定数性のお仕事が一つありまして、
これが結構毎月ギリギリにならないと終わりません。
早々と取り掛かれば良いんですけど、追い詰められないと始められない性格なので、
毎月末が夏休み最終日状態になっちゃいます。
何とか間に合ってよかった~~ 


そんな感じで1月最終日を迎えたわけですが、
粘土遊びの方はまったくのんびりとした進行状態を維持しております。
平たく言うと、あんまり進んでません。

昨日から本格的にデニッシュに取り掛かりまして、今日も続きを作ろうと思います。
昨日はなんだかだるくて気が乗らなかったので、
あまり細かいものを作らずに大型のデニッシュばかり作りました。
今日は小さめの物を中心に、久しぶりの形をブラッシュアップしていこうと思います。

さて。
昨日久しぶりに作ろうと思って失敗した形から取り掛かりました。
四角い粘土をカットして折りたたむ、ひし形のデニッシュです。
まずは、薄く延ばした生地を2cm角にカットしてしばらく放置します。
表面が乾いたら全部重ねて、角の所に切り込みを入れます。

s-カット0131.jpg

切り込みから持ち上げて、対角線上に折り畳み、
反対側も同じように対角線にグイッと持ってきて張り付けると。

s-ひし形0131.jpg

これがフルーツデニッシュでよく見かける、ひし形の折り込みデニッシュです。

本物はもうちょっと丸みとふくらみがあるんですが、
薄く生地を重ねて作ると、どうも直線的になっちゃいますね。
改善の余地ありありで研究中なんですが、未だに良い案が浮かんでおりません 

とりあえず形作りには成功したので、これで1品。

続いて、今度はフリーハンドで大体2cm角に用意した生地を重ねます。

s-カサね0131.jpg

これは本当は両側から中央に丸めて、楕円形の折り込みデニッシュにしようと思ったんですけど。

s-牡丹0131.jpg

結局全部の角を織り込んで、丸い形にしてしまいました。
楕円にすると、どうしても縁のところがきれいにまとまらなかったんです。
これまた改善の余地が山ほどありそう。。。
頑張ります 

3つ目はつい先日も作った、丸型で縁が編み込みになっているやつです。

s-巻0131.jpg

これも下半分は薄い生地を重ねて作ってます。
先日のが少し大きめだったので、サイズを合わせるために追加しました。

このあたりで生地を薄く延ばすのに飽きてきちゃいました 

だってですね。
粘土を玉にしてクッキングシートにはさみ、クッキーローラーで
とにかくグイグイと押し延ばすわけです。
これがものすごく力がいるんですよ。
それでなくても月末で肩こりMAXなのに、そんなに何回もやりたい作業じゃないんですもん 

残った粘土は、あきらめて小さいノット型のデニッシュにしてしまいました。
ストックホルム巻ってやつですね。
専用の道具まで作ったんですが、この小さいサイズになると
道具を使っても中々きれいに巻けません。
ま、小さいからそれほどアラも目立たないし、いっかな 

s-ノット0131.jpg

奥の1個は、本当に気力が尽きちゃったんで、
簡単にねじって巻いたカタツムリ型デニッシュです。
白いのはモデナペーストを糊代わりに使ったのがはみ出てるの。
上から焼き色付けちゃうので、めんどくさがってモデペーに色付けずに
作っちゃったんです。てへ。

今日の制作物~

s-集合0131.jpg

全然進んでる感じしませんねぇ 
土台に盛り付けられるのはいつになるんでしょうか。。。

そろそろ乾かす場所がいっぱいになってきちゃったので、
明日はまず乾いたやつの着色から仕上げちゃおうと思います。
時間があれば、過去ブログでも調べて、菓子パンかデニッシュを作り足す予定です。

パパさんが風邪気味で、ちょっと元気がありません。
月末で忙しかったこともあって、今日は早々とお布団に入ってしまわれました。
心配。。。 
早く元気になってもらえるように、家事も頑張ろうと心に誓う次第です。

今夜はわたしも早めに就寝します。
明日の元気は良い睡眠から!

それでは今日はこの辺で、お休みなさ~い 


微速前進(粘土デニッシュに着手)

ダルイです。
月曜日だからってこともあるんでしょうが、
今日はなんだか朝からダルイっていうか体が重いっていうか。
月末でやること色々あるんですが、集中力が出ません 
ダラダラと午前中のお仕事を終わらせたら力尽きちゃったので、
お買い物も行かずにノッタリとお部屋で机に向いました。

いつもなら、今日はどんなパンを捏ねようかワクワクしちゃうところなんですが、
そんなこんなで脳が稼働していないので、なんとなくダラダラと粘土捏ねます。
今週はマグネットのトッピング用のパン作り後半戦なので、
主にデニッシュ系を作る予定なんですが。

とりあえずプロフェッショナルAを20cc取り出してみました。
デニッシュは薄い層をたくさん作るので、蝶の羽のように薄く延びるプロAに期待がかかります。
あんまり細かい細工をする気にならないので、
今日はまず大き目のデニッシュをいくつか作ることに決めました。

まずは、これは絶対に作ると決めていた形から。
プロAを薄ーく伸ばして、大き目の3cm四方で正方形にカットしておきます。
カットしたらそのまま10分くらい乾燥させておきます。
カットして作る形なので、重ねたところが張り付いてしまわないための用心です。

s-四角0130.jpg

重ねたら、4角に沿って切り込みを入れておきます。
ここの写真撮れてなかったんですが、まあ何度も作ってる形なのでノープロブレム 

切り込みから中心に向けて折り込みます。

s-折り込み0130.jpg

久しぶりに作ったフラワー型のデニッシュです。
このサイズなのに思いのほか手間取っちゃってビックリ。
やっぱしばらく作らないと、忘れちゃうもんですねぇ 

s-フラワー0130.jpg

もう一つ、同じように四角い生地を重ねて作る形にトライ。
こちらは切り込みは入れずに、4つ角をそのまま中心に織り込みます。
そのあと全体を丸く中央に寄せるようにして丸みを付けたら出来上がり。

s-タマナ0130.jpg

これで2個出来上がりました。

次も久しぶりの形です。
生地は丸い型を使って型抜きをしたものを重ねまして、
周囲に8カ所の切り込みを入れておきます。

s-フラワーカット0130.jpg

それぞれの切り込みから、隣の切り込みの根元あたりに生地を折りたたんで。。。

s-ひまおり0130.jpg

最後に指でググイと丸みを付けたら、ヒマワリ型の完成です。

s-ぐいぐい0130.jpg

s-ヒマワリ0130.jpg

これは前に作った時よりも、可愛くできた気がします 

ここまで3つ、各5ccで作ってきたので、最後は2.5ccで2つ作ってみようかな。

延ばした生地は四角くカット。
重ねたら、向かい合う2つの角に向けて大きめの切り込みを入れます。

s-さっくり0130.jpg

そう。
これは織り込んでひし形になるタイプのデニッシュの作り方です。
。。。。。でした。。。。 

生地を厚く重ねすぎてしまったらしく、折った部分が重なって、
ひし形になってくれませんでした。。。
失敗じゃぁ~~ 

s-失敗0130.jpg

結局中央で重ねてまん中を深めにつぶし、なんとなくありそうな形にまとめちゃいました。
くぅ。。。
やっぱ今日みたいな日は細かい作業はムリじゃったか 

残り2.5ccも、細かいデニッシュは作れそうになかったので。。。

s-三角0130.jpg

あ。。。あれ。。。?
シンプルに二つ折りにして、三角パイっぽい形にしようと思ったのに 

どうしようこれ。
まぁ、シュガークロワッサン的な感じで仕上げれば何とか使えるかしら。
想定していなかった形になっちゃったので、何型と呼んでいいかわかりませんな。
えーと、ギザギザブロークンハート型ってことでどうでしょう 

いつもより時間がかかった割に、いつもより個数作れませんでした。
ま、元々デニッシュは手がかかるパンなので、
ボチボチと勘を取り戻していきましょうね。
最終的にはパイもいくつか作りたいので、指先が細かい作業を思い出すように
急がずノンビリ少しづつ作っていきましょう。

