チビチビチビチビ(シルバニアのパン増殖中)

今日一日は天気が持つと思ってたのに、
お昼に買い物に出たらパラパラと降られてしまいました 
さっむい。
花冷えっていうんでしょうか。
夜に入って、尋常じゃない寒さに思わずストーブ点けちゃいました。
まだ満開じゃないからお花見の人も多くはないでしょうが、
せっかくの金曜日なのにもったいないですね。
その分明日、早めに雨が上がってくれれば差し引きゼロなんですけど。
この、春が来たんだか来てないんだかのもどかしさが、
日本の四季のじらしテクですよねぇ。
春ったら女子力高いわね。
いいから!そういうのいらないから!早く暖かくなって 


月末進行でモリモリとお仕事をこなしております。
普段だったら午前中だけ働いて午後は遊ぶというゆとり主婦ですが、
納期間際と月末だけはそうも言ってはいられません。
お買い物から戻ったらまたお仕事。

でもって、仕事時間が長くなってくるとどうしても、飽きるんですよ。 
だって他におしゃべりする相手がいるわけじゃなし、
お茶を入れても一人ぼっちではテンション上がるわけじゃなし 

なので、飽きるとちょっと2階の自室に行って粘土をちねり、
30分くらいちねったらストップして仕事に戻り。
てなことを、この二日ほど繰り返しております。

今作ってるのは、1/12サイズ、シルバニアファミリーの大きさのパンたちです。
1個当たりがものすごく小さいので、
細かくて神経を使う反面、作業にかかる時間は大変短い。
物にもよりますが、30分あれば2~3個はパンが作れてしまいます。
例えばこんな感じ。

あらかじめ、2.5cc分の粘土にイエローオーカーで色を付けて
ラップに包んでおきます。
パンを作るときは、ここから小ぶりのえんどう豆くらいの粘土を取り分けて作業するんです。

細く延ばして棒を作って。

s-棒0331.jpg

大体8等分にカットして。

s-八等分0331.jpg

指でつぶして、薄くします。

s-潰した0331.jpg

何枚か重ねたら、丸みのあるものでググイ。

s-押し込んだ0331.jpg

これで簡単な丸型のデニッシュが1種類完成。

s-丸型ーズ0331.jpg

ね?早いでしょ。

あるいは、同じように細く延ばしたものをつまようじに巻き付けて。

s-巻いた0331.jpg

つまようじの先サイズのコロネが完成。

s-コロネーズ0331.jpg

最初に作った右側がちょっとコロンとしすぎちゃってたので、
長さを変えて作り直しました。

細く延ばした棒状の粘土にカッターで刻み目を付けておき、
指先に神経集中して少しづつねじります。

s-ねじり棒0331.jpg

縄状になったのをクルクル巻いたら、

s-うずまき0331.jpg

お気に入りの渦巻き型デニッシュやシナモンロール。

s-ネジリーズ0331.jpg

だんだんわかってきたのは、
小さいからってそれほど手順が難しくなるわけじゃないってこと。
確かに作業は細かくなりますが、やり方自体根本的に変えなきゃいけないものは
それほどないんじゃないかと思えてきました。

ええ。。。
作業は細かくなりますけどね。。。 
いつもの四角い薄い生地だって、

s-四角カット0331.jpg

ピンセット使って巻けば。。。グヌヌヌヌ。。。。

s-折り込んだ0331.jpg

ちゃんとデニッシュの形になっちゃいます 

s-デニッシュ0331.jpg

とまあ、スキマスキまでいろいろと作り方をおさらいしてみました。

あと作った物というと、
昨日あまり粘土で作ったオールドファッションに、
お友達のフレンチクルーラーを追加したり。

s-どーなっズ0331.jpg

基本の菓子パン、メロンパンとバターロール&クルミパンとか。

s-メロンず0331.jpg

丸めててっぺんくぼませただけのパンを、

s-あんぱん0331.jpg

半乾き状態のタイミング見計らってペンチで一部齧り取って、

s-食べ口0331.jpg

アンパンやクリームパンを作ってみたり。

s-アンパン図0331.jpg

せっせとお仕事こなしつつ、スタートから3日でこれだけ作りました 

s-3日分0331.jpg

始める前は、1/12サイズなんて到底無理と食わず嫌いしてましたが、
やってみたら普段やってることとほとんど変わりませんでした。
意外~~ 

ただ問題は、このサイズ作って何に使おうかってことですよね。
そこんとこはまったく考えず、作りたかったら作ってみたわけなんですが 
それでなくても100均の最大サイズタッパー一杯にパンが貯まっちゃってて、
人様に差し上げるにももはや限界。
それでもいつも作る「大体1/6サイズ」だったら、
まだキーホルダーとかブローチピンに加工してアクセサリーにもなりますが、
これほど小さいサイズになっちゃうと、アクセサリーったって
ヘアピンやピアスにしても小さすぎて、何が何だかわからんレベルです。
どうしようかなぁ。
作るの楽しいのでもっといろんなものを試してみたいんですが、
使い道を考えないとさらなるドツボにハマる予感バリバリです 

あと、これだけ作ってみてやっぱり思うのは、
道具が欲しいなってことですね。
小さいサイズで何が困るかって、質感を付けるところです。
いつも使ってるつまようじやカッターでは、
細かいザラザラやボソボソが思うように付けられません。
針金を斜めカットした物や待ち針を使ったりしてますが、
尖りすぎてて期待する柔らかい感じにならなかったりするんですよねぇ 

