ちょこちょこ遊び(お仕事始末とパリヤさんのパンと)

日に日に昼間が伸びつつありますね。
先週までは3時半にはお洗濯を取り込んでいたものが、
今日は4時過ぎでもまだポカポカしておりましたよ。
春が近づいてるんですね。
まぁ、今週末は関東も大雪だそうですけど 

先週末金曜日、予定通りフェイクフードのお仕事を終わらせまして、
久しぶりにのんびりと週末を過ごしました。
お正月以来遊び詰めだったんで、どこへも出かけずにおうちでまったりするのは
何気に久しぶりだったりします。
おかげさまでのんびりしすぎて、今期は内職のノルマに届きませんでした 
まあね。
年末年始で延べ10日以上もお仕事さぼってたら当たり前なんですけどね。
その分今月来月はガンバル!タブン! 

お仕事の納期前は、3日ばかりテキストエディターとガチのにらめっこ。
ずっと文字を打ち込んでいるので、肩も腰もコリッコリです。
その間満足に粘土遊びもできないので、終わったとたんにハッチャケるのも毎度のこと。

お仕事で初めてのフェイクフードを作ると、
納品が終わってから「ああすれば良かった」というのがポコポコと浮かんでくることがあります。
文章にし始めてから、なんか足りない気がして一品作り足しちゃうこともあります。

例えば今回、ウインナーっていうテーマがあったんですよ。
ウインナーなんて、粘土丸めて伸ばしたら完成の超お手軽フードなわけなんで、
テキストもとてもシンプルなものになりました。
が。
なんとなく物足りなくなっちゃったので、ちょっと作り足ししました。

納品したのは、こういうシンプルなやつです。

s-ウインナー.jpg

いかにもビール好きって感じですよね 
で、作り足したのは、こんな赤いウインナー。

s-赤ウインナー0116.jpg

作り方を追加したのは、たこさんウインナーです。

s-たこさん0116.jpg

なんか、わたしが"ウインナー作って"って言われると、
最初のビールのつまみ的な奴しか浮かばないんですけど、
世間一般の女子的には、こっちかなぁと思ったりして。

このたこさん、見た目よりかなりしっかりできてまして、
いかにも折れちゃいそうな足もガッチリ固くできました。
可愛いので、イヤフォンジャックにでも使用かと思案中です。
記事がアップされたら考えよう。

お仕事つながりで言うと、
最後まで悩んだのが枝豆でした。
作るのはさほど難しくもないんですが、微妙な質感とか産毛とか、
ものすごくやり残した感があっちゃうんです 

なので、枝豆も納品後にもう一度作り直しをしてみました。

s-カット0117.jpg

作り方テキストでは、さやに納まった枝豆オンリーで終わらせたんですが、
せっかくなのでちょっとはじけた形を作ってみようと思いまして。
皮にする粘土を完全に乾燥させてから、ボンドで貼り合わせてまわりをカット。
そうやってできたのが、こちらです。

s-枝豆0116.jpg

プチっとな。

まだ仕上げが残ってますが、作り方はこれで良さ気な気がします。
あとは産毛だよなぁ。。。
なくてもいいけど、やっぱちゃんと生やしてあげたいなぁ 

せっかく枝豆を作り始めたので、以前からトライしたいと思ってたやつを
テスト的に作ってみました。
材料はこちらです。

s-アルミチューブ0116.jpg

これはハンズで買ってきたアクリルパイプ。
これを短くカットして、カット面をやすりでなめらかにしておきます。

s-カット0116.jpg

透明なレジンを使って、底の部分を作ります。

s-底0116.jpg

もうお察しですよね。
これはビールを作ってる所です。

s-ビール0116.jpg

ビールと泡もレジンを使っています。
作り方自体は単純なんですが、問題はジョッキの取っ手です。
細いアクリル棒を買ってはあるんですが、どうやって取っ手の形にしようかな。
熱で曲げるしかないと思うんですが、良い型を探して一時ストップ中。
取っ手がきれいに作れるようになったらいくらでも量産できちゃうので、
夏に向けてビールのストラップとか作りたいな。

お仕事の熱もやや冷め、そろそろ新しいものを作りたくなってきました。
そういえばパン作りもかなりのご無沙汰になっちゃってますよねぇ 
今週はモリモリと新しくパンを作りましょ♪って思ってたんですがね。
なんかちょっと、斜め上な方向によれてしまいましたよ。

