きのうのにっき(新粘土開封と菓子パン続き)

春を感じさせるポカポカ陽気の土曜日 
パパさん大はしゃぎで、お洗濯とかお布団干しとか妻のパソコンの修理とか
朝からパタパタと走り回っております。
家事が大好きでストレス発散とリフレッシュに最適だそうです。
そんなものかしら。。。不思議~~ 

昨日は金曜日で朝からたくさんお掃除して、午後はモリモリと粘土遊び。
非常に充実してたんですが、夜になってブログを書く前に燃料が切れちゃいました。
なので、これは昨日の日記です。

先週Amazonで間違って買ってしまったパンフラワー粘土「ファリネッタ」。
本来買いたかった「レジックス」も速攻で発注しておいたので、
水曜日には手元に届いておりました。
すぐに開封したかったんですが、あいにく暦があまり良くなかったので我慢。
昨日が大安だったので、ホクホクしながら開封の議を執り行いました 

こちらが前々から気になっていた樹脂粘土、レジックスです。

s-レジックス0127.jpg

コーンスターチ(片栗粉)を原料とした樹脂粘土。
梱包は前に買ったプロフェッショナルAと酷似してます。
ビニール袋の中はピッチリとラップで包まれた粘土。
包まれたっていうより、グルグル巻きのミイラ状態に
これでもかってくらいにラップ巻きされてます。

早速捏ねてみました。
ファリネッタは、取り出すときにちょっとポソポソした粉っぽい感じがありましたが、
レジックスは最初からなめらか。
それほど固くなく、かといってグレイスほど柔らかくもありません。
捏ねてから伸びを見てみたところ、こんな感じ。

s-延びない0127.jpg

それほどビヨ~ンと伸びず、スッと切れる感じです。
そして、捏ねてる間に気づいたら、手袋にかなり油がにじみ出してました。

s-テカテカ0127.jpg

テッカテカ。
この感じもプロフェッショナルA(以下プロA)とそっくりです。
もしかして、ほとんど同じような性質なのかしら?

何にしても初めての粘土なので、まずは簡単な形の物から作ってみます。
ついでに歯ブラシの質感の付き方もチェックしちゃおうと思って、
メロンパンを作ることにしました。

実はおとといプロAで捏ねたクッキー生地のメロンパンなんですが、
後から見直してみたらサイズ間違ってたみたいで、えらくちっちゃかったんですよ。
盛り合わせるにはバランスが悪いので、大きめサイズで作り直そうと思いまして。

s-チョコメロンパン0127.jpg

せっかくなので、チョコチップ入りにしました。
心配してた質感ですが、捏ねたてなこともあってすごくきれいについてくれました。
ザックっとした表面になって非常に満足 
これだけきれいに表面ができたら、粉砂糖でごまかさなくてもよさそうです♪

質感チェックは良好だったので、次は延びのチェックです。
手のひらで細長く延ばして、粘土ベラで転がしながら筋を付けます。

s-ホーンづくり0127.jpg

小さいサイズで作ったドイツパンのクレッセントと同じ作り方で、
形が違う「ホーン(角)」というパンです。

s-ホーン0127.jpg

こういう長細くて曲がった形はとっても使い勝手が良いので、
ちょっと大きめサイズに作っておきました。
そしてレジックスさん、延ばしや形付けも難なくクリア。

次。
"ねじる"を試してみます。
ねじって作るパンに関しては、今回かなりの数すでに完成済みなので、
サクサクっと簡単な物を作り足しておきました。
ねじり棒とうずまき型。

s-ねじり0127.jpg

この辺も問題なしです。
っていうか、ファリネッタさんはねじるときにちょっとボソッと千切れる感じがあったんですが、
レジックスさんは粘り気が強いのか、ねじってる途中に不安はまったくありません。
コス×グレミックスに近い感じがします。

ここまですでにある形ばかりを作ってきたので、
本来の目的に立ち返ってデニッシュをいくつか試してみようと思います。
テーマは"延ばす""重ねる"ですね。

パン1個分、5ccの粘土を延ばしてみました。

s-かたつむ生地0127.jpg

普通にクッキーローラーで延ばしただけだと、ちょっと厚みが残ります。
とりあえずそのままカットして、クルクルと巻いてみました。

s-カタツムリ0127.jpg

お久しぶりのカタツムリ型デニッシュです。
特に可もなく不可もない感じ。
この形を作ってやりやすかったのは、なんといってもモデナさん。
粘り気がかなり強いので、薄く延ばして巻いてから無理に形を整えても、
全くちぎれたりくっついたりする気配がありませんでした。
レジックスさんも作りにくいってことはありませんが、
とびぬけてこれでなきゃって部分も見当たらない感じですかね 