もしこのまま1/12サイズのチャレンジをしばらく続けるなら、
どっちにしても製作用の道具は考えないといけないっぽい。
食器やパンのバスケットなんかも自作してみたいので、
それも含めると何が必要になるのか、今必死で無い知恵絞ってるとこです。
まあ、ボチボチ行きましょう。
どうせいつ飽きるんだかもわかんないしね 


さて。
本日で3月も終わり。
ひいては2016年度も最終日となりました。
明日からは新粘土、もとい新年度 
2017年度は何をしようかな。
また楽しいことを探して、いろいろキョロキョロしていきたいと思います。

来週は、1/12の食器づくりにちょっとトライしてみるつもり。
パンがおいしそうなお皿、作れるかな。。。 

そんなところで今週はおしまいでございます。
来週は桜も満開ですね 
みなさまも夜風にあたって風邪ひかないように、
暖かくしてお花見してください。

それではまた次回。
お休みなさ~い 


細かいこと言うなよ(1/12パンに猪突中)

家の近所の桜の花が満開です 

ソメイヨシノではなく、一重で色白の枝垂桜なんですが、
近辺でその一本だけが、もう枝先までフッサフサに満開です。
なんという種類なのかずっと気になってるんですが、わかりません。
でも毎年この桜が満開になると、缶ビールを持って夜桜を見に行くのが我が家の習慣です。
遊歩道のまん中に生えていて、ちょうど真下にベンチがあるので、
誰もいない静かな夜桜を堪能するのでございます。
。。。。。寒いですが。

今年はいつ行こうかな~
土曜日の天気が悪そうなので、金曜日に早くパパさんが帰れればいいんですが、
年度末の締め日だから無理かな~~ 

さて。
昨日唐突に始まった、1/12サイズミニチュアフードチャレンジ。
お仕事の合間の気晴らしのつもりだったんですが、
かなり楽しかったんでもう、頭がそっちばっかり向いちゃって仕方ありません。
さっさとお仕事を片付けて落ち着いて取り掛かれば良いものを、
ちょっと休憩中も、どうやって作ろうか何を作ろうかと、
新しい遊びのことばかり考えてしまいます。
あそび優先。宿題は常に後回し。
悪い癖です。ええ全く 

そんなソワソワした気分で午前中のお仕事をさっさと切り上げて、
お布団をひっくり返すときについでにお部屋でチェックしてみたら、
昨日こねた小さなパンたちが、すでにカリカリに乾燥しておりました。

パンフラワー粘土ファリネッタは元々樹脂粘土の仲間の中では
かなり乾燥が早い方です。
加えて今回、なんといってもエンドウ豆サイズなので、
多分今日はもう、ほぼ乾いてるだろうなって思ってました 
いや、実際中心部はまだ生乾きかも知れないけど、色を付けるくらいなら問題ないはず!
てか、捏ね終わった瞬間から、色付けたくてたまらなかったんじゃ~~い 

気が散った状態で仕事なんてしても捗らないので、
午後の予定はすべてすっ飛ばしてまずは昨日のパンの着色を
パパッとやっちゃうことにしました 

パンの着色なので、使うのは「タミヤ 焼き色の達人」です。
いつもならメイク用のスポンジを使って色を付けるんですが、
到底スポンジなんか使えるサイズじゃございません。
最初からアイシャドーチップ全開で参ります!

s-達人0219.jpg

ちちち。。。小っさ~~~ 

押さえてる左手の指が攣りそう。
力を入れてゴリゴリしたいんだけど、うっかりバランス崩すと
ポポイとすっ飛んで行ってしまいそう。

あ。。。

気を付けてやってたのに、三日月形のクレセントの着色してたら
案の定指を離れてすっ飛んで行ってしまいました 

慌てて探したんですが、床に落ちたような気配があったものの
どこを探しても見つかりません。
さして広くもない部屋を、はいつくばって隅から隅まで探すこと10分。
おかしいな。
いくら極小サイズとは言え、1cmほどはあるものがまったく見当たらないなんて 

と思ったら、思わぬところから発見!

s-見つけた0329.jpg

椅子のひじ掛けの付け根のところに、チョコンと引っかかってた。
良かった~~見つかって 

小さいサイズの着色は、力加減やなくさないようにするだけじゃない
今まで感じたことがない苦労もありました。
ちょっと油断すると、全体が同じ色調になっちゃうんですね。

元々色味が地味でメリハリが少ないパンのこと。
ぺったりと同じ色になっちゃうとつまらないので、
いつもよりもかなり気を付けて強弱付けて焼き色付けました。
全部で7個、かかった時間は1時間弱。
(飛ばして、這いつくばって、発見するまでの時間は含まないものとして)

まだ日があったので、太陽光で着色チェックしてみました。

s-ミニハード0329.jpg

お皿代わりは10円玉です。
昨日開封したばかりのシルバニアセットのお皿を使おうとも思ったんですけど、
計ってみたらシルバニア皿と10円玉がほぼ同じ大きさだったんですよね。

s-55年0329.jpg

なので、大事なシルバニアは保管しておいて、
今後サイズを確認するのは10円玉でやることにしました。
頑張ってくれよ、昭和55年の(!)10円玉よ 

苦労して着色したかいあって、普段のサイズとそん色ない出来栄えです。
思ったよりリアルにできてて良かった 
。。。などといつもの自画自賛タイム。

1発目が上手くいったので、もう勢い止まりません。
昔からブレーキのない暴走カタツムリで有名なワタクシ。
仕事も家事も後回しにして、次のパンを捏ねる作戦に突入してしまいました 