今日の収穫。

s-集合0130.jpg

ヒマワリ型は思ったより可愛くできたので2個。
そして失敗も2個。
今日のところは引き分けってことにしておいてやるわ 

本当は、先週捏ねたパンフラワー粘土ファリネッタさんのパンに
着色をしたかったんですけど、もう力尽きちゃいました。
ほとんど着色が必要ないメロンパンだけ、チョちょっと仕上げてしまいます。

s-メロン0130.jpg

薄い焼き色&シュガーパウダーです。
どれもそこそこおいしそうに焼きあがりました 
残りはまた明日、時間があったら着色も進めておきたいと思います。

なんていってはみたものの、明日はもう、1月の最終日ですよね。
やばいやばいやばい。。。仕事が終わってない 
明日ブログが更新されてなかったら、
内職に追われてるんだなと生暖かく見守ってやってください 

内職と言えば、「ハンドメイド専科」の記事が早くも全部アップされました。
納品してから2週間。
今回もえらく早かった気がします。
実は次回分のテーマの依頼がまだ来ていないんですよね。
もしかして今回で最終回?
なんだかんだでかれこれ50個近くもフェイクフードのレシピを掲載しちゃってるので、
確かにそろそろ飽きられてきても不思議はありませんよねぇ 
もしこれでおしまいだとしても、わたしとしては結構楽しくやり切った感があるので
悔いはございません。
お仕事自体は切れ目なく色々とあるので、また機会があればトライしたいと思いますが 

それにしても明日は体調戻るといいなぁ。
今夜は早めに寝て、明日に備えますね。
巷ではインフルエンザが流行ってるとかで、皆様も気を付けてくださいね。

それでは今日はこの辺で。
また近いうちにお会いできることを祈りつつ 

きのうのにっき(新粘土開封と菓子パン続き)

春を感じさせるポカポカ陽気の土曜日 
パパさん大はしゃぎで、お洗濯とかお布団干しとか妻のパソコンの修理とか
朝からパタパタと走り回っております。
家事が大好きでストレス発散とリフレッシュに最適だそうです。
そんなものかしら。。。不思議~~ 

昨日は金曜日で朝からたくさんお掃除して、午後はモリモリと粘土遊び。
非常に充実してたんですが、夜になってブログを書く前に燃料が切れちゃいました。
なので、これは昨日の日記です。

先週Amazonで間違って買ってしまったパンフラワー粘土「ファリネッタ」。
本来買いたかった「レジックス」も速攻で発注しておいたので、
水曜日には手元に届いておりました。
すぐに開封したかったんですが、あいにく暦があまり良くなかったので我慢。
昨日が大安だったので、ホクホクしながら開封の議を執り行いました 

こちらが前々から気になっていた樹脂粘土、レジックスです。

s-レジックス0127.jpg

コーンスターチ(片栗粉)を原料とした樹脂粘土。
梱包は前に買ったプロフェッショナルAと酷似してます。
ビニール袋の中はピッチリとラップで包まれた粘土。
包まれたっていうより、グルグル巻きのミイラ状態に
これでもかってくらいにラップ巻きされてます。

早速捏ねてみました。
ファリネッタは、取り出すときにちょっとポソポソした粉っぽい感じがありましたが、
レジックスは最初からなめらか。
それほど固くなく、かといってグレイスほど柔らかくもありません。
捏ねてから伸びを見てみたところ、こんな感じ。

s-延びない0127.jpg

それほどビヨ~ンと伸びず、スッと切れる感じです。
そして、捏ねてる間に気づいたら、手袋にかなり油がにじみ出してました。

s-テカテカ0127.jpg

テッカテカ。
この感じもプロフェッショナルA(以下プロA)とそっくりです。
もしかして、ほとんど同じような性質なのかしら?

何にしても初めての粘土なので、まずは簡単な形の物から作ってみます。
ついでに歯ブラシの質感の付き方もチェックしちゃおうと思って、
メロンパンを作ることにしました。

実はおとといプロAで捏ねたクッキー生地のメロンパンなんですが、
後から見直してみたらサイズ間違ってたみたいで、えらくちっちゃかったんですよ。
盛り合わせるにはバランスが悪いので、大きめサイズで作り直そうと思いまして。

s-チョコメロンパン0127.jpg

せっかくなので、チョコチップ入りにしました。
心配してた質感ですが、捏ねたてなこともあってすごくきれいについてくれました。
ザックっとした表面になって非常に満足 
これだけきれいに表面ができたら、粉砂糖でごまかさなくてもよさそうです♪