というのは、漫画のせいです。
わたし元々漫画大好きなんですが、最近はあまり続けて読むものもなく
ほとんど買ってないんですね。
唯一ずっと買ってるのが「乙嫁語り」という森 薫さんの漫画です。

ご存知の方も多いと思いますが、コレ、中央アジアの草原地帯の人たちのお話。
花嫁さんと花嫁になる娘さんたちを中心に、ものすごく細かい描写で
あちらの生活を描いておられるのですよ。
国で言うと、カザフスタンとかウズベキスタンとかウイグルとか、
そのあたりの19世紀後半くらいの生活が、
そりゃもう「あんた本当に住んでたんじゃないの?」くらいの緻密さで描かれております。
その最新刊の主人公が、パリヤさんという恋する乙女です。
乙嫁とパリヤさんを語り始めると1晩かかっても終わらないので割愛するとして、
パリヤさんの数少ない特技が"パンを焼くこと"なんですよね。

夕べパパさんに会社帰りに買ってきてもらった最新刊を読んでたら、
パリヤさん、モリモリとパンを焼いておりました。
もうこれは、粘土で作るしか 

中央アジアで食べられるパンは、食パンでもフランスパンでもなく
いわゆるナンです。(現地ではノンとも言うようです)
丸くて平べったくて、イースト発酵していない素朴なパンなんですが、
何がスゴイってパンに模様がついてます。
1枚1枚手捏ねで作るときに縁起を担いだりデザインに凝ったりして、
そのバリエーションは見てるだけでウキウキです。
言葉で説明しても伝わらないと思うので、
フリー写真サイトから拝借してきたのがこちら 

bread-196511_640.jpg

これは代表的な形ですが、漫画のパリヤさんはパン作りが特技というだけあって
かなり凝ったデザインのナンを捏ねます。
というわけでチャレンジ開始!

実は、このナンの模様を付けるのには専用の道具があります。
金属製のスタンプみたいになってるやつで、それでナンの表面にポンポンと
柄を付けて行くんだそうです。
当然そんなものはないし、そもそもサイズが全然違うので、
ここはつまようじ一本で頑張ります。

s-チクチク0117.jpg

今回の漫画で紹介されていた柄は3つあるんですが、
サイズ的にまずは簡単な相な物にトライしました。

s-タンポポ0117.jpg

漫画の表紙になっていた花みたいな円をつないだ模様。

s-鷹の爪0117.jpg

漫画では鷹の爪と説明されていた模様。

s-縄0117.jpg

最後は縄の模様にしたかったんですが、小さすぎてうまくいかず。

それぞれの粘土は10cc。
わたしにしてはかなり大きめサイズで作ったつもりだったんですが、
やっぱり細かい模様は付けられませんでした 
これはもう、器用さとか慣れがどうというよりも手際の問題です。
作りながら道具とかアレコレ考えてるんじゃ間に合わないので、
あらかじめ紙か何かにデザインを描き起こして置いて、
サイズに合わせた道具を全部そろえておかないと無理っぽい。

。。。ということだけがわかったチャレンジでした 

ちなみに今回使った粘土は、プロフェッショナルAです。
前回カサカサ感がある表面が意外にきれいに作れたので選んだんですが、
プロA様がものすごく乾燥が早いってことをすっぱり忘れてました。
模様付けてる間にどんどん表面がパサパサになっちゃって大ピンチでしたのよ 
次回は別の粘土でもやってみたいと思います。

ナン欲がとりあえず満たされたので、次はまた新作マグネット用のパンに取り掛かります。
マグネットの形自体もいろいろ考えてみたいと思ってます。

そして、前回ミニチュアフードの神様のマネをして作ってみた極小米粒ですが。

s-米シート0111.jpg

コレですね。

完全に乾いてから米粒を外してみました。

s-パラパラ0116.jpg

軽くもむようにしながら指先で撫でていると、
ポロポロと剥がれて落ちてきます。
粘土の厚みやポチポチしたときの力加減が均一でなかったせいか、
ところどころどうしても剥がれないところが残っちゃいましたが、
方法としては間違ってなかった模様です。
最終的に作れたのがこちらです。

s-チョビット0116.jpg

。。。。少なっ 

まあ一粒づつが小さいので、これでも数にすると結構あるんですよ。
どっちにしてもパンのトッピングのケシツブなので、
それほど大量に使うわけでもないし。
今回はこれで良しとしましょう。
今度時間ができたら、もうちょっとたくさんの粘土で作ってみたいと思います。

こんなところかな?