本日捏ねるパンは、こちら。

s-カット0329.jpg

薄く延ばしたファリネッタを、長細い二等辺三角にカットしております。
そうです。
この生地は、クロワッサン。

ハードブレッドをやったら、次はやっぱり菓子パンやデニッシュを
やりたいじゃないですか。
デニッシュはいろいろと事情があって後回しにするとして、
(主にトッピングパーツ的な意味で)
クロワッサンとかメロンパンとかなら、割と簡単に作れるんじゃないかと思って。

カットした生地は、しばらく乾燥させてから重ねます。

s-重ねる0329.jpg

もうこの段階から指プルプル。

で、巻き始めの部分にいつも通り切り込みを入れまして。

s-切り込み029.jpg

巻きます!
巻いてるとこの写真なんて、どうやってもムリでした。
両手の指先の全神経を集中して、ほとんどコヨリを撚る勢いで巻きます。
巻けました~♪

s-出来た0329.jpg

ふむ。
まあ、こんなもんでしょうか。
いつもよりちょっとコロンとした形になりましたが、
クロワッサンと言えばクロワッサンな物ができました。
元々クロワッサンは、大きめサイズで作っても形が一定してないんで、
そう考えれば初回にしてはきれいに巻けた方ってことになるんじゃないかと 

なんてご満悦に浸ってたんですが、その満足が一瞬で吹き飛ぶ出来事が 

。。。。。。。デカかった。。。。。。

s-デカかった0329.jpg

OH!NO!
サイズを合わせて作ったつもりじゃったのに、
昨日作ったフランスパンと同じくらいの大きさになってしまいよった 

アレです。
巻き物は、厚みの加減が読みにくいのです。
しかもクロワッサンの場合、巻き終わってから形を整えるために
引っ張ったり押し込んだりしちゃうので、どうしてもサイズが一定しないのです。

。。。ウソです。
明らかに最初からサイズ間違ってました 

てなわけで、仕切り直し。
薄くして重ねる作り方でこれ以上小さく作るのはかなり無理があるので、
デニッシュを作り始めた初期のころに使ってたやり方を採用します。
カッターで細かく層を刻んでから巻く、懐かしの「刻んでGO作戦」でございます。

最初に完成形のサイズで粘土を細長く延ばして大根を作ります。

s-大根0329.jpg

それを指でつぶして、スルメイカを作ります。

s-するめ0329.jpg

そしたら三角の両側にカッターで細かく刻み目を付けて。。。

s-刻み目0329.jpg

そのままいつも通りにクルクルと巻いていきます。
。。。当然この部分の写真は撮れてません。。。

で、どうなるかというと?

s-ミニわっさん0329.jpg

出来たじゃん!
てか、苦労して薄い層を重ねるより、かえってきれいに形になりました。
さっきのあの苦労はいったい。。。 

つまるところ、ある程度サイズが小さくなったら、
単純な作り方にした方がきれいに作れるってことがだんだんわかってきましたよ。
むしろ手を抜くとこは抜いたほうが、リアルな形になるっぽいです。
その加減がまだわかりませんが。

あと一つ分かったこと。
今回使ってるパンフラワー粘土ファリネッタですが、
ハードブレッドはきれいに質感が出て良いものの、
巻いたりねじったりするものには向いてませんわ。
千切れちゃうんですよ、ボソっと。
元々乾くとポソポソした質感になる粘土なので、
あんまりねじったりするには向いてない部分もあったんですが。
サイズが小さい分乾燥が早く、しかも力加減が超難しいので、
デニッシュやねじり物は他の粘土、例えばコス×グレとかプロAとかを
使った方が良さそうです。
メモメモ。。。

クロワッサンの作り方も分かったので満足。
最初に薄く延ばして作った生地の切り落とした端っこが一つまみだけ残っちゃってたので、
それを使ってもう一つだけ、小さいものを作ってから終わろうと思います。

丸めて玉にした粘土に、つまようじをぶっ刺します。

s-ブッスリ0329.jpg

大きいサイズならストローとか使って穴を抜くとこですが、
そんな細いストロー持ってないので、これでオッケ。

細い針金を斜めカットした通称"針金メス"を使って、
細かく刻み込んで形を作っていきます。

s-針金メス0329.jpg

あっという間にオールドファッションドーナッツ~~♪

s-オールドファッション0329.jpg

ふう。
今日は結局、新しいパンは4つしか作れませんでしたね。
まあ、これからもっとハードルが高いものにチャレンジするわけなんで、
肩慣らしにはこんなもんじゃないでしょうか 
しかし、ものすごく小っさいとはいえ作業手順はいつもとほとんど一緒なんですよね。
なので、伊達に1年余り粘土を捏ねてきたのは無駄にはなってないぽいのですよ。

あとは道具ですかねぇ。。。
つまようじじゃ太すぎる局面も出てきそうなんで、
細かい物を作るのに使えそうな道具も、自作するなりして揃えて行かないと。

ふふふ。。。オラわくわくすっぞ 



さて、3月も残すところあと2日になっちゃいました。
さすがに月末近くに脱線しすぎちゃったので、
明日、明後日は真面目にお仕事に専念しようと思います。
粘土に集中して、ちょっと気も晴れたし。

次回はまた、来週この続きでお会いできればと思います。
1/12菓子パンとか、1/12食器の作り方の研究とか、
やること盛りだくさんでとても楽しみです 

泣いても笑っても年度末。
学生のみなさまも社会人のみなさまも、悔いのないように頑張りましょう!
。。。てか、まず仕事しろ、自分 

ミクロの決死圏?(新ジャンル・ドールハウスフードに特攻)