質感チェックは良好だったので、次は延びのチェックです。
手のひらで細長く延ばして、粘土ベラで転がしながら筋を付けます。

s-ホーンづくり0127.jpg

小さいサイズで作ったドイツパンのクレッセントと同じ作り方で、
形が違う「ホーン(角)」というパンです。

s-ホーン0127.jpg

こういう長細くて曲がった形はとっても使い勝手が良いので、
ちょっと大きめサイズに作っておきました。
そしてレジックスさん、延ばしや形付けも難なくクリア。

次。
"ねじる"を試してみます。
ねじって作るパンに関しては、今回かなりの数すでに完成済みなので、
サクサクっと簡単な物を作り足しておきました。
ねじり棒とうずまき型。

s-ねじり0127.jpg

この辺も問題なしです。
っていうか、ファリネッタさんはねじるときにちょっとボソッと千切れる感じがあったんですが、
レジックスさんは粘り気が強いのか、ねじってる途中に不安はまったくありません。
コス×グレミックスに近い感じがします。

ここまですでにある形ばかりを作ってきたので、
本来の目的に立ち返ってデニッシュをいくつか試してみようと思います。
テーマは"延ばす""重ねる"ですね。

パン1個分、5ccの粘土を延ばしてみました。

s-かたつむ生地0127.jpg

普通にクッキーローラーで延ばしただけだと、ちょっと厚みが残ります。
とりあえずそのままカットして、クルクルと巻いてみました。

s-カタツムリ0127.jpg

お久しぶりのカタツムリ型デニッシュです。
特に可もなく不可もない感じ。
この形を作ってやりやすかったのは、なんといってもモデナさん。
粘り気がかなり強いので、薄く延ばして巻いてから無理に形を整えても、
全くちぎれたりくっついたりする気配がありませんでした。
レジックスさんも作りにくいってことはありませんが、
とびぬけてこれでなきゃって部分も見当たらない感じですかね 

次は、ヘラも使って極限まで薄く延ばしてみましょう。
最初にクッキーローラーであらかた延ばす→粘土ベラを使ってゴリゴリと押し延ばす感じで。

s-出に生地0127.jpg

かなり薄く延ばせますが、プロAと比べるとちょっと隅っこがちぎれちゃいます。
あと、力がかなりいる感じ。
乾燥度合いもあるのかもしれないけど、厚みに凸凹が出来ちゃいました。
まあ、どうせ重ねちゃうのであんまり関係ないんですけどね。

s-バケツ0127.jpg

まずは正方形にカットした生地を7枚ほど重ねてまん中をググッとつぶします。
一番簡単な薄焼き型。

続いて同じく7枚重ねから四隅をカットします。

s-切り込み0127.jpg

カッターはサクッと入り、生地の切り離れも良好。
これはありがたい特徴ですね。
カットしたところから織り込んで、いつもの風車型にしました。

もう一つは、なんかのキャップを使って丸く型抜き。

s-型抜き0127.jpg

少しよけて置いた粘土をねじって、フチに接着しておきます。
丸型のデニッシュの出来上がり。

というわけで、あっという間に3つのデニッシュ台が出来上がりました。

s-デニッシュ0127.jpg

薄く延ばしたせいもあり、乾燥度合いがかなり進んでいたので、
層の剥がれ具合はキレイですね。
パラッパラです。
このまま乾いてカッチリと硬くなってくれて、着色しても
ポロポロと欠けちゃわなければ合格です。
プロAもファリネッタも結構固くできたので、このレジックスさんもかなり期待しちゃいます。

あとちょっと、具体的に言うと5cc分だけ粘土が余っちゃいました。
何を作ろうかな。

そういえば、今まで完成したパンを一度整理してみようと思ってたんでしたね。
着色済みの物を棚から下ろしてきてみました。

s-足りない0127.jpg

むぅ。。。
全然足りないっぽい 
未着色の物を加えても、サイズ別に分けると数が全然足りないように思います。
あれ?
待てよ?