気付いたらもう、1月も半分過ぎちゃってました。
1年の1/24終了ってことですよね。大変だ。

内職や家事もやらなきゃですが、今週はもうちょっとパンを作る予定です。
あまり目新しいことはやらないつもりですが、
またネタができたらご報告しますね。

それでは今日はこの辺で。
また近いうちに~~ 
お休みなさ~い 


明日があるさ(久々の和菓子で失敗しまくり)

太っちゃいました。。。 

お正月からこっち、いただきもののお餅が美味しすぎた結果、
気付いたらジーパンがきっつきつになってました。
元々お昼はほとんど食べない人で、お茶碗半分の冷や飯を残り物のお味噌汁で
猫まんま雑炊にして食べるのが日課。
なのにこの10日ばかり、毎日お餅を2枚とかモリモリ食べてたら、
そりゃぁまぁ、当たり前に太ろうってもんです。
元々在宅ワークで椅子から動かないうえに、お正月休みは
そのお仕事もほどんどやってなかったという 

気持ちを入れ替えて、昨日今日とお買い物はチャリンコを使わずに徒歩で行っております。
と言ってもゆっくり歩いて7分程度のスーパーまでなんでたかが知れてます。
ところが、買い物入れて30分弱のこのお出かけしただけで、ふくらはぎが張る事態に 

こりゃダメだ。
マジで動かないと、スターウォーズのジャバザハットになっちゃいそうです。
1年ちょっと前まではハイヒールでカツカツ走り回ってたってのに、
一体どうしちゃったていうんでしょう。
人間堕落すると本当にあっという間にダメになっちゃうんですねぇ 
明日からダイエットする!マジで!

お仕事のフェイクフード、この週末で作成と写真撮影はすべて終わりました。
今日からもりもりとテキストを書いております。
今週中には全部仕上げて納品する予定。
そのためには1日2本仕上げないといけないんですが、このテキスト作成がものすごく肩が凝ります。
今日も朝からお昼過ぎまで頑張って肩がバリバリになっちゃったので、
久々に自分のお楽しみで粘土を捏ねようと思います 

新年のあいさつを兼ねてわたしの実家に行ったときに、
昨年作った和菓子をいくつか持っていきました。
母がたいそう気に入ってくれたようで、持ってったの全部置いてきちゃいました。
ブローチやら根付やら結構あったんですけど、そんなにたくさん何に使うんだろう 

ま、喜んでもらえたのはうれしかったんで、
今度は春の和菓子に挑戦しようと思い立ちました。
最初のお題は、去年もチャレンジしたことがある桜です。
作り方のおさらい。

まず粘土を2つに分けて、半分をピンクに着色。

s-たま0111.jpg

白い方の粘土でピンクの粘土を包んで、手のひらでコロコロしてまん丸にします。

s-包む0111.jpg

少し指でつぶしたら、5等分に切れ目を入れます。

s-5等分0111.jpg

5。。。5等分??
なんかものすごくバランス悪いですけども。。。 

前回作った時も同じように配分が悪くなっちゃって、
それで一度こね直したんでした。
そしたら最初に付けた割れ目がきれいに馴染まなくて、
ヘンな割れ目やヒビがたくさんできたんだったよなぁ。。。

なので今回は、バランス悪いまま最後までやっちゃおうと思います。

花びらのくぼみを付けます。

s-花びら0111.jpg

さらにそれぞれの花弁に浅く切り込みを。。。
あ、あれ?

s-桜0111.jpg

なんでだろう。
なんかすごく不格好になったよ?
前回と同じように作ったのに、前回の方がはるかに可愛らしい形になった気がします。
単に配分が悪いってレベルじゃありませんよね。
花びらだってこんなにムニムニしてなかったはずだけど 

なんか、失敗。
せっかく作ったのに、残念な結果になってしまいました。
ここまでやっちゃったら作り直しもヘッタクレンもないので、このまま乾かします。
こんな形じゃ使い道もなさそうだけど、次回の反省点として取っておこう。。。

気を取り直して2つ目行きまーす!

