敗北の苦い果実(粘土デニッシュのトッピング)

本日は2回目のブログ更新です。
続き物ではないので、相互にリンクは貼っておりません。
興味を持って下る方は、右側の「最近の記事」から
「ボンドvsセメダイン(ソースの着色実験)」をみていただけると
うれしいです。

------------------

一晩掛けたデニッシュパンのトッピングソースの実験。
結果を忘れちゃわないうちに、デニッシュのトッピングに
取り掛かろうと思います。

まずは以前トライしたことがあるアンパンと、
その兄弟たち。

白あんから作ります。
アンコは、アクリル絵の具+木工用ボンド。
最初にアクリル絵の具で完成形の色を作ってしまい、
あとから木工用ボンドを加えます。
木工用ボンドは最初白くて色が薄く見えますが、
乾くとボンド分だけ透明になるので、
最初に色を作ってしまうのがポイントだと思われます。
で、アンコ特有のちょっとボソボソした感じを出すために
以前乾燥した造形粘土をおろし金ですり下ろして作った粉を
ガッツリと混ぜます。
ボソボソ感を強調したいので、ねっとり感が出る
木工用ボンドは絵の具の1/3程度にしてみました。

DSC_1030.JPG

よ~~~く練り合わせたら、口をあけたパンにIN!
って勢い良く書いてますが、実際は爪楊枝を使って
恐ろしくびくびくソロソロとやってます。
あんこの詰め口が小さい上に、ボンドが垂れそうになるんで
せっかくのパンを汚さないように必死。

続いてうぐいすあん。
こちらも作り方はまったく一緒。
黄緑+白のアクリル絵の具+粘土粉末と木工用ボンド。
あんを詰め終わったら、以前「ハーティホワイト」のあまりで作った
グリーンピースを入り口にちょっと乗せておしまい。

粒あんも手順は同じです。
アクリル絵の具(バーントアンバー)に造形粘土の粉を混ぜ、
ボンドを混ぜてパンに詰め込みます。
こちらも以前レーズンを作ったときに出たあまりの粘土製の
黒い小さいツブツブをトッピングしておしまい。

アンパン4兄弟。

DSC_1032.JPG

木工用ボンドが乾燥するときに少し縮むので、
作りたては口からあふれんばかりのアンコも
やや落ち着くと思われます。
あんが乾いたら頭にツヤ出しニスを塗って完成です。

さーて。
ここから本番。
デニッシュになにをトッピングしようかな~~♪

まず粘土フルーツの土台になる、
カスタードクリームを作りましょう。
これもアンコと基本一緒です。
白+レモンイエロー+クリームイエローのアクリル絵の具で色を作り、
こちらはとろみを出すための木工用ボンドをほぼ等量足してみました。

DSC_1034.JPG

初めてのクリームなので、乾燥したらどうなるかちょっと心配。

さて、いよいよフルーツを盛りますぞ!


。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。 

作成中の画像が撮れてませんでした。。。
って言うより、あまりにも思い通りにいかなくて、
写真撮ってる余裕がありませんでした。

あたし、センスない。

本物デニッシュの画像とか見るととっても可愛くておいしそうなのに、
それを見ながら作って何でこうなっちゃうのか 

DSC_1036.JPG

なんかもっとこう、
もうちょっとステキにならないもんか。

思えばわたし、普段のご飯からして
盛り付けセンスが壊滅的にないんだった。。。 

反省点はいっぱいありますが、
まずフルーツのサイズがぜんぜん合ってませんでした。
杏と桃缶は小さすぎ。
チェリーは色が黒すぎ。
カットフルーツは形悪すぎ。
そして、クリームのしぼりり出しが出来ないのが致命的。

あーもー
あーもー 

ほんと、落ち込みました。
まだ肝心のソースとか砂糖衣とかかけてないんですが、
やる気激減です。
木工用ボンドを使っているので、乾燥に一晩かかるとして
明日の朝これ見て、少しはやる気が戻ってくるのかしら。。。。
ソースやツヤ出しニスを塗ったら、少しは見られる物になるのかしら。
。。。。心配

デニッシュ。パンの部分を作るのはめっちゃ楽しいのに
トッピングがこんなに難しいとは。。。挫折しそう。。。
盲点だった。まじで10年早かった。


今日は、デニッシュのトッピングが終わったら
何か新しい粘土をこねようと思ってたんですが、
完全にメンタルブレイク食らっちゃったので
新しいものに手を出す元気なくなっちゃいました。

まだ遊ぶ時間は残ってるのに。。。。 


で、気がついたら葉っぱちねってました。

DSC_1038.JPG

最近粘土で失敗して落ち込むと、
無意識に何かをちねってる気がします。
気がついたらかなり大量の葉っぱが出来上がってました。
これも手順なんかはまったく考えていません。
「ダイソー 樹脂粘土」の緑に、アクリル絵の具の白とレモンイエロー。
適当に混ぜて練って、ちぎって潰して端っこをつまんでおしまい。

明日元気を取り戻して、デニッシュのトッピングを再会するときに
なんか飾り付けの足しになってくれるといいんですが。


さ。
過ぎたことは忘れよう。
ダメなもんは考えてもダメ。
明日は明日の風が吹く。

後ろ向きの格言や言い回しにはやけに詳しいわたしです。
ふ。。。ふふふ。。。。 



今夜はパパさんリクエストで、「ほぼ大根のみおでん」です。
気を取り直して出汁用の牛筋仕込まなきゃ。

あ~した天気にな~~れ~ 

この記事へのコメント