未着色のパンたちを眺めてたら違和感が。
今日最初に作ったメロンパン、もしかして大きすぎた 
昨日こねたチョココロネと同じくらいのサイズにしたかったはずなのに、
なぜか一回り大きくできちゃってます。
うっかり間違えたっぽい 

作り足すパンは改めて考えるとして、とりあえず残った5ccで
メロンパンを一個作り足しました。

s-メロン一族0127.jpg

一番上が今日作ったチョコチップ入り(大)。
右下の2個がその前に作ったクッキーメロンパン(小)。
で、左側が改めて作り直したクッキーメロンパン(中)です。
なんだかなぁ。
クッキーメロンパンはちょっと練習しときたかったので、
まあ、これはこれでヨカッタということに 

本日レジックスで作ったパンは以上です。
これだけ作りました~~ 

s-集合0127.jpg

デニッシュが全然足りないので、次回はデニッシュ祭りになる予定。
さて、どの粘土で作ろうかな。悩みどころ。
このところ新しい粘土をたくさん捏ねたので、
近いうちに簡単に整理しておまとめておこうと思いますが。

そして最後に、前日に作り直しをしたマーブル食パンの中身チェックをしておきます。
どうなったかな~ 
先に簡単に皮の部分の色を付けまして。

s-カット前0127.jpg

慎重に慎重に。。。。

s-カステラ巻0127.jpg

あーーーー。。。
うずまきはきれいにできたけど、あんまりパンじゃない。。。
もうちょっと薄く作って重ねれば良かったのかなぁ。
色もあんまりチョコっぽくないですよね。。。ザンネン。

何かに似てると思ったら、カステラ巻ですね。
もうこれは、カステラ巻ってことでいいことにします 
次の手は見えたので、マーブルパンはまたしばらくたってほとぼりが冷めたころに
リトライしてみようと思います。

ということで、ここまで昨日書こうと思ってた日記でした。
今週は月曜日から金曜日まで、毎日パンを捏ねまくって大満足です。
捏ねれば捏ねるほど、あとから色を付けたりニスを塗ったりするものが溜まって大変になるんですが、
そんなこたー全然考えてません 

明日はお法事があるのでちょっと遠出をします。
今日はこのあと、のんびりとお仕事も粘土もせずに過ごします。
ちょっとワインでも飲んじゃいましょうかね 

それではまた、来週お会いできればと思います。
みなさまも良い週末をお過ごしください 

主に巻きます(粘土菓子パン初日)

ストーブの上のやかんで付ける熱燗が美味しい今日この頃。
どうも、くらげです。
晩ごはんに牛丼を食べ終わり、ほろ酔い加減でお送りしております。
おうちで作る牛丼、いいですよねぇ 
牛肉もネギも盛り放題、汁ダクどころか汁でシャビシャビにしても文句言われない。
安い牛肉でも充分なお出汁が出るので、たっぷり使ってもしゃもしゃ乗せちゃいます。
好きなタイミングで乗っける卵がまた。。。。

って、なんの話してるんでしょうね 


さて、マグネット用粘土パンもいよいよ後半戦に入ってまいりました。
今日から予定通り、菓子パン類を作り始めようと思います。
と、その前に、おととい作ったこのパンを忘れてました。

s-マーブル失敗0126.jpg

パンフラワー用粘土ファリネッタさんで、色をマーブルにして作った
マーブル食パンです。
カットして、中の模様がきれいに出たかどうかをチェックします。

s-コレジャナイ0126.jpg

えーーーーーっと。
失敗でした~~~ 
わたしの思ってたマーブルパンていうのは、
チョコ生地がもっとはっきりと入り混じった感じになってるやつです。
これじゃマーブルっていうより、混ぜるの失敗したクッキーです 

よく考えてみたら、マーブルパンの作り方ってこうじゃないですよね。
生地に半端にチョコを練り込みかけて焼くわけじゃなくて、
チョコ生地をしっかり作ってから畳んで焼く、もしくは
生地の上にチョコを乗せて焼くのが正解な気がします。
今回は初めての試みだったんですが、コレジャナイことだけはわかりました。
もう一度、マーブルパンにチャレンジです。

まず、生地をプレーンとチョコの2枚用意。

s-仕切り直し0126.jpg

重ねてクルクル巻きます。

s-仕切り巻0126.jpg

巻いた生地を四角い食パン型にまとめて、これでどうだ!?