今度は粘土を1/3だけ取りまして、茶色くあんこにしました。

s-あんこ0111.jpg

残りの生地を着色して、2色のグラデを作ります。

s-皮0111.jpg

ピンクと黄緑で、これは薄く延ばしてあんこを軽く巻き、
桜の花びらを飾るあんこ菓子です。

s-くるりと0111.jpg

くる~り。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

失敗しました 

s-失敗1.jpg

こんな簡単な形、なんで失敗しとるんじゃーーーーー 

なんかね、巻くところまでは普通にいったんですよ。
巻いた後で形を整えようとしたらバランスが悪くて、
それをいじくりまわしてたらグシャっとなって。。。。。
あーーーーもーーーーー 

どうにもならなくなっちゃったので、ひとまとめにしてしまいました。
茶色とピンクと黄緑が入り混じって何とも言えない色合いに。
もうどうしようもないので、焦げ茶色を足して小豆にしちゃいました。

s-小豆0111.jpg

きっといつか、使う日が来ることを信じて。。。
はぁ~~、新年早々うまくいかないわぁ。。。 

こんなことで凹んでる場合じゃないので、再度気を取り直してもう一個。

今度も1/3と2/3に分けて、片方は薄く桃色に着色。
大きい方は濃い目のピンクに色を付けました。

s-三等分0111.jpg

小さい球を、平たく延ばして二つ折りにしたピンクの粘土でク~ルリ。

s-お着物0111.jpg

お着物です。
これはネットで見つけたお雛様の和菓子。
お着物の練り切りがふわりとしていてとてもかわいかったので、
同じように作ってみました。

が!?

s-雛じゃない0111.jpg

ぎゃ~~~ 

顔付けたらなんか怖くなった~~ 

なんだこのホラーな感じ。
明らかに何か企んでる赤ちゃん型の人形みたいな不気味な物が出来上がっちゃいました 

あまりにもコワかったので、思考停止してぐちゃぐちゃーーっと。。。

s-失敗2.jpg

ああああああ!
本日2個目のグチャ玉発生。
なんでどうしてこうなった!?

なんだかこの粘土でお菓子を作る気分になれなかったので、
止む無くクッキーローラーで薄く延ばしてしまいました。

s-延ばした0111.jpg

なんか、今日はもうダメっぽいです。
何を作っても成功する気がしないや 

仕方ないので、前々から気になっていたことをちょっとだけやってみることにしました。
それがこちらです。

s-米シート0111.jpg

薄く延ばした粘土に、ちょっと先端をペンチでつぶしたシャーペンで跡を付けます。
これはお米を作る手法だそうで、以前テレビでミニチュアフードの神様
田中智さんが紹介していたやり方です。
田中氏は1/12のドールハウス作家なので、作るお米粒も極小。
極小のお米を作る方法は、100均の注射器型シリマーを使う方法を試したことがあります。
シリマー、とても便利なんですが、すごく力がいるんですよね。
なのでこの方法、すごく気になってたんです。

ちなみにシャーペンの先はこんな感じ。

s-シャーペン0111.jpg

ちょっと楕円形になってます。

で、これで薄い粘土をチクチクと型抜きしていくわけなんですが、
実際に型を抜いてしまうとシャーペンの先に粘土が詰まっちゃうので、
抜き取らない程度に跡を付けておいて乾いてからほぐすことになります。
ところがですね。

s-近影0111.jpg

どアップで見ると、あちこち穴が開いてるの判りますかね?
この穴はつまり、シャーペン側に粘土がハマっちゃった部分です。
こういう風に型が抜けちゃうと、シャーペン側は粘土が詰まってしまい、
ただの棒になっちゃいます。
そうなると型はつかず、ただ無駄に穴が開くだけになっちゃうんですよね。
なので、シャーペン側に粘土が詰まるたびに待ち針の先で粘土を掘り出すという
ものすごく効率の悪い作業が発生 
写真でわかる通りかなりの確率で詰まるので、そのたびに手を止めて待ち針ですよ。
はじめてすぐに、イヤになっちゃいました 

しかし、「ナマケモノ 必要は発明の母」とはよく言った物です。
閃いちゃいました 

s-貼りつき器0111.jpg

ガムテ。
女子ならみんなお洋服のホコリ取りとかでお世話になった記憶があるガムテープです。
これを輪っかにしておいて、ペン先が詰まったらツンツン。
そうするとガムテに詰まった粘土が貼りついて、スポっと取れるという寸法です。
アタシったらあったま良い~~ 

これでだいぶ作業の効率が上がったので、30分程度でこねた粘土分は作業終了です。
あとは完全に乾いてから、テレビで見たようにポロポロと剥がれてくれるかですね。
上手くいったら万々歳です 

ちなみにこの粒々ですが、お米ではありません。
パンなんかのトッピングに使うケシの実にしようかと思ってます。

ん?待てよ?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
今これを書いてて気づいたんですが、
ケシの実だったら楕円形にする必要ないじゃん 

うわ~~ん。バカバカ!
穴をつぶさなければ、そのままノックで芯を押し出す要領で
詰まった粘土を押し出せたんじゃね?
0.5mmの針金は持ってるので、針金を芯代わりに詰めて置けば良かったんじゃなかろうか。
テレビに影響されすぎた~~ 
ミニチュアフードの神様のバカバカ~~ 

・・・・田中智さんは一個も悪くありません。
ちゃんと考えればわかることなのに、ホント、今日は何やってもダメダメでした 

落ち込んだところで今日はおしまいにしようと思います。
そういえばさっき薄く延ばしたピンクの粘土がだいぶ乾燥してました。
せっかく乾いたので、100均の桜パンチで型抜きしてみようかな。

s-桜抜き0111.jpg

おお!
綺麗に抜けました 
ついでなんでちょっとまん中をくぼませて、立体感を出しておきます。

s-桜軍団0111.jpg

あら綺麗♪
怪我の功名で、思いがけずにきれいな桜がたくさんできました。
これは近日中に、新しい和菓子にでも使ってみようかと思います。
それまでには調子が戻ると良いなぁ 

最後の最後に一つでもうまくいって、ちょっと浮上しました。
明日もお仕事大変だけど、がんばろうっと。

そうそう。
お仕事で最後まで悩んでた釜玉うどんですが、セリアさんで良い食器を見つけました。

s-どんぶり0111.jpg

ちっちゃいお丼。
多分日本酒用のお猪口か、塩や薬味をちょっとだけ盛り付ける器なんでしょうが、
これ見た瞬間からもう、わたしにはお丼以外の何物にも見えませんでした。

で、完成した釜玉うどんがこちらです。

s-釜玉0111.jpg

けっこうおいしそうでしょ 

この作り方を文書にまとめるのが一苦労ですが、
見てくれる人がいるといいな、と思いながら頑張ります。
掲載されたらまた告知させていただきますので、ぜひ見てやってくださいね 


さて、そろそろパパさんが帰ってくる時間です。
お正月から食べすぎはパパさんも一緒なので、今夜は質素に焼き魚です。
お部屋を暖かくしてお迎えしましょ。

それでは今日も長々とお読みいただき、ありがとうございました。
また近いうちにお会いしましょうね~ 

う~~~ドン!(釜玉うどんへのチャレンジ)

風もなく良く晴れた金曜日。
がしかし!寒い!! 

3連休前なのでモリモリとお洗濯をこなし、お風呂掃除から水回りから頑張りました。
お布団も干したんですが、今一つ気温が低くて残念。
それでもなけなしの陽光を吸って、羽毛布団さんフックフクでございます。
明日からの3連休、家事なんてするもんかという強い意志を示しております 

お仕事の納品物もほぼ出そろい、あとはテキストを起こせばよいところまで来ました。
一つだけ、「うどん」というテーマでもう一品、作り足そうかどうしようか悩んでます。
昨日も写真をアップしましたが、おうどんて結構シンプルな食べ物でして、
まぁ味噌煮込みとかオカメとか凝ったものを作ろうと思えばそれなりに大変なんでしょうが、
一般的に「うどんの作り方」って言われたら、汁を張ったタヌキかキツネかになりますよね。
過去の掲載でラーメンとおでんをやってるので、
麺を作るとことか汁を張るとことか、もう一通り説明し終わっちゃってるんですよ。
なので、きつねうどんだけだと本当に書くことがあまりないんですよね。

で、考えたのが生卵乗っけた釜玉うどんです。

白状してしまいますと、わたし、外であまりうどんを食べたことありません。
選択肢があればまずお蕎麦。
特に讃岐系っていうんでしょうか、丸亀さんとか花まるさんとか、
ほとんど入ったことがないんですよね。
なので、釜玉うどんの実物って記憶が薄くて、今一つイメージが掴めてませんでした。

