S・M・Lとございます(樹脂粘土でフランスパンを揃えよう)

今週もやってまいりました。
金曜日 
今日一日終われば、楽しい週末です。
関東地方は天気が崩れて、夜中には雪になるそうですが、
あったかいおうちにいれば大丈夫♪
お掃除もお買い物も済ませて、カンペキです♪

今週は新しいパンをあまり作らなかったので、
週末にリビングで着色できるものがありません。
ちょっと残念だなぁ。

まあそれはさておいて。
いよいよ作ったパンがたまってきたので、
いくつか組み合わせてバッグチャームを作ろうかと思いまして
パーツの組み合わせを考えております。
なんせパーツが地味で茶色いパンばっかりなので
せめてテーマを決めて統一感を持たせようと思って、
パンを国別にまとめてみました。

たとえばフランスのパンたち。

DSC_1235.JPG

ドイツのパンたち。

DSC_1240.JPG

今までサイズ展開を考えずに、
その日その日でばらばらに作ってきてしまったので。
いざ組み合わせようと思うと、ちょうどいいサイズのものが
圧倒的に足りないことが判明。
ふぬ~~ 

実際にネットで検索しながらパンの種類を眺めていると、
今までスルーしてきたパンたちにも
魅力的なものがたくさんあります。
特に、ドイツのパンは、レストランや専門のパン屋さんでしか
なかなか種類を目にすることがないので、
実際の大きさを確認しながら書き出していくと
結構見落としていたものが多いことに気が付きました。
うわぁ、これおいしそうだなあ。。。
こっちは可愛いなあ。。。


・・・うっ・・・・・パン食べたいっ・・・ 

それもドイツのパン。もっと具体的に言うと、
黒いライ麦パンにホワイトロースハムか
チーズに蜂蜜をかけたやつ乗せて
ビールと一緒に食べたい。
空腹時の食べ物画像検索はダメ、絶対!
やばい。。。おなか空いてきた。。。。 

うちは週末の朝食は大体パンと決まっていて、
毎週金曜日のうちに用意をするんですが、
今週は今日天気が悪いとわかっていたので、
すでに昨日近所のスーパーに入っているパン屋さんで
小型のガーリックトーストを購入しております。
でも、ネット画像でおいしそうなパンを延々ながめてたら、
なんかそれだけじゃ足りない気がしてきてしまった。。。

窓を開けて外を眺めると、
まだ雨は降り出していない模様。
今なら。。。今ならまだ間に合う。

もう、居ても立ってもいられず、飛び出しました。
とは言うものの、近所にドイツパン専門店があるわけじゃありません。
とりあえず、評判の良い、種類が豊富な
自家製パン屋さんへチャリンコカッ飛ばしました。
せめてパリっとおいしいバケットかブールがあればいいな。


買ってきちゃいました♪

DSC_1239.JPG

驚いたの何の。
今までもこのお店はよくお買い物してたんですが、
ここで「パン・ド・ロデヴ(南フランスのパン)」を売ってるの
初めて見ました。
まさかの期待以上の収穫です♪
しかも2種類の「カイザーゼンメル」まで! 
週末の朝食べるだけだと明らかにオーバーしちゃうけど
どうしても食べたかったので両方ゲット。
はぁ~~ 幸せ~~ 
ついでに近くのお酒コーナーが充実しているスーパーによって、
スパークリングワインと生ハム、ビアソーセージもゲット。
もう完全にブレーキ壊れてます。
贅沢しちゃった~~ 
パパさん、ごめんなさい~~ 


ふぅ。
物欲も満たされたし、
今度こそ落ち着いてパンの組み合わせに戻りましょう。

パン・ド・ロデヴを見つけちゃったので、
気分は一気にフランスです。
出来上がっているフランスのパンで
強度がある樹脂粘土製のものというと、
バケット、バタール、パンブリエ、デニッシュ。
で、サイズが一応おかしくないレベルで
合わせられるものが、
・・・あれ。バケット/バタールとパンブリエしかない。。。?

そっか。。。
最近作り始めたデニッシュは、どれもMサイズ。
バケットと合わせると、巨大なデニッシュに
なってしまうんですね。
仕方ない。作るか。

せっかくなので、作ったことのない形をやりましょう。
といっても、いわゆる長細いフランスパンの一種ですが。
昨日に引き続き、「パジコ マーメイドパフィー」を
使うことにしました。

まずサイズをあわせるために、
5ccの計量スプーンで粘土を計り、
バタールとのサイズ差を考えて、
それをさらに1/3に分けます。

DSC_1241.JPG

小っさ。
これを細いひも状に伸ばします。
作ろうとしているのは、「フィセル」という小型のパン。
バケットと同じ生地ですが、長さは30~40cmで
細いのが特徴です。
切らずにそのまま、またはガーリックトーストとか
サンドイッチになってるのをよく見かけますね。
名前の「フィセル」はズバリ「紐」って意味だそうです。

伸ばした生地に、クープを入れます。
バケットやバタールだと、ナイフやピンセットを使って
はっきりと広く入れてますが、
これは小さくて細いので、ちょっといつもと違う手順で。

DSC_1242.JPG

ネットで「フィセル」を検索したら出てきた
ステキなパンの形を参考にしました。
爪楊枝を使って、細いスリット状の切れ目をつけてみました。

DSC_1247.JPG

これでひとつ完成。
もうひとつはクロワッサンのSサイズを作ります。

DSC_1250.JPG

また形を変えてみました。
いつものコロンとした形より、やや細巻きで
真ん中が高くなってる形です。
全体の作り方は変わりませんが、
生地を巻くときに、巻きはじめをやや強く広げて
両端が尖るように巻いてみました。

うーん。。。どうかな。。。
もう、クロワッサンの形は、どれが正解かわからなくなってきた 

で、セットにして合わせてみます。

DSC_1248.JPG

ありゃ?
クロワッサンがでっかい。
Sサイズで作ったのになんでやねん。
形のせいなのか、フィセルに比べるとちょっと大きすぎ。

クロワッサンの大きさに合わせて
他のパンを作り直すとすると、
バタールなんかが今まで捏ねたことのないサイズに
なってしまいます。
大きくなるのは別に構わないんですが、
・・・・お高い粘土だしなあ・・・

クロワッサンのほうを、さらに小さくしてみました ^^;

DSC_1249.JPG

これくらいならまあ、違和感もそれほどないのでは。

これらのパンが乾いて色づけも終わったら
やっとフランスパンのワンセットが揃います。
どういう風に組み合わせてつくろうかな♪
いよいよゴールが見えてきて、ワクワクします♪



夕方になって、外は冷たい雨が降り始めました。
玄関に出てみたら本当に寒くて、
これは雪になっても不思議じゃないですね。
朝、あんまり積もってないといいんだけどな。
また体調を崩さないように、あったかくしておこう。

パパさんも寒い中帰ってくるので、
今夜はモツ鍋にしようかと思います。
冷凍庫に和牛のシマ腸の良いのがあるので、
にんにくと唐辛子もたっぷり入れて、
〆はラーメンかな♪
パパさ~ん、早く帰って来~~い 
















この記事へのコメント