うわぁぁぁぁ 
なななんということでしょう。
前回のブログが3月16日。
そして今日が3月の28日 

ブログを書き始めておそらく初めての、あわや2週間ノーアクションという
信じがたい怠けっぷりを発動してしまいました。
お久しぶりです、お元気ですか。
我ながらこの10日あまり、ホント何してたんだろうって感じです。

元々ハンドメイド専科さんのお仕事が大詰めに差し掛かっていたので、
あまり遊びの粘土いじりはできない想定ではあったんですが、
実を言うとそのお仕事のフェイクフード作りが大いに行き詰ってしまっておりまして、
にっちもさっちもいかない状態に陥っております。
前回、先々週の週末までにほとんど終わってたはずだったんですけどね。
実際、5個のテーマ中4個までは完成して、写真も全部取り終わってたんですけどね。

その行き詰った理由がコレです。

s-失敗マーボ0328.jpg

これ、なんだかわかりますかね。
自分ではマーボー豆腐のつもりで作り始めたものだったんですが。

今回のテーマ、5本の依頼中の2個がフルーツで2個がスイーツでした。
どっちも苦手ジャンルだったんですが、やってみたら意外と楽しく作れちゃって
こりゃ今回は楽勝かな~~・・・なんてちょっと油断してたんです。
最後のテーマが唯一のお料理もの、マーボー豆腐ですが、
ラーメンや水餃子を作ったこともあるんで、同じ手法で簡単にできると
タカをくくっちゃってました。
そしたらこのザマ 

言われてみればマーボーに見えるかもしれませんが、
作り方の説明として掲載できるような出来じゃなくて、困っちゃいました。
ちょっとココロが折れかけてしまい、うだうだと悩んでる内に
こんな日数が経っちゃってたわけなんです 

さすがにこれ以上納期を延ばすのもクライアントさんに迷惑なので、
もう一つミニミニサイズで作っていた方を納品することにしてオチを付けました。
小さい分あまりアラが目立たないので、文書でカバーすれば何とか行けそう。
少なくとも基本的な作り方は問題ないはずなんで、それで勘弁してもらうことにしました。
こんなんじゃ、本当に人様にお教えできるようなレベルじゃないですよね
・・・反省です 

これを期に、ハンドメイド専科さんのお仕事をこれからどうするか、
ちゃんと考えようかなっていう気持ちになりつつあります。
最初はライターとして(フェイクフードのプロじゃないけどって意味で)
超初心者さん向けに基本的な作り方と楽しさが伝えられればOKってノリで始めたんですが、
"作り方"のハードルと比重が高くなってきちゃって、もはやわたしのレベルでは荷が重いかもです。
ていうか、こんなのを堂々とWEBマガジンに載せられてたんじゃ、
ずっと作ってる作家さんたちに怒られちゃう気がしてきましたよ。
・・・って、今さらか~~い 
と、言われちゃうかもですが 

てなわけで、自分の楽しい粘土遊びが手につかなくて、
かなり腐っております。
そろそろ本格的に遊ばないと、ヤバい。枯れてしまう。朽ち果ててしまう 

というわけで、やっと本題に入ります。
今回から取り掛かるのは、ドールハウス用の1/12スケールのパン作りのお話。

先日パパさんとショッピングモールに行ったときに、
おもちゃ屋さんでこんなものを買ってきました。

s-シルバニア0328.jpg

ババーン 

女の子なら誰もが知っている、シルバニアファミリー。
その食器とパンケーキのセットです。
以前ハンドメイド専科さんのお仕事でフェイクフードのサイズについて調べたときに、
このシルバニアファミリーが1/12ドールハウスのサイズの基本になるってことを知りました。
それ以来おもちゃ屋さんを通りかかるたびに買おうかどうしようか悩んでたんですが、
気分が沈みがちな今こそその時でしょ!
とばかりに購入したもの。
これが、ドールハウスの食器なんだ~~・・・と、
感慨深いものがございます。

ワタクシ、今まできちんとサイズを考えてフェイクフード作ったことがありません 
いやまあ、マグネットにするならこのサイズ、
キーホルダーならこれくらいっていうザックリした大きさは決めてますけど、
○/×みたいにきちんとしたスケールで計ったことなんて
まったくもって皆無だったんですよね。
改めて間近に見ると、シルバニアってちッさ !

s-カップ0328.jpg

指でつまめるどころか、つまみそびれて取り落としちゃう小ささです。
こんなサイズに乗せられるフードって、いったいどんな細かさなんだか 

興味はアリアリなので、早速捏ねてみようと思います。
まずは粘土の計量ですが、今まで作ってきたパンのSSサイズ、
2.5ccの計量スプーンに1杯だけ粘土を取り出してみました。
はじめての極小サイズなので、使う粘土は捏ねやすくて腰がある
「パンフラワー粘土ファリネッタ」さんを使います。

s-粘土の量0328.jpg

パンなのでいつものようにイエローオーカーで色を付けておきます。
ファリネッタは元々乾くと黄色味がかるので、ごく少しだけ。
それを、パンケーキのお皿のサイズに合わせて丸めてみます。

s-パンのサイズ0328.jpg

ぐはぁ。。。。 
直径1cmに満たない。
というか、ほぼエンドウ豆のサイズです、コレ。

こんな小さなパンを捏ねたことなんて当然ないので、
最初は細かい作業があまりないハードブレッドを試してみることにしました。
指先で玉ころにした粘土に、歯ブラシでボソボソをつけ。。。。
コラーーー!転がるな!!あと、潰れるな!!!

いつものようにつまようじの先っちょを使って割れ目を付けますが、
つまようじがこんなに太かったなんて思ってもみなかった 
ちょっとつついただけで、クレーターのような大穴(対パン比)が空きます。

s-ブール0328.jpg

寄り目になりながら、やっとこさ2個のブールを作りました。

s-大小ブール0328.jpg

左側は、前回の粘土マグネット用に作った同じブールです。
これでも結構小さいと思って作ってたんだけど、
今思うと巨大。
人間と牛ほども大きさに差があるとは、思ってもみませんでしたよ 

続きまして、やっぱり前回作ったお食事パンで
ブールよりももうひとヒネリ手間がかかるクレッセントというドイツパンです。
細く延ばした生地に、巻いたような跡を付けて行きます。

s-ホーン0328.jpg

グヌヌヌヌ・・・・・・

で、できました。

s-クレッセント0328.jpg

つまようじ、太いですよね。
つーか、簡単なハードブレッドでこのザマだと、
クロワッサンやデニッシュやシナモンロールなんて作れるのかしら 

ここまで来たら、いつものやつも作りましょう。

s-バケット0328.jpg

ブールやクレセント2個分の粘土を使って、
バケットを作ってみました。

そしてですね。
とっても不思議なことなんですけども、このあたりに来てやっと
この作業が楽しくなってきちゃったんですよね 

ネリネリネリネリネリネリ。。。。
チクチクチクチクチクチクチクチクチクチク。。。。 

わーい!
たーのしー!
くらげちゃんは細かいことが大好きなフレンズなんだね!


。。。。そんなわけねーだろ 

いや、楽しいことは本当に楽しいんですよね。
ホント、なーんにも考えないでひたすら指先だけを見つめてる。
そんでもって、柔らかい粘土を尖ったつまようじでチクチクとつつきまわす。
なんていうか、子供のころのあの集中力が呼び覚まされるっていうか?

しかし目が疲れます。
そもそも目の使い過ぎで炎症起こして病院通いしてるくせに、
こんなことしてて良いんですかね 
まあ、パソコンの画面を一日中眺めてるよりも刺激はないだろうし、
目の神経を緊張させたり緩めたりの運動にもなりそうだし、
時々遠い目をしながら頑張りました。

バケット完成~~ 

s-荒バケット0218.jpg

スマホカメラの荒っぽいズーム機能で寄ってみても、
かなりキメが雑な感じになっちゃってるのがよくわかります。
つまようじでは限界なのか?
だがしかし、色を付けてみなければ仕上がりがどうなるかはわからないので、
とりあえず今回はこれで良しとしておきましょう。

最後に残った粘土は、時間の関係もあって細かいことができなかったんで
簡単にフランスのテーブルパン、シャンピニオンにしてしまいました。

s-シャンピニオン0328.jpg

今日、わずか2.5ccの粘土でこれだけのパンが出来ちゃいましたよ。

s-揃った0328.jpg

なんかこう、1年余りねんど遊びをしてきておきながら
改めてやってみたいことが増えちゃいました。
このサイズのパンをたくさん作って盛り合わせたら、超楽しくないかな 

できるだけリアルに。
できるだけ美味しそうに。

サイズ感は大体わかってきたので、次はもう少し
手の込んだパンもトライしてみようかと思い始めちゃいました。
その場合、ケシツブやシュガーパウダーをどうするかとか、
上に載せるフルーツをどうするかとか、
問題が山積みなんですけど、それはその時まで考えないことにしよう 
ていうか、盛り合わせるなら食器も自作しないといけないわけなんですが、
これまたどうしたもんだか皆目見当もつき申さぬ。
ホント、何度でも言いますがフェイクフードの海は広くて深いです。。。


あ、そうだ。
ショッピングモールに行ったときに、立ち寄ったダイソーでまた一つ、
おもちゃを見つけてしまいました。
製菓用品コーナーで売っていた、コレです。

s-新兵器0328.jpg

チョコクリームやバタークリームを絞り出して
デコレーションするためのペン型の道具(多分)。
筒の部分がシリコンでできており、指で押すとフニャフニャとしております。

s-ふにゃふにゃ0328.jpg

実は、お米粒なんかを作るのに、以前から100均のシリマーを使っております。
注射器型のやつですね。
ところがあれ、粘土を押し出すのにものっすごく力がいるんですよ。
粘土をかなり柔らかくしておかないと、ちょっと指で押し込んだくらいじゃ
先から粘土が押し出せません。
いつも机に押し当てて、体重をググイと掛けながら作業してたんです。
でもですよ?
これなら本体が柔らかいので、そんなに力掛けなくても
粘土が押し出せるんじゃないかと思ったわけです。

s-ふにゃ絞り0328.jpg

ほら。
ほらほらほら~~ 

後ろからピストンの棒を押し込みつつ、筒を指でググッと押してやると、
簡単に粘土が押し出されてきます。
すごい楽ちん 

まあ問題もあってですね。
筒が変形するがゆえに、粘土がピストン部分に押し返されて
ちょっと筒の中にこびりついちゃったりすることが解りました。
とは言え作業効率とラクチンさには代えがたいので、
多少の犠牲(無駄粘土)は目をつぶることにいたします。
これでお米ちねりが格段に楽になって、ちょっとハッピー 

2週間ぶりの粘土遊び、楽しゅうございました。
まだお仕事が完全に終わってないので、
(ていうか、テキスト全然できてないので 
本格的にミニミニ・ミニチュアパンを作り始められるのは
もうちょっと先になりそうです。
でも、気持ちがすでにそっち方向でいっぱいになっちゃってるので、
時間を見つけてチョコチョコと練習をしていきたいと思います。
楽しみだな~~早くやりたいな~~ 