麺を作って器に盛るところまでは他のおうどんと一緒?
あと、具は卵とネギくらい?
問題は汁で、わたしなんとなく、生醤油を掛けまわして食べるイメージでした。

とりあえず作ってみました。

s-かまた0106.jpg

あ。。。言わないでください。
判ってるんです。
こんなに黒い醤油をガッツリ掛けたりしないんですよね 

実はこの試作をした後で改めてWEB検索してみたら、
どうもほとんどの場合はあとからお出汁か色白の出汁醤油を掛けてるっぽいですね。
う~~ん、おいしそう 
最初から検索して作れよって話なんですが、
今回は生卵をリアルに作るリハーサルだったんで、完成品では気を付けようかと思います。

とりあえず、卵の白身はかなりきれいに作れることが分かったので、
本番は器を市販品に切り替えてやろうかと思ってます。
てか、器から作る時間的余裕も心的余裕もないし 
明日にでも100均で丁度よさげな器を買ってくる所存です。
本番準備のために、

ねぎ作り足しました。

s-青ネギ0106.jpg

本番の器のサイズがわからないので、卵の黄身もSS~3Lまで
豊富なサイズ展開でご用意しております。

s-黄身0106.jpg

釜玉に関しては、麺を捏ねたらあとはレジン仕上げなので時間はさほどかかりません。
来週早々には完成予定です。

あと、お仕事用で完成させたものとしてはこちら。

s-双生児0106.jpg

ソーセージです。
形がシンプルなので、色違いをそろえてみました。
大きい方はほぼシャウエッセン大になってます。
脂っこくテリッテリのソーセージをバッグに下げて歩くオンナって、どうなん?
というセルフツッコミは置いといて、
これはこれでもう、完成です。
ついでにタイトル用の写真も撮っちゃたので、あとはテキストだけ。

というところで、お仕事で手を付けられるものがなくなっちゃいました。
あらあら。

ちょっと時間が余ったので、明日実家に遊びに行く前に、
持っていくものをチョコチョコとアクセサリー加工しておきます。
昨年末、クリスマスイブに妹と会ったときにいくつかパンを渡したんですが、
「和菓子が良かったな~」って言われちゃったんですよね 

というわけで、この子たちの中から持っていけそうなものをチョイス。

s-わがし0106.jpg

まず、毎回ストラップやキーホルダーばっかりじゃ飽きちゃうので
3つほど安全ピンに加工しました。

s-ピン0106.jpg

こういう形の大型のピン、「カブトピン」っていうらしいです。
これは元々ブローチ台座が付いたタイプで、100均だったらたいていのお店で売ってます。
底がフラットで丸い形の物から、単品で見栄えがする形のものを選んでみました。

あとはどうしようかと思ったんですが、とりあえずカニカンだけ付けて、
何にでも簡単にぶら下げられるようにしておきます。

s-カニカン0106.jpg

全部穴あけて金具付けちゃうとつまんないので、4つだけね。
本当はマグネットとかも作りたかったんだけど、
どうも時期的にお正月くらいまでの冬和菓子ばっかりだったので今回は断念。
また春夏ものを作ったら、アクセサリーに加工して遊ぼうと思います。


と、ここで本日はタイムアップ。
明日はわたしの実家へ新年のあいさつという名目でゴチになりに行きます。
明後日と月曜日はどうもお天気悪そうなので、
おうちでパパさんの靴磨きでもしながらノンビリ過ごす予定です。
粘土は。。。できたらやりたいですね。
あんまりさぼってると指先がナマっちゃいそうで 

その月曜日は、成人式なんですね。
なんだか成人式の日っていうと、大雪が降ったりやたら寒かったりするイメージがあります。
今年もあまり天気は良くなさそうですけど、せっかく晴れ着を着る人もいるんだから
出来ればあまり降らないでほしいもんです。
お天道様、頼みますね 

それでは今週はこの辺で。
寒いですけど、風邪なんかひかないように気を付けましょうね 
また来週~~ 

明けまして早5日(正月早々お仕事してます)

明けましておめでとうございます。

なんてご挨拶ももはや聞き飽きておられるであろう1月5日。
会社員の皆さんはすでに満員電車に揺られ、スーパーなんかもすっかり平常営業。
なんというか、夢のようにはかなく過ぎ去ったお正月よ今はもう昔って感じです。

毎年の恒例、年末大掃除から始まる怒涛の冬休み。
年明け元旦はパパさんのご実家にご挨拶(っていうかご馳走をいただきに♪)。
2日は友人たちを招いての大宴会でどんちゃん騒ぎ。
なんだかたった3日ほどで体が重くなった気がします。
ていうか、重くなった。確実に。
お餅うますぎです。。。。


年末30日に粘土納めをして、三が日はお仕事も粘土もお休み。
昨日からボチボチとお仕事のフェイクフード作りを再開しました。
そろそろ納品もしなきゃいけない日付なので、いろいろと仕上げに取り掛かっております。

まず散々迷って迷いぬいて作り方が決まらなかった無花果ですが、
年末に取り掛かった方法で完成させました。

s-無花果0105.jpg

今までの苦労は何だったんだろうと思うくらいラクチンだったのに、
今までの中でもかなり完成度が高い出来になりました。
ハンドメイド専科さんにはこの作り方で納品します。
作り方はブログでは割愛しますが、掲載されたらぜひ作ってみてほしい完成度ですぜ、奥さん 

そしてもうひとつ作り方に悩んで、バターになっちゃうくらいグルグルと同じ場所を行ったり来たりしたこちらの枝豆。

s-毛生え豆0105.jpg

毛のはやし方がどうしても決まらず、白髪が増えるんじゃないかってくらい悩みました。

が。

2日に遊びに来てくれたお友達の中で唯一(多分)このブログを見てくれてる女子が、
ポツリと一言いいました。
「色々悩んでたけど実物見ると毛の生やし方なんてどれもあんまり変わらないと思う」(意訳)。
実際の言葉はもっと違いましたが、それを聞いて一気に突き抜けました。
そうだよね。
考えてみたら、枝豆の毛なんてそんな望まれてるわけじゃないような気がしてきた。

というわけで納品はこちらでやることにしました。

s-豆0105.jpg

毛、ないです。
形の包み方とかちょっとしたコツとか、それだけで十分紙面埋まっちゃうので、
今回の枝豆はこれでもうファイナルアンサーってことで。

あとは正月明け早々から油揚げ作ったり。

s-油揚げ0105.jpg

かまぼこ作ったり。

s-かまぼこ0105.jpg

ねぎ刻んだり。

s-ねぎ0105.jpg

でもって合体させておうどん作ったりしました。

s-うどん0105.jpg

この辺は今まで納品してきたラーメンとかおでんとかとほぼ一緒なので、
あんまり新ネタもないんですよね。
強いて言えば今回の汁はUVレジン使ったってことくらいでしょうか。
おうどんはもう一種類考えているので、そちらは明日仕上げようと思ってます。

そんなとこかな?

あれ、思ったより働いてなかったなぁ 

やっぱり正月明けはエンジンのかかりが悪いっすね。
世間様はガッツリ動き始めてるってのに、なんかまだわたしだけ
お正月気分でポエポエしちゃっててスミマセン 

明日は早くも金曜日で、そのあとは3連休。
わたしのエンジンがかかるのは一体いつになるんでしょうか。。。
まあ、くらげなんで、のんびり行こうと思います。

そういえば話は変わりますが、最近唐突にアクセス数が多い日があったりするんですよ。
で、気になってリンク元のサイトを調べてみたら、
いつの間にか"NAVER まとめ"に載ってたみたいです。
あれって一言も問い合わせとかお知らせとかないもんなんですね。
別に日記代わりのゆるいブログなので著作権がどーのこーのって訳じゃありませんが、
本人がまったく知らないうちにリンク張られてるのってあまり気持ちがいいもんじゃないですね 
有名どころの作家さんたちは、こんなこと日常茶飯事なんでしょうか。
それはそれで大変そう 


今年の目標は、WEBショップを再開すること。
まあ、まだ初心者に毛も生えてないような生ぬるい物しか作れていないので、
気合い入れて人様にお渡しできるようなものが作れたらってことで
ボチボチやってみようかと思います。
まだ12か月もあるし、まぁ、何とかなるといいな。

そんなこんなでグデグデで始まったくらげの一年。
今年もよろしくお付き合いいただければと思います。
来週くらいからはまたボチボチと新作パンにチャレンジ予定です。

本年もよろしくお願いいたしま~す