まいてまいてトントントン(樹脂粘土でチョココロネ)

昨日に引き続き暖かい日が続いています。
朝の天気予報で、関東地方は明日から天気が下り坂、
もしかしたら雪とか降っちゃうかもね、
なんて言ってたので、今日はシーツ洗ったり
窓開けて空気を入れ替えたり、週末にかけての
引きこもりの準備に余念がありません。
お買い物もバーンと野菜を爆買いしてきました。
パパさんのビールも買い込んで、準備万端♪

今週は、頭から体調不良でほとんど何も出来ず。
ねんど遊びも、ちょこちょことサンプル作りや
粘土の混合テストなんかばっかりしてて
形に残るものを作れていません。
こりゃアカン。また粘土分が不足してストレスたまっちゃう。
今日は時間は短いけど、新しいパンにトライしようと思います。

前からずっと気になっていて、
一度は作ってみようと思ってたチョココロネ。
実際に食べたのはもう何年前だろう。。。
でも形が可愛いし、中身も作らなきゃいけなくて作り甲斐有りそうだし
いっちょがんばってみましょ。

いつものように、本物のチョココロネの料理動画を見ました。
コロネって何であんな貝殻の形になるのかと思ったら、
生地を巻きつける、コロネ用の整形型があるんですね。
本物は金属製の円錐形をした中空の型で、
本当にコロネ以外には使い道がなさそうなお品でした。

まあ、粘土なので、フリーハンドでも形は作れると思うんですが、
ここは一つ、リアルな作り方をまねしてみようと思います。
となると、最初に用意するのはコロネ用の型。
円錐形で細くてしっかり巻けそうな固さのあるもの。。。
う~~ん。。。

DSC_1219.JPG

どんなものが正解なのかわからず、
とりあえずいろいろ用意してみました。
タピオカ用の極太ストローを縦に切って片方を細く巻いたもの。
適当なプラスチックの包装ごみを三角に切って巻いたもの。
あと、手元にあったエンピツのキャップ。

結局、使うのはエンピツのキャップに決定。
プラやストローで自作したものだと、
一番太い口の部分の直径が大きくなりすぎそうだったので。

今週は、ずっと100均の「かる~いかみねんど」とか
「造形粘土」とかばっかり捏ねていたので、
今日くらいはババ~ンとお高い粘土をこねちゃいます♪
「パジコ マーメイドパフィー」。
マーメイド様はこれが二度目。
ハーティ×モデナミックスと悩みましたが、
今週はいろいろとミックスしたから、今日はシンプルに ^^;
久しぶりにマーメイド様のあのステキなこね心地も味わいたいし 

はあ~~なんて素敵なむにむにした手触り~ 
アクリル絵の具を混ぜても、軽やかでまったりしてて
べたつかないし。
本当に気持ちいいです。

着色してよくこねたら、
リアルな作り方と同様に、生地を長細く伸ばします。

DSC_1220.JPG

何度か試してみて、ベストと思われるサイズは、
2.5ccの計量スプーン一杯分で、生地の長さがおおよそ11cm。
焼きあがって膨らんだ形を想像して、
閉じているお尻のほうを細く、
チョコを詰める頭のほうをやや太めにしておきます。
そしてこれを、エンピツのキャップに巻きつけ。。。
巻きつ。。。。む。。難しい 
マーメイド様、くっつかないサラサラ粘土なんで、
細いものに巻きつけようとすると滑っちゃって。。。

DSC_1221.JPG

何とか力技で巻きつけました。
で、リアルパン職人さんのいわく。
巻き始めと巻き終わりの生地が、型の同じ面に来るのが
ベストな巻き上がりだそうです。
狙ったわけでもないんですが、ちゃんと出来てます(エッヘン)

IMG_20160128_155132.jpg

型に巻きつけたら、このままだとコロコロ転がっちゃうので
タオルの上に軽く押し付けて、底をちょっとだけ潰します。
本物も底は平らだもんね。

DSC_1223.JPG

押し付けている間はキャップつけたままです。
外して押し付けたら、パン自体がつぶれちゃうんで。
タオルの上で、そっと押さえながらキャップを外して出来上がり。
ふ~。。。
何とか形になりました。

DSC_1225.JPG

って、あれれ??
なんか巻きが左右で違ってるんですが??
同じように巻いたつもりだったんだけどなあ。
巻きにくいから、そこのとこはあまり気をつけてなかった。
とにかく巻きやすいほうで巻いたらこうなった。

全部で4個作りました。

DSC_1226.JPG

なぜか巻きは左右2個づつに分かれてました。
ちょうどいいから、チョコとクリームとか
中身を違うものにしようかな、なんて考えてみたり。
最初にしてはうまくいったんではないでしょうか。
ま、全部形や大きさがちょっとづつバラバラなのは
いつものご愛嬌ってことでひとつ。

もうちょっと捏ねたかったので、
同じジャンルから、ソーセージロールを作ります。
これも考え方は同じで、型の片方が閉じてるか開いてるか
あとは長さがちょっと違うかな、って感じでいけるのでは。

DSC_1228.JPG

こちらはコロネよりやや長めの13cmまで伸ばしました。
巻きはじめと巻き終わりの両端を
気持~ち細目にしておきます。
巻きつける型は何でもいいんですが、
出来上がりのソーセージの太さを考えて
いつも使っている細筆の軸を使うことにしました。

クルクル巻きつけます。
こちらは型の筆が長いのと、端を閉じなくていいので
コロネより楽に巻き巻き出来ました。

で、チョココロネと違うところがもうひとつ。
コロネは卵を塗ってツルンとした表面に仕上げますが
こちらはちょっとだけボソボソ感を出しておきます。

DSC_1229.JPG

タオルの上で、ついでに底を平らにするのも
一緒にやっちゃいます。
マーメイド様、表面乾燥のペースがやや速めなので
ぼやぼやしてると跡が付かなくなっちゃう~ 

こちらは2個作りました。

DSC_1230.JPG

ちょうど筆の軸の先っちょが見えてるくらいな感じで
ソーセージを覗かせようと思っております。
本当は樹脂粘土でソーセージを作って
それに直接巻いたほうが簡単だったと思うんですがね。
準備してなかったんでしかたないっス。

乾燥してもしうまくソーセージが突っ込めなかったら、
頭とお尻だけ短く作ったソーセージを突っ込んで
それっぽくでっち上げてしまえばいいじゃん。

・・・・あ、そうしよう!
それなら、ちょっと全体をまげて
もっとリアルにしておいても大丈夫じゃないかしら。

てなわけで、突然思いついて
これを書いてる途中で、乾燥棚のソーセージロールを
ちょっとひん曲げてまいりました。
これでうまくいかなかったらどうしましょーね 

なんとなくなんですが、同じパンをこねるんでも、
何度か作ったことがあるパンをこねるのと
初めての形にチャレンジするのとでは
同じ時間でも密度が違うんですよね。
今日は時間は短かったけど、
なんかとってもたっぷりと粘土で遊んだ気がします。
今日捏ねたパンたちが乾いたら、
次はトッピングで楽しめちゃって二度お得でうれしいです 



さ。
今夜はパパさんの大好きなサグカレー(ほうれん草のカレー)を
つくろうかなと思います。
直売所でほうれん草を2束も買い込んで来ちゃった♪
これから時間一杯まで、ジックリとたまねぎを炒めますぞ!




この記事へのコメント