お仕事の隙間ができたら、次は今週中にはブログアップを目指します。
気分が上向いてきたんで、残りのお仕事もバリバリ頑張るぞ 

最近ホントにサボり気味で申し訳ありませんが、
これからも見捨てずにお付き合いいただけると嬉しいです。

それではまた次回、遊びに来てくださいね~ 

続きを読む

今週の進捗生クリーム添え(マカロンとかも桃とかマンゴーとか)

週明けから雨模様でぐったり→一転して上天気でご機嫌。
わかりやすい体質のくらげです、こんにちわ 

数日振りのポカポカ陽気で、やっとお布団やらお洗濯が外に干せました。
日中の気温も高くて、お部屋で粘土をいじってても手がかじかむことはありません。
エアコン嫌い+粘土の乾燥防止であんまり空調使わないので、
エアコンを付けなくても作業ができる気候はありがたいです。
もうちょっと温かくなったら、窓を開けて作業ができてさらに素敵♪
はやく春にならないかな~~ 

木曜日にもなって今週初のブログです。
毎日お仕事のフェイクフード作りをやってたんですが、
中々ブログ書くほどのネタが貯まらなくて。
とはいえそろそろ追い込みに入っておりまして、
いくつかは完成間近なところまでこぎつけております。
今週やった作業をダイジェストでお送りするとこんな感じです。

その1.フルーツ2種

今回のテーマは、フルーツが2つ入ってきてました。
「桃」と「マンゴー」です。
最初にテーマを見たときには、ん?待てよ?って思っちゃいました 
だって、桃とマンゴーって、よく似てるんですよね。
いや、丸ごとの形は全然違いますけども、フェイクフードで使うのって
たいてい切り身(?)だと思うんですよね。

本来の意味の、例えば、"ミニチュア果物屋さん"で並べるような
丸ごとな形のものを初心者さんが求めてるとはちょっと考えにくいわけで、
スイーツデコだったりアクセサリーパーツだったりに使うのって、
やっぱカットした状態の物じゃないでしょうかね。
でもって、切り身で表現しようと思うとほぼ同じ作り方のフルーツが
ズバリ、桃とマンゴーだったりするわけです。

とりあえず指定されたテーマなので、どうやって差分を出すかを考えました。
で、作ってみたのがこんな感じになりました。

まずはマンゴー。
フェイクスイーツで一番よく使う形の、カットマンゴーです。

s-カットマンゴー.jpg

平たく延ばしてカットするだけなので、
これだけじゃ記事にはなりませんね 

で、仕方ないのでいろいろと手順を考えて作ったのがコレ。

s-マンゴー0316.jpg

いわゆる「マンゴーの剥き方」的な独特のカットをしたやつです。
ひっくり返すとちゃんと皮も着色してあるんですが、
(しかも結構めんどくさかったんですが)、
作り方を見てこれをやってみようって人はいったい何人いるんでしょう・・・
そもそもフェイクフードでこれを使うのって、かなりマニアックなシーンですよね 
フルーツ盛り合わせ的な?

とはいえ、作ってて楽しくなかったかというと、楽しかったです。
実際の料理と同じように作れるフェイクフードは結構好きなので、
カットして「エイヤ」ってひっくり返すときとか、ちょっとワクワクしました 

そしてもう一方の桃ですが。

s-桃0316.jpg

一つはフレッシュな切り身を作ってみました。
皮つき丸ごとの形はどうしようかと思いましたが、
以前リンゴやイチヂクを掲載したことあるし、
形的にもほぼ丸いだけであまり面白味もないのでやめました。
表面のあのビロードっぽい質感の付け方を知っていれば載せる価値もあるんでしょうが、
残念ながら粘土で産毛をはやすやり方は、枝豆で挫折して以来
全く思いついておりません 

あとは桃缶のホールタイプ。

s-桃ホール0316.jpg

同じく桃缶のカットタイプ。

s-桃カット0316.jpg

このあたりも作っては見たんですが、記事としてアップするかどうか
まだ考えあぐねております。
ホールタイプは穴あけただけの半球だし、カットタイプはフレッシュとまったく同じ形だし。
そもそもマンゴーといい桃といい、これだけを単体で
キーホルダーなんかにしたりはしないわけなんで、
タイトル写真用のディスプレイをどうするかも決めかねてる状態です。
ホントにフルーツは悩ましい・・・ 

その2.マカロン完成形

はじめてチャレンジしたマカロン。
思いがけずサクサク作れちゃったので、大助かりでした。
こちらは完全に乾燥してたので、

s-マカロンクリーム0316.jpg

紙粘土なんかでクリームを作って挟んで、完成させました。
3色ともきれいに発色してくれてよかった 

s-マカロン0316.jpg

あんまりあっさりとできちゃったので、変な色気が出てしまい。

s-飾りマカロン0316.jpg

普段はやらないようなラインストーン使ったデコなんかも
ちょっと追加しておきました。
和菓子以来久しぶりに、女子が好きそうなアクセサリーになりそうです。
マカロンは丸っこいので、バッグチャームにしてもイヤホンジャックにしても
可愛く決まりそうでいいですね。
作るの簡単なのであんまりインパクトはありませんけども、
こういう見栄えのいいスイーツはやりがいあります 