s-マーブルパン0126.jpg

今回ははっきりと2色の生地に分かれたはずなんですが、
カットしてみないと結果がわからないのがソワソワします。
結果はまた2日後ですね。
綺麗にできてるといいな。

さて、本日の制作物はここからが本題です。
菓子パンを作るんですよ、菓子パンを。

まず最初。
プロAを、紙より薄く大きく延ばしました。
カッターで5mm幅にカットして、そのまま全部重ねます。

s-杭にーきじ0126.jpg 

巻き巻きデニッシュと同じ作り方ですが、いつもよりも層が薄め多めです。
これをクルクル巻きまして。

s-潰す0126.jpg

潰します 

これは、クイニーアマンを作ってる所。
今まで作ったことがない菓子パンを探してたら、画像検索で引っかかってきました。
クイニーアマン、旨いですよねぇ。
甘くてしっとりさっくりで、あのカラメルの固まったところが溜まりません 

クイニーアマン用の生地は、いつもよりちょっと黄色めにしました。
バター(amann)の菓子(kouign)という意味なので、
一目でほかのデニッシュとは違う見た目にしておこうと思いまして。

簡単なので、2個作っておきました。

s-アマン0126.jpg

最後の砂糖を焦がした感じをどう作ろうか、今からいろいろと考えてます。

次も巻き巻きですが、デニッシュやシナモンロールとは
根本的に違う方向の巻き巻きパンです。

まず生地を準備。
過去の自分のブログを見たら、長さ11cmがおススメって書いてありました。

s-コロネ生地0126.jpg

愛用のコロネ型(ただのエンピツキャップ)にクルクルと巻きつけます。

s-クルクル0126.jpg

タオルの上で軽くつぶしながら歯ブラシで質感を付けたら、
チョココロネのパンの完成です。

s-コロネ0126.jpg

なんか思ってたよりずんぐりになっちゃいました。
もうちょっと細長い方が好みだったかなぁ。。。
まあいいか。

同じ巻き巻きでもうひとつ。
パーツ箱の中から、以前作ったソーセージが出てきたので。

s-棒セージ0126.jpg

ソーセージロールを作りました。

s-にコロール0126.jpg

一つは普通の巻き付け型。
もう一つはデニッシュ生地のかぶせ型にしてみました。
いや、べべ別に、巻くのに飽きちゃったとかじゃないですよ 

お次もいつもの菓子パンです。
菓子パンの中では多分一番たくさん作ってる、メロンパンを作ります。
やっぱりちょっと黄色みを強くした生地を作りまして、
半球形につぶしておきます。

s-メロンの元0126.jpg

いつもだったらこのままつまようじか何かで筋を付けて終わりなんですが、
毎度同じ形だと飽きてしまうので、
今回はちょっと違うメロンパンを作ろうと思います。

モデペーを召喚、黄色と白のアクリル絵の具を混ぜて、クリーム色の生地を作ります。

s-皮の元-126.jpg

それをつまようじでパンの表面にペトペトと塗り付けます。
ところどころ隙間を開けつつ、ランダムな形になるようにポコポコと盛り上げます。

s-メロン0126.jpg

さっくりクッキー生地で包んだメロンパンをイメージしてみました。
はじめてだったけど、割と思った通りにできて満足♪
色を付けるのが楽しみです。

て処で、今日はおしまい。
今日もそこそこの数ができました。

s-今日の0126.jpg

。。。写真撮りながら気づいちゃったんですが、
コロネだけサイズ間違ってますね。。。
なんでこいつだけこんなにデカいんだぁぁぁ 

ま、まぁ。
盛り合わせの時に考えればいっか。
面倒なこと難しいことは先延ばしにする性格です 

残り時間で、月曜日に作ったファリネッタ製のパンに着色してみました。
粘土の性質なのか、それともサイズが小さめだったからなのか、
もうほとんど完全乾燥状態でした。

s-着色前0126.jpg

はじめての粘土なので顔料の乗りも気になるところですが、
他の粘土とほとんど変わらず、違和感なく着色できました。
薄く延ばして巻いたデニッシュ風も、薄い部分が折れてしまうこともなく
しっかりと硬くなってました。
パンフラワー用って言ってますが、ファリネッタさん、
フェイクフードに使っても全然問題なさそうですね。

着色もつつがなく完了。

s-着色後0126.jpg

先週捏ねた分も入れると、着色済みのパンが
けっこう溜まってきました。
これから菓子パンの続きとデニッシュを作るわけなんですが、
一度並べてサイズと数をチェックしたほうが良さそうです。
明日にでも時間があれば、一度レイアウトしてみようと思います。

