パンだ子パンだ(新しい粘土でパン祭り)

全国各地の皆様、ご無事でしょうか。
なんかあちこちで大変な雪になっているようで、ちょっと心配です。
わたしの住む関東は雪こそ降っていませんが、午後から身を切るような冷たい風。
外を歩く人もまばらなくらいの寒さです 

週明けなので、午前中はちょっとお仕事に集中。
お買い物はないので、午後からもりもりとねんど遊びをいたします。
実は午前中にAmazonさんからお荷物が届いたんですよ~ 

いつもパンの着色に使っている粉末顔料「焼き色の達人」がだいぶ減ってきちゃったので、
書い足しをしたんですね。
その時に、よくある"この商品を買っている人はこちらも~"っていうコーナーに
あまり見覚えがない粘土が出てきてたんです。
で、パンに合う粘土をいまだに探している身としては、ポチらないわけにいかなくて。

それがこちら、パンフラワー用粘土「ファリネッタ」でございます。

s-ファリネッタ0123.jpg

パンフラワー用って書いてありますが、まあ、樹脂粘土の一種ですよね。
実はこれ、間違って買っちゃったんですよ 
本当は、スイーツデコ作家さんが使っているのを見かける「レジックス」という粘土を
買うつもりでいたんですよね。
なのに、Amazonさんのおすすめリンクに出てきたもんだから早とちりして、
ポチっちゃったんです。
焼き色の達人だけだと単価が低すぎて単品購入できないので、
どちらにしてもほかの商品と合わせ買いしないと送料が無駄にかかってしまうので、
買ったこと自体は構わないんですけども。

まあ、せっかく買ったので早速捏ねてみたいと思います。

おやや~~ 

s-黄色い0123.jpg

なんかビックリするくらい黄色いんですけども。
上の白いのがいつも使ってるコスモス、下がファリネッタさんです。
あからさまに小麦粉っぽい色してますよねぇ。
原料が小麦粉なので、無漂白ってことなんでしょうか 

そしてもうひとつビックリ。
袋を開けたとたんにすごく食べ物臭が!
パンの匂いがします。
イーストも入ってないのに、まんま食パンの匂い。
粘土で匂いがあるやつもありますけど、これはおったまげちゃいました。
パンフラワー侮りがたし!

ワクワクしながら早速捏ねてみます。
はじめての粘土を開封したときのこのワクワク感は、
何度味わっても格別ですね 

開封してちぎってみると、最初はちょっとポソポソした感じがします。
固くないコスモスって感じでしょうか。
でも、コスモスよりははるかに柔らかくて、捏ねるのに力はいりません。

s-すっ切れ0123.jpg

びよ~んと伸びるっていうよりは、ニュッと伸びてスッと切れるという感じ。
捏ねてる感じはモデナに似てる気がします。
柔らかめなので、モデナとグレイスの間くらいかな?
そう。
ものすごく柔らかいんですよ。
弾力は思ったほどなくて、フニャフニャした感じです。
これは質感がしっかりつきそうな予感♪