その3.生クリーム悪戦苦闘記

さて、先週ロールケーキに四苦八苦したのは記憶に新しいところ。
あれもミニサイズはそこそこ作り方で納得いくものができたんですが、
せっかくだから紙粘土で作った大型にも、なんかデコってみようとか考えたわけです。
「ケーキと言えば生クリーム」という昭和な価値観の持ち主なので、
とりあえず生クリームを巻き付けてみました。

s-巻クリーム0316.jpg

この生クリームも、100均の軽量紙粘土です。
ケーキを作った時にほんの少しだけ残っちゃってたので
産廃処理がてら粘土クリームにチャレンジしてみました。

てっぺんのところが空いちゃってるのはですね、
隙間に球にした粘土を貼り付けて・・・。

s-たまクリーム0316.jpg

つまようじで筋を付けて・・・。

s-筋クリーム0316.jpg

これは、簡易版粘土クリームの作り方の代表的な物で、
絞り袋を使わず、粘土を水で緩めたりもせずに生クリームを作るやり方です。
ずっと前にどちらかのスイーツデコ作家さんがやっているのを見て、
一度やってみたかったんですよね 

ところが、完成してみたらば・・・・・

s-ダメクリーム0316.jpg

うへぁ・・・・
センス皆無・・・ 

いくら昭和臭い感覚ったって、これはないわ。
クリームデカすぎるしスキマだらけだし、なんかべったりしてまずそう 

紙粘土でクリーム作るのは、確かにカンタンで慣れるときれいにできそうでしたが、
さすがにいきなりぶっつけ本番は無理がありましたね。
あっさりあきらめて全部引っぺがし、はがした粘土を捏ね直したもので
周りと同じように筋を付けておきました。

s-前巻クリーム0316.jpg

この後どうしようかなぁ。
フルーツでデコレーションしてもいいんだけど、
手持ちの自作フルーツは全部小さいんですよね・・・。
昔100均で買ってきた出来合いのパーツでも乗っけて
「こんな風にできますよ~」的にテキスト化することはできると思うんだけど、
わざわざそんなことしてまで載せなくてもいいかって気もしますね。
文字数は1500文字以上が契約なので、小型のロールケーキだけでも
ラインは超えられそうだし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、たった今このデカロールは使わないことに決めたので、
周りのクリームをどうやって作ったかをこっちにメモっておくことにしました。
つーても大した技を使ってるわけじゃないんですが、
何年か後にまた生クリームでなんかデコるときのために覚え書き。

紙粘土をよく捏ねて滑らかになったら、ケーキの長さに揃えて四角くカット。

s-クリーム粘土0316.jpg

ケーキ側に木工用ボンドを塗りたくり、貼りやすいように細くカットした粘土をペットリ。

s-貼り付け0316.jpg

あとは、下の方から長い竹串を使って、グイグイと筋を付けます。

s-筋0316.jpg

こんだけです。
で、やってみて感じたこと。
・粘土はなるべく薄めにした方がおいしそうなケーキになる
・筋は一本づつ丁寧にきっちり付けたほうがきれいにできる

・・・当たり前すぎ~~ 
今回はそんな当たり前のことさえ、やってみるまで解りませんでした。えへ。

細くカットしてから貼り付けるもう一つの利点として、
串で筋を付けてる間に、だんだん粘土が歪んでくるんですね。
一枚板でやっちゃうと、おそらくかなりボコボコしてしまうと思われます。
細くすることで串で押し出されて歪んだ部分を、
次の1枚でカバーしつつ重ねる感じにすると、
最終的に全体がきれいにまっすぐな感じにできます。
串は一気にスッと押し付けて深く跡を付けないと、
何度も押し付け直すとどんどん線が歪みます。

と、こんなとこですかねぇ。
このやり方、モンブランやチョコクリームのケーキなんかにも
応用が利くんじゃないかと思ってるんですがね。
ケーキ作る予定が当分ないので、自分で試す日が来るのかは・・・・ 

そんなこんなで、お仕事のフェイクフードは
残すところ1つとなりました。
パーツはもう準備できてるので、明日時間があれば
パパッとやっつけちゃおうかと思ってます。
ただ、明日は午前中ちと所用で外出するので、
もしかしたらアップは来週になっちゃうかもです。
用事が早く終わったらいいな~~ 

製作物が全部終わったら、いよいよテキスト起こしに入ります。
その間は付きっ切りになっちゃうので、
またブログの日付が飛んじゃうかもしれませぬ 
自分の遊びの粘土もやりたいので、がんばって早めにお仕事終わらせま~す 



今夜の晩ごはんは牛丼。
実は夕べお料理中のドジをこいてしまいまして、
左手の親指をねぎと一緒にちょっとカットしてしまったんですよぅ 
傷自体はちっちゃいんですが、第一関節の曲がる外側なので、
細かい作業とか指の曲げ伸ばしが多い作業をすると
ジクジク痛むんです 
なので、極力包丁を使わないメニューでごめんなさいね、パパさん。

そのパパさんですが、引き続きオーブン陶芸でぐい吞みを制作中です。
先週末に捏ねたやつを乾燥→絵付け→釉薬まで終わらせてたので、
今夜は晩ごはんの後本焼きをして完成になるのかな。

わたしは今のところ陶器で作りたいものが思いついてないんですが、
その間にパパさんがどんどん上達してしまって、かなり水を空けられちゃってる状態です。
悔しいんだけど、でもなぁ。
食器系で作りたいものがパッと思い浮かばないんですよね 
当面は、パパさんが焼いてくれたぐい吞みで
美味しくお酒をいただければ充分て感じです 
春になってやる気が盛り上がってきたら、
またオーブン粘土もトライしたいと思ってますが。

もし明日来られないとアレなんで、
ちょっとフライングでいつものご挨拶しておきます。
いつも見てくださる方、ありがとうございます。
また次の日記でお会いしましょう 

良い週末をお過ごしくださいね~~ 

週末記(マグネット記念撮影とロールケーキのカット)