というわけで、お酒も飲み終わっちゃったし、今日のブログはこの辺で。
最近眠くてたまらないんですよぅ 
お正月疲れが今頃出てきたんでしょうかねぇ?
ふとん乾燥機でホカホカに温めたお布団にもぐりこみま~す 

それではお休みなさい、また明日~~ 

北欧再び(フィンランドのシナモンロールにリトライ)

寒い寒いと毎日言いながらも、少しづつ春が近づいている気配を感じる今日この頃。
日が延びてきましたねぇ。
一日ごとにお布団が干せる時間が長くなってきて、うれしい限りです。
風は冷たいですが、お日様に少しづつ力が戻ってきている感じがします 


さて、マグネット用の粘土パンを捏ねるウィーク3日目。
ここまででトッピングがいらないシンプルなパンを捏ねてまいりました。
そこそこの数が溜まってきたので、そろそろ華やかなパンシリーズの
菓子パンやデニッシュに取り掛かろうかというころ合いでございます。
で、どんなパンを作ろうか、過去のブログをさかのぼっておさらいをして参りました。
そしたらですね。
丁度1年くらい前、去年の2月に書いた自分のブログを見つけたわけですよ。
見つけたって変か。思い出したっていうか?

そこで捏ねてたのが、北欧でお母さんたちが作るシナモンロールだったんです。
おお!あったあった!そんなことあったわ~~ 

読み返してみたら、フィンランドのシナモンロール「コルヴァプースティ(殴られた耳」に挑戦して
悪戦苦闘の末に大失敗した記憶がよみがえってまいりました。
。。。その時の悪戦苦闘を笑ってやろうじゃないって方は、
こちらをご参照ください  北欧与し難し

そのころ主に使っていたのが軽量樹脂粘土と樹脂粘土のミックス。
パンの質感を突き詰めてた頃なので、紙粘土なんかも多用しておりました。
ブログを読んで、フツフツと当時の記憶がよみがえってきちゃいましたよ。
そういえば悔しかったっけなぁ。。。 
あれから苦節1年。
粘土にも慣れてきたし、もう一度トライしてみようかなって気持ちになっちゃいました。

ということで、菓子パンは後回しにして、今日はシナモンロールを
集中的に作りたいと思います。

使う粘土は樹脂粘土のプロフェッショナルAです。
シナモンロールは久しぶりなので、まず小手調べに
失敗しにくい形を作ってみました。

s-メガネ0125.jpg

両側からクルクルと巻いたメガネ型です。

シナモンロールを作るときのマイルールといたしまして、
あらかじめシナモンパウダーっぽく着色してから形を作る手順を踏みます。
このメガネ型だけは、白と茶色の2色の粘土を準備して、
重ねてから巻き巻きをしております。
いつも作るパンに比べると、ちょっと厚みがあるままで巻くのも
シナモンロールを作るときのコダワリです。

もうひとつ、こちらは使い勝手が良いのでシアトル風のカタツムリ型も作りましょう。
粘土を厚めに伸ばして、片面にアクリル絵の具のこげ茶で色を付けます。

s-汚い紐0125.jpg

この状態、何度見てもこ汚いですよねぇ 

カタツムリ型は簡単で、そのままクルクルと巻くだけです。
巻いてから歯ブラシやつまようじを使って、フチを丸くつぶしておきます。

s-点々0125.jpg

出来ました~。

s-巻貝0125.jpg

毎度おなじみ、同じ量、同じ手順で作ったのにまったく違うものが出来る病です 

粘土の着色も巻き巻きも、ついでにプロAの扱いもだいぶ慣れてきたので、
いよいよコルヴァプースティに挑戦します。
ちなみにどんなシナモンロールかって言いますと、こんな感じです。

23100569_1d42ed2b89_m.jpg

お仕事でもお世話になってるフリー写真サイトさんから拝借。
まん中が潰れて、両側のクルクルがちょっと上を向いたような形です。
邦画の「かもめ食堂」で登場して日本でも有名になったシナモンロールです。

この両側がちょっと上を向いた形を作ろうと、1年前のわたしは四苦八苦しました。
巻き方を工夫したり、巻いてからの成形でいろいろ試したりしたもんですが、
どうしてもこの形が作れずに断念しております。

で、今回は初心に立ち返ってみることにしました。

このコルヴァプースティの元々の作り方は、
大きなシート状に伸ばした生地にシナモンパウダーを振り、
そのまま長いロールケーキ状にクルクルと巻いて、
それを三角形にカットしてから焼き上げるという物。
カットが三角形なので、出来上がりがこんな風にいびつになるというわけです。

ならば、リアルなパンの作り方をそのまま踏襲してみようじゃありませんか。

まず、シナモンロール用の生地を作ります。
本物と同じように大きめに伸ばした粘土に、アクリル絵の具で片面だけ色を付けます。

s-汚い板0125.jpg

こ汚い粘土Part2 

これをそのまましばらく乾燥させ、巻いてからカットしても
断面が潰れてくっつかないくらいまで表面を乾かしてしまいます。
そう。
後からカットする食品を作る場合、このくっついてしまわないという加減が難しい。
ハンドメイド専科さんに納品した焼き鳥のネギなんかもそうなんですが、
粘土が柔らかいうちに巻いてしまうと、カットしたときに断面がくっついて
ただの棒になっちゃうんですよね。

かなり乾燥したものをロールケーキにして、カットしてみます。

s-カット0125.jpg

右側のかなり角度がある三角形が、コルヴァプースティ1個分です。
カットしたばかりだとこんな感じ。

s-カットした0125.jpg

まん中は、つまようじで押して少しつぶしてあります。
。。。。。。。できた!この形だ 

なんてこったい。
本物の作り方をそのまま真似れば良かったんじゃん。
普段から多くの物は本物をまねて作ってるのに、なぜこれだけ無理に
手作業の造形で作ろうとしてたんだか 

とはいえ、これで完成じゃありません。
本物のシナモンロールは、この状態の生地をオーブンで焼くんですから。
焼いて膨らんだ形が完成形。
こんなにスッパリと断面が見えてるようじゃリアルじゃないんです。

つまようじでゴリゴリと強弱付けます。

s-潰す0125.jpg

外側ほど大胆に、内側は飛び出して見えるように、とにかく潰します。
乾燥した生地から作っているので、もはやかなりバリバリ状態。
中々思うようにきれいに丸みがある膨らんだ状態になってくれません 

何とか質感を付け終わりました。

s-耳0125.jpg

ちょっと生焼けな感じもしますが、カットしたてよりはパンになった気がします。
わかった。コルヴァプースティの作り方がわかったよ 

今回はすごく小さく作ったのと、加減がわからずに乾燥が進んでしまって、
最後の質感を付けるのが間に合わなかった感があります。
次に作るときは、もう少し仕上げで本物っぽい感じにできるんじゃないかな。
忘れちゃわないうちに、もうワンサイズ大きいものをおさらいしておこうと思います。

何だかものすごく肩の荷が下りた気分 
最後は1年前に作り方を完成させていた、スウェーデンのシナモンロールです。
その時に作った道具も掘り出してきました。

s-道具0125.jpg

竹串を3本束ねただけですが。

この竹串に色を付けてねじった生地をクルクルと巻きつけます。

s-巻き巻き0125.jpg

最後の部分をまん中の穴に通して結び目を作れば、「ノット型(結び目)」
または「ストックホルム巻き」と呼ばれる形のシナモンロールが完成。

s-結びめ0125.jpg

この形、普通の巻き巻きデニッシュともちょっと違ってて、
コロンと立体感があって結構好きです。
凸凹してるので盛り合わせにしてもポイントになってくれて便利。

というわけで、今日のシナモンロール大会終了です。

s-シナモン1025.jpg

けっこう作りましたね~ 
コルヴァプースティについては、まだまだ改善の余地ありなので
今回作った物をそのまま使えるかは微妙ですが。
綺麗にできたほうを表に出して上手く配置しちゃえば、いくつかは使えるかな。

なんだかものすごく充実したねんど遊びでした。
お仕事では毎回新しいものにチャレンジさせてもらってますが、
パンはだいぶやりつくした感があったんですよね。
まだまだトライしなきゃいけないものがたくさんあることがわかって
ちょっとワクワクです 

明日は。。。
ライティングのお仕事がちょっと押してるので、粘土の時間がどれくらいとれるかわかりませんが、
今度こそ菓子パンに取り掛かろうと思います。
何を作るかは、明日の気分次第ってことで。

それでは今日はここまでにいたしましょう。
いつも来てくださる方、ありがとうございます。
また明日~~