メリークリスマスは突然に☆(リースを粘土でデコる大作戦・完結編)

3ヶ月のブランクを経て唐突に再開した粘土スイーツづくり。
クリスマスの飾りつけに間に合うようにと頑張って、
連日モリモリと進めてまいりました。
リースを飾るスイーツのモチーフはすべて完成し、後は実際にリースをデコるばかり。
クリスマス本番まであと2週間を切っちゃったので、ココ一発!仕上げちゃおうと思います 

今回の粘土遊びのきっかけになったのが、こちらの100均リースたち。

s-リース素体1211.jpg

大きな茶色いベースにはクッキーを、
緑色の小さな方のベースにはキラキラ系スイーツを飾ろうという作戦です。
それだけだとちょっと見栄えが地味になりそうだったんで、
100均でリース用の飾りもいくつか買い足しておきました。

s-デコ素材1211.jpg

そしてこれが今回作ったフェイクスイーツ。
大きなリース用のクッキーと。

s-クッキー素材1211.jpg

小さなリース用のチョコ&キャンディ+マカロンです。

s-キャンディーチョコ素材1211.jpg

数的にもこれくらいあれば充分でしょ。
ってことで、レッツ!デコレーション 

まずはリースに貼りつけるクッキー選びと、大まかな配置を決めます。
今回プレーンとモカの2色があるので、色のバランスがいいように
互い違いに配置をします。
大き目のクッキーから置き始めて形や色違いで隙間を埋めていく感じ。

うん、こんなもんかな。

s-大物配置1211.jpg

大体の位置が決まったので、早速貼り付けちゃいます。
今回準備した道具はこちら。

s-道具1211.jpg

粘土スイーツをリースに貼りつける接着剤を何にするかは、結構考えました。
本当はグルーガンを使うのが一番頑丈にできるんだろうな。
って思ったんですけどね。
一瞬で固まるから時間もかからないし。

でも残念ながら、今までグルーガン使って成功したことないんですよねぇ 
わたしの持ってるのは100均のやつなんですが、
グルースティックが溶けるまでにメッチャ時間がかかる上に、
せっかく溶けても接着力が低いっていうか、
押し付けてもポロッと取れちゃうっていうか、上手くいったためしがありません 

つーわけで、グルーガンはまた今度余裕があるときに使い方を極めるとして、
今回は確実性で「ウルトラ多用途SU プレミアムハードクリアー」を選択しました。
多分これが一番固まるのが早いんじゃないかと思って。

そのウルトラ多用途さんを直接、リース素体に出します。

s-ウルトラ絞り1211.jpg

かなりたっぷり目に絞っております。
垂れ落ちちゃわないギリギリくらいまでモリモリです。
そしたらすかさず、粘土クッキーを乗せまして。。。。

s-ウルトラ押さえつけ1211.jpg

クッキーは柔らかめな軽量粘土マーメイドパフィー。
対するリースはツルをよじり合わせた隙間だらけの天然木素材。
本当なら木工用ボンドが一番相性が良いんであろうこの異素材同士を
空気中の水分と化学反応で固化するウルトラ多用途でムリヤリ固めちまおうという、
ある意味ものすごく乱暴な接着方法です。
出来る限り隙間なくべったりと密着させたいので、
いつもよりも乱暴に押さえ付けております。

とりあえず配置が決まってる大き目クッキーだけを、
どんどん力技で張り付けていきます。

s-ウルトラ押さえつけ継続1211.jpg

ウルトラ多用途SUシリーズの中でも速乾性のプレミアムハードなので、
一度しっかり押し付ければ手を放しても動きません。
大型クッキーの接着完了です。

s-大物揃い1211.jpg

なんとなくスカスカで隙間が気になるので。

s-隙間が気になる1211.jpg

広めに空いてる隙間にウルトラ多用途を出して、
小さめのクッキーパーツを穴埋めに張り付けていきます。

s-隙間を埋めたい1211.jpg

小さめクッキーも貼り終わったので、こちらのリースは一旦おしまい。
接着剤が乾いて触れる状態になるまで、しばらく放置しておきます。

s-乾燥ちゅう1211.jpg

続いて小さい方のリースにもパーツ貼り。
やり方はほぼ一緒で、最初に配置をざっくりと決めまして。

s-チョコはいち1211.jpg

こちらのリースはミッチリと造花の柊の葉っぱが取り巻いているので、
ツルだけのリースよりも接着面が圧倒的に大きく取れます。
クッキーと比べるとパーツも小さめでしかも裏が透けちゃう奴もあるので、
接着剤が汚く見えちゃわないように、
パーツ側に薄塗りしてからしっかり張り付けていく作戦で。

つまようじを使ってパーツに接着剤を塗ります。

s-じか塗り1211.jpg

ヒイラギの葉っぱをできるだけ広く使って、しっかりと正面向きに貼り付けます。

あらかじめ決めてた順番で、どんどんとパーツを貼り付けて完了です。
接着面が広く取れるとラクチンですのぅ♪力を入れてグイグイ抑える必要もナッシングです。

大小、二つのリースとも粘土スイーツの貼り付けが終わったところでいったん休憩。
これからちょっと乱暴な作業になるので、しっかりと接着剤を乾燥させます。

     

お昼を食べる間、作りかけリースを乾かしておきました。
さすがに超強力接着剤のウルトラ多用途さん、
良い仕事っぷりですでにがっちりと粘土がくっついてくれてました。
いよいよこの二つを組み合わせて、リースとして仕上げていこうと思います。

まず、大小二つのリースを重ねてみます。

s-仮組み1211.jpg

大体想定してた通りの形になってくれたけど、
外側に来る大きなリースの素っ気なさが目立ちますね。
隙間も多いし、このままだとちょっとみすぼらしい感じかも 

というわけで、100均のクリスマスオーナメントからまずは、
ギンギンなゴールドのボールチェーンを召喚 

s-キラキラボールチェーン1211.jpg

クッキーの隙間を埋めるように巻き付けて、
全体的にキラキラ度をアップさせてみました。

s-巻き付けた1211.jpg

さらに穴埋め用に購入しておいたミニパーツが役に立つ時が 

s-ちッこいオーナメント1211.jpg

プレゼントの箱の形のちびっちゃいパーツです。
これを隙間が空いて素材が見えちゃってる所をふさぐように貼ってしまいます。

s-隙間オーナメント1211.jpg

サンタさんもお仕事してちょー 

s-サンタの仕事1211.jpg

まだ余ったので、内側の小さいリースの隙間にも貼りつけちゃいました。

s-隙間多すぎ1211.jpg

メタリックな小さいパーツが入るだけで、
全体的に引き締まるような感じになるから不思議。
これでだいぶ隙間も埋まってにぎやかになったので、
二つのリースを重ねて合体させてしまいます。

s-組み合わせる1211.jpg

使ってるのは、ミニチュア籠を編むために買ってあった
アートフラワー用の極細針金「フラワーワイヤー」ってやつです。
白いのしか持ってなかったので、緑色の絵の具で塗って目立たなくしといた物です。
2つのリースを重ねて何カ所か縛り、簡単に外れないように固定しました。

やった~ 完成~~~ 

s-メリー1211.jpg

まあ、実はまだ粘土とか接着剤とか、完全に乾ききってないんですけどね。
玄関につるして置けば、勝手に乾いて固まってくれるでしょ  

思ったよりも密度が濃くて、ガチャガチャした感じの仕上がりになっちゃいました。
が、これはまあ、作戦通りというか予定調和というか。
なぜなら我が家の玄関、元々ちょっと変わった形の飾り窓なものですから。
これくらいガチャガチャしてても全然目立ちません 

s-飾ったよ1211.jpg

クリスマスを2週間後に迎え、何とか玄関とガレージの飾りつけに
間に合わせることができました。
思えば7月末に唐突に飽きちゃってストップしてた粘土遊び。
再開したと思ったら粘土は固まっちゃってるわカビちゃってるわ、
道具や材料はどっか仕舞い込んじゃって見つからないわ、
そりゃもう怒涛から怒涛続きの展開でした。

何が切なかったかって、せっかく久しぶりのの粘土遊びなのに、
粘土のあの癒される捏ね心地がほとんど味わえなかったってことでしょうか 
固まっちゃった粘土ももったいなかったなぁ。
自業自得とは言え、中々にハートに五寸釘ブレイク的な経験でしたね 

これに懲りて今後は合間を開けず、すぐに次の粘土に取り掛かるか。
って言うと、別にそんな予定も今のところはありません。
年内にあと1つ2つ作っておきたいものもあるので、
指先のリハビリがてら時間を見て、ジワジワと捏ねようと思ってます。
ただねぇ。。。
粘土が固まっちゃってないかどうかのチェックだけは、
近々やっておかないといけないわねぇ 
もし固まり始めちゃってる粘土があれば優先順位を上げて、
使い切るために何かを捏ねるかもしれません。


というわけで、突然に始まった「クリスマスリースをフェイクスイーツでデコろう大作戦」、
これにて一件落着でございます。
今まであまり手を出してこなかったスイーツデコ系のフェイクフードですが、
やってみると中々に奥が深くて面白うございました。
次はミニチュアでやってみようかな、などと妄想中。

ここまでお付き合いくださった方、ありがとうございました。
また天から面白そうなネタが降ってきたら、唐突に捏ね始めると思いますので、
その時はぜひまた遊びに来てください。

それではみなさまも、良いクリスマスをお迎えくださいね~~ 


この記事へのコメント