暖かい日が続いております@関東地方。
ちょっと外に出るくらいなら、もうコートは必要ありませんね。
軽めのジャケットかスウェットで充分な感じ。

昨日は午前中いっぱい眼医者さんにかかってしまったので、
ライターのお仕事はお休み。
お昼過ぎに検査が終わり、その足で近くのショッピングモールに寄ってきました。
モールのお店は春一色で、すごく心惹かれるアイテムが満載でしたが、
1月2月はお仕事さぼってお財布がやや寂しいので目を背けて足早に通過。
ダイソーでお仕事用の粘土の仕入れと、本屋さんだけ寄って、
あとは晩ごはんの材料を買っただけでショボショボと帰宅しました。
3月はちょっと頑張って、来月は春物の1枚も買えるようにするよ~~ 

お買い物から戻ったらちょうど午後の日差しが良い感じに差し込んでたので、
いつものサンルームで粘土パンマグネットの撮影大会を敢行いたしました。
今回は今までで最大サイズの物を作ってるので、
大きさがわかるように手で持って写真撮ってみましたよ。

例えばデニッシュを盛り合わせたこのマグネット。

s-デニッシュ0309.jpg

ほら、指で持ってみると結構大きいでしょ 
これだけのサイズだと、冷蔵庫とかホワイトボードに貼っても
けっこうな存在感があります。

残りの大型マグネットはこんな感じ。

s-ハード0309.jpg

s-可視0309.jpg

s-黒0309.jpg

サイズが大きいので、一つづつの個性が際立ってなかなか迫力があります。

出来上がるまではちょっとバランス悪いかと思っていた丸型は。

s-輪っか0309.jpg

出来上がってみたら絶妙にシブくて立体感があり、中々気に入りました。

小型のフィンランドシナモンロールとベリーのデニッシュの2個。

s-コルヴァ0309.jpg

s-バラ0309.jpg

サイズ的には、これくらいが実用的かもしれません。
貼り付けたマグネット自体も大サイズよりワンサイズ小さく、
貼りつき力もほどほどなので、
ガッチリ張り付きすぎずに程よい感じです。

ということで、写真も撮っちゃったので今回の粘土パンマグネットは
本格的に終了となりました。
お嫁入り先が見つかるまで、タッパーの中で眠っててもらいましょう。
楽しかったなぁ。。。 
マグネットはいっぺんにたくさんのパンを捏ねて使い切れるので、
粘土遊び的にはテンションも上がるし仕上がりも楽しみだし
中々に効率が良いアイテムなんですよね。
お仕事のフェイクフード作りが終わったら、また作ろうと思います。
毎回同じような盛り合わせじゃ飽きるので、次はちょっと
違う形で作ってみようかなとひそかに考えております 

そして、前日に軽量紙粘土で作った大型のロールケーキですが、
表面が乾いたところで尻尾のところを切り落としておかねばなりませぬ。
こればっかりは作業タイミングに制限があるので、
昨日のうちにやっつけてしまいました。

カットの前にアクリル絵の具で表面の薄い焼き色を付けます。
ロールケーキの場合、あえて焼き色を追加しなくても構わない気もします。
実際に売られているのも、焼き色なしのスポンジケーキの地色のやつも多いですよね。
今回はバックリと割れてしまったのを補修しているので、
少しでもアラが目立たないように色を付けました。

s-焼き色0310.jpg

さすがに「焼き色の達人」なんてもったいなくて使えない面積なので、
アクリル絵の具とメラミンスポンジでバシバシ 

そしたら大型カッターの刃を使って、ざっくりと一気にカット。

s-ザックリ0310.jpg

s-汚い0310.jpg

う~~む。。。
巻き加減はかなり良好ですが、切り口、汚いです 

中が柔らかいうちにカットしたのは、
一つはカット面を歯ブラシでボソボソさせてスポンジっぽさを出すため。
それと、切り口にカットフルーツを仕込むためでした。

手持ちのカットマンゴーを押し込んで固定しました。

s-マンゴー0310.jpg

なんじゃろう。。。あんまりおいしそうじゃない 

このロールケーキは、上からさらにデコレーションをしてみようと考えてます。
その時にニスやソースを使って、もうちょっと見た目を修正してみようかな。
この状態で、完全乾燥までほったらかしておきます。

週末までに終わらせないといけない作業は以上で終了。
他に進めておいたこととしては、

s-サイコロ.jpg

白い粘土をサイコロ状にカットしたり。

s-黄色いサイコロ.jpg

オレンジ色の粘土をサイコロ状にカットしたり。

このサイコローズは、今回のお仕事テーマに関係する下準備です。
来週中には全部仕上げてしまう予定なので、
随時進捗をアップしていきますね。
一体何になるかはそれまでのお楽しみです 


もうすぐホワイトデーなんですが、
パパさんからフライングでお返しのプレゼントを貰っちゃいました。
実は前々から欲しい欲しいとAmazonで眺めてたものです 

パズル0310.jpg

これ、球体ジグソーパズルの地球儀です。
540ピースもあるので、組み立てるの大変そう♪
早速開封して、南極から組み始めてます。

南極0311.jpg

このまま組み立てていくと、完全に球体になるらしいんですが
それまでバラバラにならずに行けるのかな。
南半球から少しづつ、北極目指して頑張ろうと思います。
完成が楽しみ♪

てなことで今週はおしまい。
来週はずっとお仕事用の作業なので毎日はネタがないかもしれませんが、
コネタがあったらブログに書きますね。
それではまた。
良い週末をお過ごしくださいね~