最初は単純な形を試してみました。
5ccをさらに半分にして、ラグビーボールに丸めます。
つまようじで軽くラインを引いて。

s-ロール中0123.jpg

バターロールです。

s-ロール0123.jpg

跡も付きやすいし、つぶれにくいし、中々素直な良い感触です。
続けてもうひとつ、同じような作り方の物をば。

今度はちょっと細長く延ばしてから、距離が長いので
粘土ベラを使って同じように転がしながら筋を付けます。

s-クルクル0123.jpg

筋が付いたら馬蹄形にくるりと丸めて。

s-くるーり0123.jpg

クレッセント、またはホーンと呼ばれる細いお食事パンです。

s-くれせんと0123.jpg

ねじり加減もチェックしてみます。
長方形にした粘土を一部を残して半分にカットします。

s-真っ二つ0123.jpg

それぞれ軽くねじってから、お尻をくっつけます。

s-ねじねじ0123.jpg

ねじりデニッシュ型。久しぶりに作りました。

s-ねじリング0123.jpg

質感も試したくなったので、歯ブラシを使うものを作ります。
球を少しつぶして5カ所に切り込みを入れまして。

s-カット0123.jpg

そのスキマを、先っちょだけ残してカットした歯ブラシを突っ込んでボソボソ。

s-一本歯0123.jpg

最後にてっぺんにボンドを使って、カットくるみを貼り付けます。

s-くるみ0123.jpg

s-包みパン0123.jpg

クルミパンです。

いよいよ最終試験。
薄く延ばすやつを一つ試してみましょう。

s-延ばす0123.jpg

クッキーローラーで延ばしたところですが、かなり薄くなります。
"蝶の羽のような薄さ"を看板にしているプロフェッショナルAと
ほぼ同じくらいまで薄く延ばすことができました。
しかもちぎれません。

とりあえずクルクル巻いておきました。

s-薄巻0123.jpg

これは。。。えーーーっと。
なんかデニッシュです、多分 
延ばすのに一生懸命になりすぎて、形までちゃんと考えてませんでした 

この薄巻デニッシュですが、ものすごく薄い部分がどのくらい割れにくくできるのか、
それを試すために作ったんです。
薄くできても、乾いてパリッと割れてしまったら意味ないですからね。
。。ということにしておいてください 

最後に少しだけ余ったので、ドイツパンのミッシュブロートにしておきました。

s-ブローと0123.jpg

ここまでのパンは、絵の具を混ぜ込まずに作ってます。
元々小麦粉っぽい色なので、パンを作るにあたっては着色はいらないと思われます。
でも、いざ着色するときに色が乗りにくいと嫌なので、
あえてこげ茶と黄土色を混ぜて色が付いたやつを作ってみた次第です。

というわけで、本日のパンたち。

s-頑張った-0123.jpg

中々いいペースです。
このファリネッタさん、ナニゲにパンを作るには優秀なんじゃないでしょうか。
質感付きやすい、跡が潰れにくい、そこそこコシがあってへたらない。
あとは乾燥した後の強度と、薄く延ばしたところの固さがチェックポイントですね。
答えは3日後!

新粘土を捏ねてご機嫌ついでに、先週捏ねたパンたちを
順次着色してしまうことにしました。
まずは数がある土台のパンというかクッキーというか。

s-土台0123.jpg

塗り面積が広いので、シブシブアクリル絵の具で着色しました。
コレ全部焼き色の達人使ってたら、あっという間になくなっちゃいそうだもの 

できました~ 

s-クッキー0123.jpg

やっぱ、パンていうよりクッキーですね。
ま、ほとんど隠れちゃうので細かいことは気にしないんですけどね。

ついでに先に捏ねて置いたパンも3つほど着色。

s-パンズ0123.jpg

これはプロフェッショナルAで作った物ですが、
薄いペラッペラの部分までしっかりとした硬さになってました。
メイクチップでゴリゴリとこすっても全然折れません。
まぁとはいっても紙より薄いので、使っているうちには折れちゃうんでしょうけど。

今週は、月曜日からかなりスタートダッシュが利いてる感じ?
何しろ作らなきゃいけない数が多いので、まだまだパン作りは続きます 

そして、粘土を間違っていたことに気づいた瞬間に、
Amazonさんのページにすっ飛んで行って、レジックスもポチっとしてしまいましたとさ。
ポイント溜まってたので、正味タダです。
早ければ明日か明後日には次なる新粘土を捏ねられるかも 


明日も寒いんでしょうか。
やだなぁ。
明日は目医者さんに予約が入ってるんです。
また3時間待つのは嫌なので、朝早くから並びに行こうかと思ってるんですけどねぇ 

とにかく寒いので、暖かくしておやすみなさいです。
また次回お会いしましょうね。
それでは今夜はこの辺で、おやすみなさ~い