次は、ヘラも使って極限まで薄く延ばしてみましょう。
最初にクッキーローラーであらかた延ばす→粘土ベラを使ってゴリゴリと押し延ばす感じで。

s-出に生地0127.jpg

かなり薄く延ばせますが、プロAと比べるとちょっと隅っこがちぎれちゃいます。
あと、力がかなりいる感じ。
乾燥度合いもあるのかもしれないけど、厚みに凸凹が出来ちゃいました。
まあ、どうせ重ねちゃうのであんまり関係ないんですけどね。

s-バケツ0127.jpg

まずは正方形にカットした生地を7枚ほど重ねてまん中をググッとつぶします。
一番簡単な薄焼き型。

続いて同じく7枚重ねから四隅をカットします。

s-切り込み0127.jpg

カッターはサクッと入り、生地の切り離れも良好。
これはありがたい特徴ですね。
カットしたところから織り込んで、いつもの風車型にしました。

もう一つは、なんかのキャップを使って丸く型抜き。

s-型抜き0127.jpg

少しよけて置いた粘土をねじって、フチに接着しておきます。
丸型のデニッシュの出来上がり。

というわけで、あっという間に3つのデニッシュ台が出来上がりました。

s-デニッシュ0127.jpg

薄く延ばしたせいもあり、乾燥度合いがかなり進んでいたので、
層の剥がれ具合はキレイですね。
パラッパラです。
このまま乾いてカッチリと硬くなってくれて、着色しても
ポロポロと欠けちゃわなければ合格です。
プロAもファリネッタも結構固くできたので、このレジックスさんもかなり期待しちゃいます。

あとちょっと、具体的に言うと5cc分だけ粘土が余っちゃいました。
何を作ろうかな。

そういえば、今まで完成したパンを一度整理してみようと思ってたんでしたね。
着色済みの物を棚から下ろしてきてみました。

s-足りない0127.jpg

むぅ。。。
全然足りないっぽい 
未着色の物を加えても、サイズ別に分けると数が全然足りないように思います。
あれ?
待てよ?

未着色のパンたちを眺めてたら違和感が。
今日最初に作ったメロンパン、もしかして大きすぎた 
昨日こねたチョココロネと同じくらいのサイズにしたかったはずなのに、
なぜか一回り大きくできちゃってます。
うっかり間違えたっぽい 

作り足すパンは改めて考えるとして、とりあえず残った5ccで
メロンパンを一個作り足しました。

s-メロン一族0127.jpg

一番上が今日作ったチョコチップ入り(大)。
右下の2個がその前に作ったクッキーメロンパン(小)。
で、左側が改めて作り直したクッキーメロンパン(中)です。
なんだかなぁ。
クッキーメロンパンはちょっと練習しときたかったので、
まあ、これはこれでヨカッタということに 

本日レジックスで作ったパンは以上です。
これだけ作りました~~ 

s-集合0127.jpg

デニッシュが全然足りないので、次回はデニッシュ祭りになる予定。
さて、どの粘土で作ろうかな。悩みどころ。
このところ新しい粘土をたくさん捏ねたので、
近いうちに簡単に整理しておまとめておこうと思いますが。

そして最後に、前日に作り直しをしたマーブル食パンの中身チェックをしておきます。
どうなったかな~ 
先に簡単に皮の部分の色を付けまして。

s-カット前0127.jpg

慎重に慎重に。。。。

s-カステラ巻0127.jpg

あーーーー。。。
うずまきはきれいにできたけど、あんまりパンじゃない。。。
もうちょっと薄く作って重ねれば良かったのかなぁ。
色もあんまりチョコっぽくないですよね。。。ザンネン。

何かに似てると思ったら、カステラ巻ですね。
もうこれは、カステラ巻ってことでいいことにします 
次の手は見えたので、マーブルパンはまたしばらくたってほとぼりが冷めたころに
リトライしてみようと思います。

ということで、ここまで昨日書こうと思ってた日記でした。
今週は月曜日から金曜日まで、毎日パンを捏ねまくって大満足です。
捏ねれば捏ねるほど、あとから色を付けたりニスを塗ったりするものが溜まって大変になるんですが、
そんなこたー全然考えてません 

明日はお法事があるのでちょっと遠出をします。
今日はこのあと、のんびりとお仕事も粘土もせずに過ごします。
ちょっとワインでも飲んじゃいましょうかね 

それではまた、来週お会いできればと思います。
みなさまも良い週末をお過ごしください 


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック